« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

台湾人の意識

201104281449131


サムスングループの韓国新聞より
台湾のある子どもが描いた世界地図がネットユーザーの関心を集めている。この地図が目を引く理由は、地図の中に書かれた国の特性のためだ。 多分に恣意的だが、子どもが描いたという点から、台湾人の意識をうかがうことができる。以下は地図に出てくる国別の解釈だ。
▽台湾=「強大な台湾!」▽日本=いたるところ成人物▽韓国=すべて自分のものという国▽中国=不良品・詐欺師集団の輸出国▽アフリカ=ご飯を残せばママが「ここにあげてしまうぞ」という▽カナダ=お金がなくて米国に行けない学生が行くところ▽米国=邪悪な帝国▽メキシコ=犯罪▽南米=すべてサッカー

「韓国=すべて自分のものという国」は中国、台湾、そして日本でも同様な韓国観である。韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と高句麗とでは、民族的・言語的に隔たりがあり、高句麗を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす根拠はない。渤海国同様に韓国と中国でどちらの歴史に帰属するかの論争がある。韓国は他民族の高句麗を自国のルーツにして半万年(5000年)の歴史のある国としている。満州族のルーツである女真と同じツングース系であるため中国の歴史の一部と見なすほうが一般的である。私の時代は世界史でそのように習った記憶がある。日本の竹島も、1905年の島根県編入告示をもって、周辺国から一切の意義がなかったことをもって、国際法上れっきとした日本の領土として確定している。これに対しても韓国は、独島と称して自国の島と主張している。また、日本海を朝鮮半島の東にあるから東海、南支那海を西海など称している。韓国内最大の発行部数を誇る新聞が、わざわざ載せる記事でもないが、韓国観の本質を捉えているような気がする。
しかし、それなら韓国の小学生に日本をテーマに残酷な絵を描かせたり、他国の首相を侮辱する行為も報じるべきだろう。

P2011014p044300


Fire


74860ed86b1f684d1f8b3d47ffd2bc21_s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

被災難民とバランスが取れないのではないか?

イギリスでは、上流階層にはノブレス・オブリージュ(上位者は多くの義務を負わねばならない)の考えが浸透しているため、第一次世界大戦で多くの貴族の子弟が戦死した。現代アメリカでも大富豪ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツなど裕福な人物や著名人が大規模な寄付やボランティア活動をする。
日本では、ボランティア活動をした人々や大口寄付者の中に大言壮語していたサラリーマン社長・高級官僚の面々はいない。地位に相応しい社会貢献をするというノブレス・オブリージュの資質が備わっていない。
東京電力の社長など代表格の一人であろう。東京電力は、賠償金や多額の復旧費用を捻出するため、役員報酬は半減とし、一般社員は年収の約2割減、管理職は年俸の約25%減とした。さらに2012年春は、創業以来初めて新規採用を見送る方針だそうだ。
新規採用を見送ることができるなら人が余っていたのかと問いたい?
こんな不況時は新採は見送らないで身内の年寄り社員のリストラをすべきだ。実際、私の知り合いの東電社員など65歳まで取引企業に再就職できるから安心だと喜んでいたのを聞いて、役所と同じ体質だと苦々しく思っていた。競争のない東電の体質は公務員と同じで既得権の保持であろう。東電幹部が着の身着のまま避難し放射能汚染で農業・漁業ができない避難民に共感しているとは思えない。従業員の給料2割削減は了としても役員報酬・管理職年棒はノブレス・オブリージュ(上位者は多くの義務を負わねばならない)の考えから当面800万以下にすべきである。更に、60歳以上の職員の再雇用は行なわないなどリストラを徹底しなければ被災難民とバランスが取れないのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

日本社会のサラリーマン(勤め人)とは?

「万学の祖」と称される古代ギリシアのアリストテレスは、「奴隷は言葉を喋る道具であり、牛馬と同様に人間に貢献する」と言って憚らなかったという。ヘレニズム文明や古代ローマ文明は、多くの奴隷が国家を支えていた時代である。

 私の家は家業というものがなかった。親から引き継ぐものもないため大学を出た後、別段、考えもぜずに企業に就職した。更に、親が言うように安全志向で大企業というバケモノに飲み込まれた。
運よく?一つの会社しか勤め上げないで人生を全うした人には気づかない事は多い。つまり、自分では当たり前の価値観や尺度が世の中(他人)から見て異常なことも多い。サラリーマン当時に、他社から中途入社した人(当時の部下)に雑談中に会社の印象を聞いたことがあった。彼の印象は、「前の会社に比べ雰囲気が暗い」とのことだった。何かしら不満があるから転社してきたのだろうと思っていたが、雰囲気が暗いと言われて返答しようがないので「毎日いるので私には暗いか明るいかよく判らない」と言ったのを覚えている。
中途入社後に他の部署から移ってきたので昇進が遅れているのも原因の一つかと思い、能力は判らなかったが誠実そうな人物だったので強引に昇進させてやった。所詮、大企業のサラリーマン世界は、宦官や官僚組織と同じで「不公平のバランスが取れたものを公平」と呼んでいる村社会である。
当時の持論は、部下の昇格や昇給は最も重要な事項と考え、その人の能力以上に評価することが組織運営に重要であり、最大の活力が生まれると考えていた。その後、彼の仕事がどうだったかは知らないが、前より明るい顔になったようなので自己満足していた。
多少なりとも評価をする立場を経験すれば、偉くなれば権力闘争の成れの果ての村社会であることを知っているはずだ。世間の失笑にも臆せず「泣く子も黙るF社」といわれた大企業の元社長と元々社長だった連中が今も訴訟で争っている。死ぬまで会社にしがみ付くカキの貝殻のようで愚かとしか言いようがない。

現代社会のサラリーマン(勤め人)とはいったいどういう存在なのだろうか?
今回の東日本大震災で寄付した面々を見ると気づく事があった。大口寄付者の中にサラリーマン社長という身分の人がいなかった。孫正義・柳井 正・三木谷浩史・高田明は全て会社オーナーである。
聖書(ルカ福音書)に不正経理が主人にばれた家令(僕)が、管理の仕事をやめさせられても、自分を家に迎えてくれるような者たちを作ればいいと考え、主人から借金をしている人の証文を書き換えて勝手に減額してやった。聖書に「 主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。・・・そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。」と書いてある箇所を思い出す。
解釈はいろいろあるらしいが、私は、「不正な管理人(僕)が、彼らの負債を免除してやった。」こと、不正行為で利己的な目的かもしれないが、負債に苦しんでいる人々を助けてやったことを神が評価していると解釈する。つまり、東日本大震災大口寄付者の動機はともかく「被災者に役に立った。」ことは事実である。そして、最後に「あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」と言っていることから、得た富を「悪銭であっても神の祝福に迎合するように利用したか」が重要だと説いている。

イギリスでは、上流階層にはノブレス・オブリージュ(上位者は多くの義務を負わねばならない)の考えが浸透しているため、第一次世界大戦で多くの貴族の子弟が戦死した。現代アメリカでも大富豪ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツなど裕福な人物や著名人が大規模な寄付やボランティア活動をする。
日本では、ボランティア活動をした人々や大口寄付者の中に大言壮語していたサラリーマン社長・高級官僚の面々はいない。日本の大企業経営者は、名前が社長であっても資本家ではなく、ほとんどが雇われマダムである。つまり、従業員上がりの奴隷から出発した人物である。地位に相応しい社会貢献をするというノブレス・オブリージュの資質が備わっていない。
東京電力の社長など代表格の一人であろう。サラリーマンとは現代日本社会の奴隷階級だと思う。
サラリーマン時代に高位の地位にいた人でも、退職後に嘱託で勤めたり、子会社に天下りして蛭のように会社の生血を吸いながら保身を図る。また、「うちの会社は65歳まで勤めれるから安心だ。」とうれしそうに話をする人をみると、会社から離れられずに繋がれているほうが安心なのかと思ってしまう。
日本のサラリーマン(勤め人)とは、会社に繋がれながら粛々と作業をする古代の奴隷ではないか?
古代ギリシャ文明は奴隷制度に支えられた貴族社会が築きあげたものだ。アリストテレスのいうように「言葉を喋る道具」に文明は築けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

韓国の新聞は日本の三流週刊誌以下

Chima01 201104211337551

当時オーストリア・ハンガリー帝国に属したチェコ出身のエンリケ・スタンコ・ブラズ(1860~1932)旅行家で作家、写真家のブラズは110年前のソウルを訪れ記録をカメラに収めた。 そして「韓国は東アジア大陸で最も美しい国と呼ばれるほど豊かな自然と温和な気候を持っていた」と中央日報は報じている。しかし、事実であろうか?同時期のイザベラ・バードが見たソウルは、「都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。推定25万人の住民は主に迷路のような道の『地べた』で暮らしている。路地の多くは荷物を積んだ牛同士が擦れ違えず、荷牛と人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。おまけに、その幅は家々から出た糞、尿の 汚物を受ける穴か溝で狭められている。酷い悪臭のするその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たちと疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、日向でまばたきしている。ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。蓋のない広い水路を黒くよどんだ水がかつては砂利だった川床に堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。 Seoulには芸術品がまったくなく、公園もなければ見るべき催し物も劇場もない。他の都会ならある魅力がSeoulにはことごとく欠けている。古い都ではあるものの、清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある堂々とした宗教建築物の与える迫力がここにはない。」とある。そして、現在世界で発売されている英語版のイザベラ・バードの朝鮮紀行(Korea and Her Neighbors)は、イギリス版と韓国の出版社が出したもの二種類あり、その内容は正反対だ。韓国版は、100年前のソウルは近代化されていて東洋一きれいな都市と書かれている。自国の歴史を捏造し、自己満足してしまう文化はなんだろうか?
韓国は国際ルールが適用される現代においても、竹島(独島)領有問題や日本海(東海)表記など勝手に捏造してしまう。今回、掲載写真の中に「カンカン帽を被った日本人技師」、「日本の伝統衣装のトビ職人」、そして「日本文化の鯉のぼり」も写っている。1904年以降の写真を1901年だと偽っていることは明らかだ。
朝鮮半島の伝統的民族衣装である韓服(朝鮮服)の一種のチマチョゴリも妓女服の影響で丈の短いチョゴリと狭い袖が流行し、19世紀からチョゴリが乳房を覆えなくなったため、下級階層は乳房を露出することもあり李朝時代に描かれた風俗画や、朝鮮風俗を撮った写真には、乳房を露出している。しかし、韓国は歴史教育の中で、日韓併合後に女性の乳房露出が禁止された事実を隠蔽している。

日本にもいい加減な政治家や新聞社は多いが、韓国の歴史捏造となると三流週刊誌以下である。
http://iwamigin.vsp3.com/history/chimachogori/chima.html

http://iwamigin.vsp3.com/history/protect/shuchou-302.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

心の貧しき人は幸い?

土肥隆一批判の中に以下のような解釈があった。
・・・・・・・中略
マタイ伝の「心の貧しき人は幸いなるかな、天国はその人のものなれば」という一節が思い起こされます。要するに自尊感情の欠損に苦しんでいる人は純粋だというのです。その脆弱な自己に正直である中から、信仰心への道が開けるというのです。この一節について、多くの日本のクリスチャンは「自分は罪深い人間だからせめてこの言葉にすがるのだ」というようなことを言うのですが、これも逃避だと思います。
そうではなくて、より精神的に追い詰められている人間の「心の貧しさ」を尊敬しなくてはならないのです。
・・・・・・・・中略

私は、土肥隆一を苦々しく思っているが、この部分の解釈は適当でないと思う。
マタイ福音書では「心の貧しい」であるがルカ福音書では「貧しい」と訳されている。
どちらがイエスの主張だろうか?
マタイ福音書の原典直訳では「霊において貧しい人は幸い」と書かれている。
新共同約聖書では、過去との整合のため、今もマタイ福音書で「心の貧しい」と訳されている。シュタイナーの聖書解釈では、「幸いなるかな、霊を求める乞食たち、彼らはみずからの内に天国を見出すであろう。」と訳されている。
本田哲郎神父の私訳聖書では、原書の意味を忠実に表現するため「心底貧しいものは神からの力がある。」と訳されている。誤訳とされる「心」:「プネウマ」のヘブライ語の聖書的な用法から言えば、もっと深いところから捕らえた人間丸ごとの意味で「心底貧しい人たち」と訳し、「幸いである」のもともとの意味の「祝福されている」は、ヘブライ語の原意は「まっすぐ突き進みなさい」の意味のため「神からの力がある」と訳されている。
即ち、「心底貧しい人たちには、神からの力がある。天の国はその人たちのものである。」との解釈である。
キリスト教的な実践とは、弱者への共感である。しかし、実際その弱者の立場と同じ視線で共感する事は容易でないというより不可能である。自分だけは部外者になって、つまり外にいて共感を叫んでいるのが現実だ。
イエスは、抑圧と差別の痛みを心底味わった者のみが持つ、欺瞞に対する敏感さと正義への渇望のエネルギーこそ、神の国をこの「地の上にも」実現させるものであると主張している。そして、イエスはすべての人が抑圧され貧しくされることを奨励しているわけではなく、現にいる小さくされた人々の感性を通してしか、抑圧と差別の貧しさから解放される手立ては見いだせないと主張する。
土肥隆一批判には賛同するが、引用したマタイの聖句を「自尊感情の欠損に苦しんでいる人は純粋」という意味に解釈する事には賛同できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治家とは国民の代理人ではないのか?

早期に災害を収めるには内閣不信任案の提出しかない。
被災住民に共感もなく原発周辺は「10年、20年は住めない」との会話をする菅政権の無神経さには呆れてしまう。
菅直人は、政権担当能力がなく、権力闘争で相手を騙すこと、人を欺くことしか頭にない政治家であることが証明された。被災住民への対応は、もはや一刻も待てない状況である。
民主党に「責任をとる」とはいったい何なのかと問いたい!
責任をとって辞めたはずの仙石・枝野・安住がゾンビとして復活しているではないか?
菅政権は既に国民のみならず与野党からも見放されている。
国を憂える良心のある政治家が、一致団結してことに当れば菅直人を首相の座から引きずり降ろせる。
内閣不信任案を衆院の過半数(239議席、欠員2を除く)で可決させるには、民主党会派(306議席)から80人程度が造反で可能だ。
与野党議員は、党利党略を超えて、今こそ国民のために行動を起こすべきだ。
政治家とは国民の代理人ではないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

何故、今になって原発事故が「レベル7」なのか?

 政府は、国際的な原子力事故の評価尺度でチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」と暫定評価した。管総理が視察に行くため、 政府が蒸気放出をやめるよう指示したことが原因で、 原子炉外部容器内の圧力が既定値の2倍以上に高まった。この遅れが原因で、蒸気放出作業は2時過ぎに実施できたが、3時半には爆発事故を起こしてしまった。放射能汚染は、原子炉外部容器内の圧力が急上昇し水蒸気爆発が起きたため原子炉や建物が吹き飛び、大気中に大量の放射性物質が放出されたことが原因ではないか?
自らの失態で放射能汚染を引き起こした張本人が「東電のばか野郎が!」「原発職員は被曝して死ね!」 などと怒鳴り散らしたあげくに、今になって原発事故「レベル7」だったという。だいたい、医療放射線防護連絡協議会の菊地透・総務理事は「当時からレベル7だった。こうした過小評価が対応の遅れにつながった面もある」と指摘する。チェルノブイリでは被ばくによる急性放射線障害を起こし、事故当時子どもだった6000人以上が甲状腺がんになった。
このような経緯を見てくると、何故、今になって原発事故が「レベル7」なのか理解ができる。つまり、政権延命のため失政を隠す必要があった。
しかし、IAEAの避難基準値の2倍の放射線量が福島第一原発から40キロの飯舘で測定されたため、レイマン博士らは、半径20キロ以内しか強制退避させていない日本政府の対応を当時から強く批判していた。
国民は、権力闘争で相手を騙すこと、人を欺くことしか頭にない菅直人という政治家を全く信頼していない。
菅政権に手を貸す政治家が「東北菅党大人災」を更に悪化させている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

現政権の崩壊のみが本問題の解である。

東京電力が、福島第1原子力発電所の放射性物質漏えい事故で避難した住民や農産物の出荷制限を受けた農家らに対して、損害賠償額の確定前に仮払いする方針であることが分かった。避難した住民約8万人と、農産物が出荷停止となった農家、放射性物質汚染水の海水放出で被害を受けた漁業者などが対象となるが、賠償範囲や農水産物の風評被害がどこまで認められるかなど、不確定要素が大きい。米国の金融機関は賠償額について「約3兆円」と試算している。
国が補填する場合も「100%減資で株主にも責任を問うのが大前提」としている。更に、東電債4兆8868億円を保有している債券投資家への影響も大きい。

東京電力は民間会社なのかと問いたい?
東電幹部の発言を聞くと民間の企業経営者としての当事者意識もなく、放射能汚染に疲弊する住民への共感もない。更に、株主や債権者への責任も感じられない。
電力会社の社長など、雇われマダムのサラリーマン社長であり独占企業のため公務員と同じ意識である。
例えば、東電社員は、65歳まで高給で会社から雇用を何らかの方法で保障されている。そして、随意契約の下請け会社の関電工など東電の外郭団体といえる。国の公務員組織と同様である。
日航と同様に、100%の減資は避けられないとしても5兆円の社債・債権者への債務免除は大きい。電力債や電力株は安定的な資産として保有し、年金の原資としている国民も多い。現実に、東京電力社員のリストラと給与の削減は当然としても、本来の関東地方へ適性価格での電力供給という役目は果たさなければならない。

災害対策本部長を名乗る菅直人はこの場に及んで権力闘争をしている。風評被害より在日朝鮮人からの寄付金返還のほうが重要らしい。
菅政権の政府責任者の無責任で場当たり的な発言は、当事者意識のない東京電力幹部職員以下である。
10兆円近くあった電力株や電力債を減資・免責する議論であれば東京電力のサラリーマン社長の当事者能力を超えている。
東電の支払い能力を問いたい?
政府が自ら将来的な方向を示すべきである。
当事者能力のない現政権の崩壊のみが本問題の解である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

貝殻で海を量る記事

201104041821311_1韓国の電子版新聞に中国サイトで、朝鮮半島地図で韓国を侮蔑とあった。貝殻で海を量る記事の内容は以下だ。 朝鮮地図を先に見せた後、その次にウサギの絵を見せている。 朝鮮半島が「うさぎと似ている」という国内の主張を表したのだ。 その次の絵は状況が違う。 人に首根っこを捕まえられたウサギの絵が登場する。 あたかも「いつでも捕まえられる」と話しているようだ。
これに以下のコメントがついていて、噴出してしまった。
「よくできた風刺画だ。ウサギの首を押さえてるのはロシアでもアメリカでもありうる。中国に料理しろと差し出してる。」「韓国は、朝鮮半島を虎に例え、その一方で日本を猿に見立てている。そして、日本海を東海と呼び、東シナ海を南海、黄海を西海、対馬海峡を大韓海峡と呼ぶ。おまけに、竹島、対馬を自国の領土だと主張する馬鹿げた国だ。」「中国人がこの絵のように中国のほうを向いた朝鮮半島を日本が首根っこ押さえていなければならないと考えている。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

あの政治家や有名人はどうしているのか?

孫正義ソフトバンク社長が100億円を個人資産から寄付する。というニュースを聞いた。
そこで、ある政治家の言葉を思い出した。
「鳩山の名に恥じない仕事をしたいという思いと、先祖のおかげでこの立場に立っていることへの感謝の気持ちを申し上げた」と述べたていた政治家はどうしているのだろうか?
母親から7年間で約12億円6千万円の資金提供を受けながら本人は全く知らなかったくらいのお金持ちだ。
いまこそ、真面目に自分の資産を見直して被災者の皆さんになにができるか考えて頂きたい。
ソフトバンク・ユニクロ・楽天などオーナー会社社長だ。10億とか100億とか途方も無いお金を寄付した。
上場企業の社長で偉そうに「日本はこうあるべだ。」とか「社員はどうあるべきだ。」などと訓示を垂れていた連中はどうしたのだろうか?
こういう時に自らの痛みで共感できる人材がその名に相応しい経営者であろう。
ところで、カトリックと称していた富士ゼロックスの●林陽太郎や権力闘争で忙しかった●草や●副富士通元社長らはいくら義捐金を出したのだろうか?
芸能人やコメンテーターで偉そうに意見を言っていた面々も思い出される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

こんないい加減な座長に、力士の生活権を奪う権限を与えて良いだろうか?

人間的にも問題が多い伊藤滋座長が、物証も無いのに幕内、十両力士ら計23人に対して、事実上の角界追放となる厳罰を通告した。
伊藤滋は、「NHKが一番インチキなんだよ。臆病で。ウサギみたいだな」、「琴光喜は一番のクビだよな」、「俺は、責任を感じなくてもいいんだよ!」「そんなもん知らねぇ!」などの放言が多く言葉遣いの悪さも指摘されている。
こんないい加減な座長に、力士の生活権を奪う権限を与えて良いだろうか?
もっと、相撲界に詳しい識者を集め再度調査すべきだ。
八百長は相撲界の慣習だったはずだ。

以下、恵那司が謝罪文
・・・・・中略
 しかし入門後、新たに知った事もあります。それは昔から続く相撲界の慣例で、番付上位の関取からの命令は、番付下位の力士にとって絶対であるという事でした。 自分自身、今まで一度も無気力相撲を取った事がなかった為、非常に不本意ではありましたが、番付上位の関取に逆らう事も出来ず、無気力相撲の伝達役を引き受ける事になってしまいました。
・・・・・・・

いままで、裁判で八百長を否定した親方連中への処分がないことは、片手落ちである。トカゲの尻尾切りではいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »