« 科学に無知な事務屋であっても裁判官なら真面目に審議しろ! | トップページ | 富士通の野副元社長、地位保全求め仮処分再申請 »

2010年5月11日 (火)

キム・ヨナも高難度な技にチャレンジしないとメダルは絶望

Kimuyona_2 韓国中央日報より
国際スケート競技連盟(ISU)が7日公式ホームページで、2010-2011シーズンから適用される新ルールを発表した。   「高難度ジャンプ優待」が改正ルールの核心だ。 日本からは歓迎の声が出ている。
 浅田真央は昨季、トリプルアクセルに挑戦して「ダウングレード」を受けた場合、基礎点(8.2点)の半分以下の3.5点を受けた。しかし新しいルールでは6点を受ける。 また、五輪男子シングルでクアドロプルを跳んだプルシェンコ(ロシア)も、トリプルだけのライサチェク(米国)に次ぐ2位となった後、「高難度ジャンプに適切な点数を与えるべきだ」と不満を吐露した。

先の世界選手権フリーでトリプルアクセルを決めた浅田真央に対し、転んだキム・ヨナのほうが点数は高く会場からはブーイングの嵐であった。今後は、難度の高いジャンプを成功させると加点するためキム・ヨナも高難度な技にチャレンジしないとメダルは絶望のため引退しかない。
日韓共催ワールドカップの時も韓国が絡むと何故か不正審判員の話がでるのは非常に残念に思う。

|

« 科学に無知な事務屋であっても裁判官なら真面目に審議しろ! | トップページ | 富士通の野副元社長、地位保全求め仮処分再申請 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395861

この記事へのトラックバック一覧です: キム・ヨナも高難度な技にチャレンジしないとメダルは絶望:

« 科学に無知な事務屋であっても裁判官なら真面目に審議しろ! | トップページ | 富士通の野副元社長、地位保全求め仮処分再申請 »