« 無責任なメールシステムを即刻中止させるべきだ。 | トップページ | 俳優さんの歌声 »

2011年12月27日 (火)

三流韓国紙が、過去の紙面を取り消すとする「反省文」を掲載

Sannryu 韓国紙、中央日報は、東日本大震災発生当日の状況を報じた3月12日付の1面で「日本沈没」という見出しを付けたことが「災害に苦しむ日本人を傷つけた」として、当時の紙面を取り消すとする「反省文」を掲載した。「人類愛」を重視する同紙の精神とはかけ離れた結果になったと弁解しているが、編者本音の見出しだった。だいたい、中央日報という三流紙は、「人類愛」などという高尚な精神などない。日本に纏わりつき、日本批判を繰り返すことにより韓国内(朝鮮)の溜飲を下げ部数を増やそうとしてきた。
当時の紙面によると、12日付の韓国主要紙は東日本大震災について、「日本最悪の日」(朝鮮日報)、「日本沈没」(中央日報)などと衝撃的な被害の様子を伝えた。東亜日報は「日本列島は恐怖と嘆き」に包まれたと伝えたほか、「速やかな復旧を祈る」と題した社説で、KBSテレビは「日本は阿鼻叫喚の状態だ」と報道した。
各社の見出しの中で「日本最悪の日」、「日本列島は恐怖と嘆き・速やかな復旧を祈る」、「日本は阿鼻叫喚の状態だ」という内容は、事実である。しかし、中央日報という三流紙の「日本沈没」の見出しは新聞編集者の底辺に潜んだ卑しく歪んだ願望だ。小学生でもあるまいし、一年近く後になって反省されても困る。いまさら「反省文」などは、不用だ。日本人は、中央日報の中傷など相手にしていないから傷ついていない。愚かな記事を書いたと言う記録を社歴に刻むだけで十分だ。ただし、この新聞社が将来存続すればの話だが。

|

« 無責任なメールシステムを即刻中止させるべきだ。 | トップページ | 俳優さんの歌声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395449

この記事へのトラックバック一覧です: 三流韓国紙が、過去の紙面を取り消すとする「反省文」を掲載:

« 無責任なメールシステムを即刻中止させるべきだ。 | トップページ | 俳優さんの歌声 »