« 大企業病という病気 | トップページ | 老後の価値観とは何か »

2010年2月24日 (水)

世界の三船敏郎

男はつらいよ「知床旅情」に三船敏郎が出演していた。
すごい迫力だった。
黒澤映画はほとんど観ていて三船敏郎の迫力は何時も感じていた。
やはり、「男はつらいよ」の中でも周りの俳優さんが霞んでみえた。
他を圧倒するこの迫力は、世界の三船だとしきりに関心した。
それに引き換え、沢田研二や都はるみが出演した寅さんシリーズは学芸会になっていたのを思い出した。
役者の世界も奥が深いと思った。

|

« 大企業病という病気 | トップページ | 老後の価値観とは何か »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395964

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の三船敏郎:

« 大企業病という病気 | トップページ | 老後の価値観とは何か »