« 大学時代の友人との同窓会 | トップページ | 「ナベツネ・清武ご両人」は精神病患者 »

2011年11月22日 (火)

国民を馬鹿にした無責任な増税政策

民主党の消費税値上げは、食料品など生活必需品の税率を特例で低めにする「軽減税率」の導入は当面見送る方針だ。消費税が他国より安いから引き上げるという議論は真っ赤な嘘で、これでは生活必需品に西欧より高い間接税が課せられる。「軽減税率」を適用しないで貧乏人からたくさん徴収する本末転倒の税制改革で、国民を馬鹿にしている。まず、消費税値上げ前に国民の真意を問う衆議院解散を行うべきだ。民主党の現在の議席は、嘘で固めたマニフェストで得たものだ。消費税を上げる前に、議員定数の削減や公務員給与の二割削減をまず実行していただきたい。公務員の人員・給与削減が行われなければ、ギリシャと同じ道を歩む。国内雇用が伴わない企業が生き残っても国民は豊かにならない。さらに、格差社会を助長する「軽減税率」の導入を盛り込まない消費税値上げなど論外だ。

|

« 大学時代の友人との同窓会 | トップページ | 「ナベツネ・清武ご両人」は精神病患者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395469

この記事へのトラックバック一覧です: 国民を馬鹿にした無責任な増税政策:

« 大学時代の友人との同窓会 | トップページ | 「ナベツネ・清武ご両人」は精神病患者 »