« 事務機器屋さんの発想システム | トップページ | 日本人は国益を守るために中国投資を止めよう »

2010年9月26日 (日)

平和ボケ民主政権

菅内閣民主党の無為無策さが露呈した。中国共産党は、前世紀の帝国主義国家思想で北朝鮮とさほど変わらない人治国家だ。平和ボケ民主政権の「東アジア共同体」「外国人参政権」など馬鹿げたことが明らかになった。中国は、13億の旺盛な食欲と貪欲な消費欲を満たすために領土拡張・資源拡張をおこなう帝国主義国家である。「中国へのODA」、「靖国神社参拝自粛」、「戦後の菅談話と戦後補償の仙谷」への回答が今回の事件である。中国への渡航制限の強化や民間企業の製造移管の低減を至急強化すべきだ。

|

« 事務機器屋さんの発想システム | トップページ | 日本人は国益を守るために中国投資を止めよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395776

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケ民主政権:

« 事務機器屋さんの発想システム | トップページ | 日本人は国益を守るために中国投資を止めよう »