« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

東証・監査法人に野副氏が上申書 富士通辞任問題

日経より
東証・監査法人に野副氏が上申書 富士通辞任問題
 富士通の野副州旦元社長が「辞任は不当だった」と訴えている問題で、富士通側が「回答する意志はない」と答えていることなどを受け、東証と新日本監査法人に対応を要望している。

野副氏側は「富士通と富士通経営陣はコーポレート・ガバナンスに対する意識が極めて希薄」といっているが、説得力はない。所詮、権力闘争であるから負けたほうは追放される。
過去に富士通経営陣は、構造改革と称して北米流のやり方でリストラを断行してきた。
NECとの株価の差は、株主優先で雀の涙ほどの支度金で早期に従業員を解雇してきたことだ。
(富士通厚木収容所などへ拉致し退職を拒む従業員に判を押させる話は週刊誌でも話題になった。)
学閥や互助会的文化を排除し内部告発を勧める富士通コーポレート・ガバナンスは一般企業より遥かに高いといえる。実際に、株価は同業他社より高いが役員報酬は決して上場企業の中で上位とはいえない。
唯一の汚点は●草が、払い込みの無いストックオプションを自らに与えたことや、「一兆円くらいの借金はたいしたことはない」とか「業績が悪いのは従業員が働かないからだ」と当事者能力ないのに居座り続けることだ。
ところで、ホンダでは時価の払い込みであり、冨士フィルムは役員退職金の替わりに自社株を与えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

機密費食い逃げ疑惑に新証拠

ゲンダイより
 自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという。河村は政権交代直後の昨年9月に2億5000万円もの官房機密費を引き出したとして、大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている。飛び出した。
 野中の衝撃告白は、官房機密費の使途をバクロした。
「総理の部屋に月1000万円。衆院国対委員長と参院幹事長に月500万円ずつ持って行った」「政界を引退した歴代首相には盆暮れに毎年200万円」「外遊する議員に50万~100万円」「(小渕元首相から)家の新築祝いに3000万円要求された」と次々に明らかにしたのだ。
「これはもう公私混同どころのレベルじゃなく、税金ドロボー、公金横領ともいえる驚愕の実態。

これが、事実なら徹底的に調べて国民に報告して頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

韓国人男性が、こども当て約8600万円を申請

産経より
6月から支給される月額1万3000円の子ども手当をめぐり、兵庫県尼崎市に住む韓国人男性が、タイで養子縁組したと称する554人分の手当約8600万円を申請しようとし、市が受け付けを拒否していたことが24日、尼崎市への取材で分かった。市はその場で厚生労働省に照会した上で、受け付けないことを決めた。外国人の申請に必要な送金記録なども持参していたが「いずれの書類も、受理していないので本物かどうかは分からない」(担当者)としている。

法治国家である日本国では、申請が正しいならば「こども手当て」を韓国人に支払うべきである。
法律が想定していなかった事象があったとしても、法律に照らして正しい手続きなら尼崎市の行為は非難される。
一番の問題は、「こども手当て」を国外在住の外国人婦女子にまで支払うという日本の法律である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

何故10年間も報酬を与えることを秘密裏に約束するのか?

sankeibizより
富士通、口止め料2億7千万円 辞任取消要求の野副元社長明かす。
富士通の元社長で辞任の取り消しを求めている野副州旦氏側は22日、富士通が同氏に相談役として10年間で総額約2億7000万円の報酬を与えると約束していたことを明らかにした。野副氏側は、解任の「口止め料」だったとしている。野副氏側は「社長としての適性に欠けるとして辞任を迫ったのに、どうして破格の顧問契約を持ちかけたのか」と疑問視。「破格の内容の顧問契約は不当な解任劇に関する口止め料だった」と指摘している。

野副氏“解任劇”のテープ公開で一連の内容が明らかになってきた。
解任のための言いがかりとしか思えない。
事実であれば、権力闘争とはいえ野副さんは気の毒な気がする。
●草が解任を主導したのであろう。
●草は株主に説明義務がある。
問題がないなら、株主に無断で何故10年間も報酬を与えることを秘密裏に約束するのか?
はじめから、払う気はないだろう。
ヤクザの騙しの手口と同じではないか?
いづれにせよ、企業活動とは縁のない面々が舞台裏で暗躍している。
愛社精神と云うなら資本家でもない従業員上がりの「老兵は去る」べきだ。
従業員にスズメの涙ほどの持参金で富士通のためと言って辞めさせておきながら裏では権力闘争をしているのには呆れた。
構造改革の犠牲になった富士通OBや株主を愚弄している。

2008/3/21 小野副社長 富士通マイクロエレクトロニクス社長就任
2008/3/27 黒川社長退任表明、次期社長に野副常務決定。
2008/4/08 小野副社長突然辞任
2008/6    株主総会に小野元副社長が出席し、辞任が解任では無い事の確認を要求。
2008/6    株主総会で間塚会長、野副(のぞえ)社長の昇格を承認
2009/9    野副社長が健康上の理由により退任
2010/3/5  野副相談役が社長辞任の取消しを要求するというニュースが流れる。
2010/3/6  取締役会が野副相談役を解任
2010/3/8  東証が野副元社長の退任理由について調査を開始
2010/3/8  東証が富士通に対して厳重注意。
2010/4/7  野副氏が約50億円の株主代表訴訟。都内で報道関係者を対象に会見
2010/4/14  富士通株式会社は、野副氏の辞任、相談役解任の経緯などに関して説明
2010/4/15  英投資ファンドのサンドリンガム・キャピタル・パートナーズ日本法人が 富士通の間塚道義会長、秋草直之取締役相談役、社外取締役の大浦溥氏(アドバンテスト相談役)の3人を相手取り、名誉棄損の訴訟。 謝罪広告と3億3000万円の損害賠償請求。

2010/4/22  野副氏“解任劇”のテープ公開

野副氏「ニフティの件でA氏のアドバイスをもらったことはある。A氏の方からTOBをかけるとき、相当な資金がいるということで、そのお金の出元については極めてあいまいなところがあったので、これについては、富士通は受けることができないと明確に言った」

 山室監査役「A氏に経営会議あるいは取締役会の内容、事業の状況など話したことはありませんか」

 野副氏「経営会議の中身についてはありません。むしろ向こうから、シーメンスの問題などの質問はあった。AさんのパートナーであるB氏から人を紹介してくれないかという要請はあった」

 山室監査役「A氏とB氏の関係を知っていますか」

 野副氏「元の上司と部下の関係だと思いますが」

 山室監査役「B氏はどういう人か知っていますか」

 野副氏「B氏とは、ビジネス上のつながりがあるとは思っておりません」

 山室監査役「こういうのは知っていますか。B氏が●●(会社名)とトラブルを起こして訴訟になったと」

 野副氏「え、まったく知りません」

 山室監査役「B氏についていろいろなうわさが飛び交っている。警視庁筋によると、●●(暴力団名)の人とのつきあいもあるやに」

 野副氏「まったく知りません」

 大浦取締役「野副さんとA氏との関係は非常に深い。あなた自身もファンド●●があやしいとおっしゃっており、反社会勢力とのつながりが濃厚なファンドということがはっきりしている。(中略)大変厳しい要求だが、あなたは代表取締役および取締役を辞任してもらいたい。これは取締役会の意思だ。愛社精神があるのなら、この場で思い切って辞任してもらいたい」

 秋草相談役「残念です。山室さん、大浦さんがおっしゃったように、主観的な問題はありますが、客観的に非常に今、危ない状態にあります。わが社はにらまれています。仕手株の対象になりつつあり、その背後にはこういった会社がいるのではないかと。そういう意味で最悪、司法の手が入る可能性も大きい。上場廃止とならざるを得ないと、それまで覚悟しなければならないと思う。野副さんには、非常にがんばっていただいて、ここまでやってきて、残念だが、やむを得ないと思う」

 野副氏「質問していいですか。私自身の行動が、そういったリスクを持っていたということを事前に教えていただくわけにはいかなかったのでしょうか」

 山室監査役「2月のニフティの問題のときに、かなり強い警告があったのでは」秋草相談役「●●君とか、そういう人たちは、この件、ファンド●●はいかにあやしいところだと重々承知している」

 野副氏「そうですか」

 秋草相談役「周りのスタッフが野副さんに対する本心を完全に排除している。非常に残念です。日ごろ言っているのに、全然なされず残念です」

 野副氏「言い訳になるかもしれませんが、ファンド●●が裏にいるということについて、そういう情報を秋草さんから教えてもらった以降は、ファンドは一切使うなと指示したつもりです。そういったことになってなかったということについて今初めてお聞きして、きわめて残念です」

ー不可解なやりとりだ。ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

英BBCの調査した外国人たちが見た韓国のイメージ

中央日報より-
ヨーロッパ主要国国民の間で「韓国に対して否定的イメージ」が多い。世界世論調査結果によれば「韓国が世界に及ぼす影響」に対し、ドイツ回答者の53%が「否定的」と返事した。イタリア、スペイン(以上46%)、フランス(45%)も韓国に対して否定的なイメージ回答が半分に迫った。一方、タイ回答者も韓国の否定的な評価は(58%)の上った。

韓国では、「強制連行」・「従軍慰安婦」・「日本の謝罪は十分ではない」など非難されるべき「日本の肯定的イメージ」(53%)が、ドイツ(59%)に次ぐ高い評価を得ていることに驚愕している。

鳩山首相婦人の価値判断は世界とかなり違うようだ。なにか理由でもあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

福島瑞穂さんは帰化人ではないらしい。

朝日新聞より
社民党党首の福島瑞穂消費者担当相は19日、石原慎太郎・東京都知事が永住外国人地方参政権に与党党首や幹部が賛成している理由を「先祖への義理」などと発言したことについて、「私も私の両親も帰化したものではない。事実誤認で、私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」と述べ、撤回を求めた。

本人が言うのだかたら間違いないでしょう。
福島瑞穂さんは帰化人ではないことが明らかになりました。
まあ、先祖がどこだろうと関係ないのに、うんぬん言うボケ老人の輩が問題だ。
沈め日本、賞味期限すぎた党といいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

石原慎太郎が人種差別発言

朝日新聞より
石原慎太郎・東京都知事は永住外国人への地方参政権付与などに反対する集会で、親などが帰化した与党幹部が多いとした上で、「ご先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律をまかり通そうとしている」と発言した。そして、「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、大幹部は多い」と話した。

ソースはネットからとの話である。
2chより=真偽は不明だが、与党の大幹部というと、鳩山(妻)、小沢、福島、山岡のことか?
石原は衆議院議員時代に旧東京2区で、同じ党の新井将敬の選挙ポスターに「朝鮮人」って落書きをさせていた。 共産党党首の志位は祖父は帝国陸軍の陸軍中将、伯父さんは第三方面軍参謀のため関係はなさそう。


人種差別発言は、本人の低俗さを現すには十分であるが一般人の共感を得るとは思えない。石原慎太郎とういう倨傲な輩には虫唾が走る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

富士通会長、録音・メール「証拠」示し反論

読売新聞より
 富士通の間塚道義会長が記者会見し、「虚偽の理由で辞任を強要された」と主張する野副州旦のぞえくにあき元社長に反論した。富士通は昨年9月に野副氏に辞任を求めた際のやりとりの録音や電子メールなど「証拠」の存在を示し、辞任手続きに問題はないと強調した。
 野副氏側は取り下げの理由について、「会社が裁判に提出した資料を精査する時間が必要だった」と説明。名誉回復のため、外部の調査委員会で辞任の経緯を検証するよう訴えている。これに対し、14日の記者会見で間塚会長は「裁判所は究極の外部委員会。その判断を得るべきだ」と野副氏の要求を退けた。さらに、裁判を取り下げたことを隠したまま記者会見を開いた対応などに対し「自己に都合の良い情報を発信している」と非難した。

富士通は裁判所で争う構えに対して、野副しは裁判所ではなく外部調査委員会で検証するように主張しているらしい。富士通側は、どうも裁判まで考慮して解任計画を進めていたようだ。
富士通はIBMとの争いで裁判や和解など争うのが得意な会社のため一歩も退かないで戦うであろう。野副さんは長期で戦うための兵糧を維持できるかということだ。
こういう事なら、病気で辞任し相談役でサラリーマン人生を終え、独自で起業すれば良かった。
問題は、野副さんが起業可能な資質があればの話であるが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

結局、解任は権力闘争の結果

日経より
富士通「密室で迫った事実ない」 野副元社長辞任で経緯説明
富士通は14日、昨年9月に辞任した野副州旦元社長の辞任の経緯について「取締役会を無視して密室で辞任を迫った事実はなく、辞任しない場合には取締役会で解職を議題とすると野副氏に伝えていた」とのコメントを発表した。「反社会的勢力とつきあっていると会社に言われたため、辞任を覚悟した」との主張に対しては「(反社会的との)風評が事実であると立証されない限りは関係をもってよいというものではない」と説明した。

辞任しない場合には取締役会で解職すると言われたため辞任したのが真相だ。
結局、解任は権力闘争の結果だ。
もう少し丁寧に説明して欲しいものだ。
例えば、相談役●草を排除しようと社内の取締役に働きかけて逆に自身が解任されたとか?
従業員のリストラに比較すれば、野副氏解任理由など本人以外はどうでもいい。
NECの場合は関本さんが小林さんをうまく追い出したが、最後は自身も追い出された。
野副さんは返り討ちにあった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

富士通という会社は、偉くなると働かない。

成功は自分のおかげ、失敗は他人のせい。これが経営者の基本姿勢。
日々、言い訳が量産されているビジネスシーン。日本を代表するような企業のトップも、時に唖然とするような言い訳をしているのだ。
 「’01年、富士通の●草直之社長(当時)は、業績の下方修正の理由を『働かない社員が悪い』と公言していた。報じた『週刊東洋経済』の記事がトバし気味だったのを差し引いても、“日本企業言い訳史”の金字塔と言っていい心に染み入るお言葉です。

このような発言をした●草氏が過去・現在も含めて当事者能力があったとは思えない。不思議なのは富士通の経営者(役員)連中が、自身で起業することが過去に在っただろうか?
富士通に限った話ではないが、会社に最後までしがみ付いて蛭のように社内の生血を吸い続ける役員連中ばかりではないか?
ずいぶん昔になるが、茨城カントリークラブで多くの富士通幹部社員が詐欺にあった。
400万円位だと思ったが2年で1500万円になると自慢気に話している当時の部長を見て、そんな旨い話があるわけはない、リスク管理の出来ていない人だと思っていたら案の定破綻して紙くずになった。
富士通という会社は、偉くなると働かない。
夜になると会社の金で酒を飲むのが仕事だと思っている輩も多い。
子会社の役員をしていて、リストラのため「後から直ぐ俺もやめる」と言いながら、先に部下を散々辞めさせておいて、「経営責任は自分のせいではない」と辞めないため本社に戻されて●部長付で定年退職した輩もいた。
部下の方が遥かに潔く責任感が強い。

社長が業績の下方修正の理由を『働かない社員が悪い』と公言してる。
役員になる時には、当時、富士通の株を10000株位を持たされるのに、この社長は数千株しか持っていなかったような気がした。
会社は金を貸してくれたらしいが断ったのであろう。
従業員と同じ程度の株数という姿勢は、経営者として恥ずかしい限りである。
自身はノーリスクで終身のストックオプションを経営陣に付与したのは●草社長ではなかったか?
残念ながら3000円になることは、永久にないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

●草を個人的に訴えるのは富士通OBの大多数が賛辞を惜しまない。

「争う方針」富士通元社長、地位保全求めていた。
 富士通の野副州旦元社長が、横浜地裁川崎支部に取締役としての地位保全を求める仮処分を申し立てていたことが8日、分かった。野副氏は7日、辞任後初めて記者会見を開き、今後は株主代表訴訟などで争う方針を示した。会見では「名誉回復が目的で経営復帰は考えていない」と述べ、地位保全については言及していなかった。

 野副さんが我慢ならないのは最高権力者である社長が、オーナーでもなく会社にしがみ付いている●草に首を切られたのが原因であろう。しかし、●草にしてみれば、俺が社長に引き上げてやったのに「ふざけた野郎」だと思っている。
 ここで、野副さんに言いたいのは●草なんかを評価している人は誰もいないが、後ろ楯にIBM戦争を臥薪嘗胆で戦った山本名誉会長がいる。
 ●草や野副さんは富士通の業績が悪い時に山本さんみたいに「自ら給与の返上を申しでたか?」と言いたい。二人とも同じ穴の狢であろう。山本さんが社長の時に山本さんへの批判を聞きつけた役員に左遷された元●●●工場長は社長批判を繰り返していたし、山本さん宅の草むしりをして役員になったという噂の人もいた。
 だいたい富士通で偉くなった連中などほんの一握りを除けば権力闘争に勝ち残った汚い連中で尚且つ幸運な輩ばかりである。会社の金で酒を飲みに来ている連中も多かった。
 本人の不徳が原因だが額に汗をかいた、オアシスの●田さんも役員にはならなかったし、ずいぶん昔に副社長をしていた●●さんも、とんでもない人材であった。
 野副さんが名誉毀損で訴える気持ちは解るが、権力闘争に敗れた後に株主の事を配慮しないことが自身を貶めている。
 ●草を個人的に訴えるのであれば富士通OBの大多数が賛辞を惜しまないが、会社を巻き込めば富士通OBからは賛同は得られない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

名張毒ブドウ酒事件は裁判官がアホとしか思えない。

 名張毒ブドウ酒事件で最高裁が再審すべきかどうかの判断を差し戻したのは、奥西死刑囚が「使った」と自白したとされる農薬が本当に使われたのか、疑問がぬぐえなかったからだ。
鑑定の内容は、農薬「ニッカリンT」を混ぜて事件のブドウ酒を再現したもの〈1〉と、実際に犯行現場に残されたブドウ酒〈2〉を分析。比較したところ、〈1〉ではすべて検出されたのに、〈2〉ではニッカリンTに必ず含まれる「トリエチルピロホスフェート」だけが検出されなかった。しかし、鑑定機関は水分との反応(加水分解)で別物質に変化したため、検出されなかったとの見解を示した。

足利事件の池本寿美子裁判長は職務怠慢だが、今回はアホが裁判官をやっている事が証明された。
もともと裁判官などという輩は事務屋さんで専門知識が全く無い。
こんな連中に、「鑑定機関は水分との反応(加水分解)で別物質に変化したため、検出されなかったとの見解を示した」などと言われて「はい死刑」はない。
水分との反応(加水分解)で別物質に変化しことを証明もしないで「死刑」判断とは愚かな連中である。
常識では考えられないくらい無知で馬鹿が裁判官をやっている。
無罪はともかく再審を即決断すべきであった。
池本寿美子同様に将来この連中はネット社会のさらし者になり子々孫々に亘って汚名を注ぐであろう。
専知識もない事務屋は、再審を行い近代科学に判断を委ねるべきである。
これでは、中国の死刑執行より愚かな判断である。
ところで、裁判官の経歴と名前を公表し世間に彼らの評価を問うべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主に損害を与える元富士通社長

社長辞任の撤回を求めている富士通の野副州旦(のぞえ・くにあき)元社長が、自身の辞任にかかわった富士通の役員数人の法的責任を追及する意向を固めたことがわかった。株主代表訴訟や損害賠償請求訴訟を検討している。7日にも記者会見して表明する。野副氏と現経営陣の対立は、法廷での争いに発展する見通しが強まった。
 
株主に損害を与えているのは、野副氏のこのような行動ではないか?
権力闘争に敗れ悔しいから因縁をつける。
まるでヤクザと同じだ。
このようなアホな元社長を抱えていた会社の株は下がって当然ではないか!
会社を訴えるのは本末転倒である。
●草を個人的に訴えるべきである。
富士通の社歴始まって以来の幼稚で見苦しい社長の最後である。
昨年まで、従業員を多数解雇し慎ましい生活を破壊した極悪非道の一人ではなかったのか?
構造改革という従業員への責任転嫁で、忍気呑声の思いで退社した多くの富士通マンを忘れるなと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

キムヨナは性格もマナーも悲しまれる。

Kimuyona オリンピックでは見た目ノーミスだった為に多くを言わなかった世界のメディアも、今回の不正ジャッジには「何らかの思惑が作用しているのは明らか」と配信している。
そんな報道は韓国では一切されていない。
キムヨナは会見中にも関わらず携帯を操作し、それを咎めるような眼差しのレピスト選手に対し、睨みつけ、ペッとツバを吐いたシーンや韓国SBSのインタビューで、四大陸選手権の公式練習において「ジャンプを跳ぼうとする度に邪魔が入った。いつも日本選手だった」など性格もマナーも悲しまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »