« 「旧役員の追い出しクーデター」に失敗したツケか? | トップページ | 本田宗一郎氏の遺言 »

2010年6月15日 (火)

武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は辞任すべき。

武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は「警察に報告して、お任せしている。警察がどういう判断をするか待つしかない」と、処分については警視庁の対応で判断するという。野球賭博に手を染め、虚偽の証言を続けた大関は、協会への背信行為も問われる。
もはや自浄能力のない理事長は外部から招聘すべきだ。相撲界は外人には厳しく、日本人には甘い体質である。
クンロク大関と呼ばれた三重ノ海や琴桜が急に強くなり、横綱になると即引退したことを思い出すと昔も八百長をしていたのか?と思いたくなる。
実力横綱は、大鵬・北ノ湖・外人横綱くらいかもしれない。人がいい親方衆は、過去の自分を思いだし厳しい処分ができないのが相撲界の心情ではないか?
しかし、経営者たるものは政治家のように、自分のことを棚にあげて人を非難する卑劣さ必要である。
民主党蓮舫の厚顔を、少しだけは見習うべきである。

|

« 「旧役員の追い出しクーデター」に失敗したツケか? | トップページ | 本田宗一郎氏の遺言 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395840

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は辞任すべき。:

« 「旧役員の追い出しクーデター」に失敗したツケか? | トップページ | 本田宗一郎氏の遺言 »