« 大根役者 | トップページ | セリーグの我が儘か »

2011年3月10日 (木)

似非クリスチャン土肥隆一に神を語る資格はない

民主党の土肥隆一・衆院政治倫理審査会会長が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張の中止を求める同連盟の日韓共同宣言に賛同し、名前を載せていたことが分かった。
日本では、クリスチャンというと清貧で平和主義者の代名詞のように思われている。
日本基督教団所属の土肥隆一牧師も今回のことを、クリスチャンという名で行なえば許されると思っているのだろう。
土肥隆一は、「日本人は天皇を現人神とする偶像崇拝の罪を犯し、韓国人にも偶像崇拝を強要しただけでなく、植民地や占領地に神社や神宮を立て参拝を強要した。過去を振り返り、われわれ日本人が犯した罪を主の名の下に告白し、謝罪する」といったそうだ。
歴史的な時代背景を無視して、新約聖書のキリストの主張を語ってはならない。
土井のようにいうなら、ダビデもソロモンも旧約聖書に出てくる歴史的人物も神に祝福されなければ、殺戮者であることが聖書に記されている。
まして、天皇は神道であるから土肥隆一につべこべ言われる筋合いはないはずだ。更に、偶像崇拝というならキリスト教そのものが偶像崇拝で腐敗しているではないか?
旧約聖書を真面目に読めば、後世のキリスト教と呼ばれる一派は、イエスの教えに反して多数の偶像を作った。
そして、土肥隆一のような(神の代理人のような)厚顔な愚か者も輩出した。
まず、土肥隆一にいいたいのは、クリスチャンとしての恥を知れと言うことだ。
弱者への共感がキリスト教の本質であることぐらいは、牧師をやっているのだから解るであろう。相手に迎合することは、キリストの教えにはない。
詩編113編【主は低みからご覧になる。】
・・・・・・・・・・・
だれが、われらの神、主のようであろうか。主は高い御位に座し、身を低くして天と地をご覧になる。
主は、弱い者をちりから起こし、貧しい人をあくたから引き上げ、彼らを、君主たちとともに、御民の君主たちとともに、王座に着かせられる。
・・・・・・・
日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として国会議員バッチをつけた驕り高ぶる土肥隆一に、主は、そのような使命を与えるはずも無い。主を、軽々しく叫ぶなといいたい。
まして、クリスチャンの「自分を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい。」隣人愛が韓国に迎合することだと思ってはならない。
そして、このような政治的目的にみだりに主の名を語ることは神の冒涜である。
似非クリスチャンの土肥隆一には、神を語る資格はない。
金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。ということを実践するなら、すぐに議員辞職をしろと言いたい。
日本人には解りづらいが、牧師は信者と同じ立場である。
いつも苦々しく思うのは、自分の思いを神の思いに仕立てて説教の中に織り込む牧師たちだ。
神父やシスターとは全く次元が違う。
マザー・テレサが土肥隆一のような愚かな発言はしない。

|

« 大根役者 | トップページ | セリーグの我が儘か »

キリスト教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395679

この記事へのトラックバック一覧です: 似非クリスチャン土肥隆一に神を語る資格はない:

« 大根役者 | トップページ | セリーグの我が儘か »