« 山中貞雄監督の遺作 | トップページ | 滑稽な富士通元社長 »

2010年3月 5日 (金)

仮説で妄想し村木厚子さんの人権を蹂躙した検察

大阪地裁(横田信之裁判長)で、証人出廷した民主党参院議員の石井一氏が、検察側が主張する厚労省側への口添えの電話について「全くありません」と証言した。

元部下も依頼されていない、元部長も依頼していない、石井一氏も口添えしていない。
結局、検察が村木厚子さんを逮捕して半年も拘置所に監禁して起訴したのに裁判で関係者が村木さんとの関係を一切否定した。
これは、冤罪なのか不当逮捕なのか?
全く根拠もないのに、仮説で妄想し村木さんの人権を蹂躙した検察とはいったい何者なのか。
戦前の特高やナチと同じではないか。
彼らが罰せられることがないようでは不条理でしかたがない。

|

« 山中貞雄監督の遺作 | トップページ | 滑稽な富士通元社長 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395953

この記事へのトラックバック一覧です: 仮説で妄想し村木厚子さんの人権を蹂躙した検察:

« 山中貞雄監督の遺作 | トップページ | 滑稽な富士通元社長 »