« 投資家が円買いに奔走する理由 | トップページ | 日本相撲協会はこんな甘い処分でいいのか! »

2010年5月26日 (水)

村木厚生労働省局長を検事の作文調書で逮捕していいのか?

横田裁判長は「取り調べ検事が想定する内容の調書に誘導した」などと理由に、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長の村木厚子被告(54)の事件への関与を認めたとされる元部下らの捜査段階の供述調書約40通の大半を証拠として採用しないことを決めた。上村被告らは村木元局長の公判に証人として出廷した際、「調書はでっちあげだ」などと証言し、相次いで調書の内容を否定していた。

この事件を思うと腹立たしくなる。菅家さんの事件の時もそうだが、当時の検事は謝ろうともしなかった。
今回は、始めから特高(特捜)が捏造した逮捕劇であった。
そして、マスゴミを通して村木さんが「狡猾で昇進した痴女」との情報操作を行い人格を辱めた。私もテレビからの情報で悪い女が局長をしていると思った。
裁判で明らかになった事は、特高が事件を捏造したことだ。彼らを裁きに処することが必要である。

|

« 投資家が円買いに奔走する理由 | トップページ | 日本相撲協会はこんな甘い処分でいいのか! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395850

この記事へのトラックバック一覧です: 村木厚生労働省局長を検事の作文調書で逮捕していいのか?:

« 投資家が円買いに奔走する理由 | トップページ | 日本相撲協会はこんな甘い処分でいいのか! »