« 中小零細企業の不況はドロ沼 | トップページ | 投資家が円買いに奔走する理由 »

2010年5月23日 (日)

富士通は訴えを起こさないことを決定

21日、元社長の野副州旦氏が、昨年9月の解任により子会社niftyの売却が実行されず富士通に約50億円を与えたとして、秋草直之取締相談役と間塚道義会長を提訴するよう同社に求めていた件について、2人の責任は認められないとして訴えを起こさないことを決定したと発表した。

このあと野副氏は会社に代わって株主代表訴訟を起こすのだろうが、長くなりそうな話である。野副氏もだいぶん有名になり溜飲が下がったのだろうか?
それはともかく、●草氏は、昔から社内でも評判の悪い人物であった。
もう棺桶に足を突っ込んでいる歳なのに、死ぬ準備を怠っているとしか思えない。

|

« 中小零細企業の不況はドロ沼 | トップページ | 投資家が円買いに奔走する理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395853

この記事へのトラックバック一覧です: 富士通は訴えを起こさないことを決定:

« 中小零細企業の不況はドロ沼 | トップページ | 投資家が円買いに奔走する理由 »