« 仲代達矢の主演作品はどれも好きだ | トップページ | 地域に密着して愛されることが最も重要 »

2011年12月 4日 (日)

キャメロン・ディアスも街乗りの車はプリウス

Kara 韓国の中央日報/中央日報日本語版に「韓国・米国ビッグ3も離れてみずぼらしくなった東京モーターショー」という記事があった。GM・フォード・クライスラーなどが参加せず、韓国自動車企業も背を向けた。そして、東京モーターショーではかつての活気が見られなかったとある。事実だろうか?朝鮮日報をはじめ日本に辛口のコメントが多い韓国の新聞報道だが記事が書かれた12月2日は一般公開はされてない。つまり、東京モーターショーは始まっていない。米国ビッグ3の車は、日本のユーザーの要求に応えられないためほとんど売れていない。そして、安全性や品質に劣る韓国車は、日本人は買わないから市場から撤退したはずだ。つまり、参加しないのではなく販売していないので参加する意味がないのが真実だ。この記者は、BBCのTop Gearという番組を見たことがないのだろうか?キャメロン・ディアスが番組の中でf●●kな英国ギアと言ったのに対して、司会者は英国でなくKOREAだと訂正していた。つまり、粗悪車の代表が韓国車である。そして、司会者もキャメロン・ディアスも街乗りの車はプリウスと言っていた。日本を誹謗中傷した記事がないと販売部数が伸びないことが理由で書くのかもしれないが、隣人としては不愉快千万である。韓国女性グループのKARAや少女時代が日本で活動するのは、韓国では著作権が守られないためレコードの売り上げが伸びず商売にならないことを知っているのだろうか?
ところで、日産のゴーン会長は「輸出車は事実上、収益がないため、生産基地をタイ・中国・メキシコに移転することになるだろう」とし「政府は為替市場にもっと介入する必要がある。自国通貨の最低防御ラインを設定したスイスの前例に従うべきだ」と強調したことや、トヨタの豊田章男社長が「円高は企業が対処できるレベルを超えた。海外移転を積極的に推進する」と述べたことは事実だ。日本の最高経営責任者(CEO)らはモーターショーで一様に「円高が続けば、生産基地を移転するしかない」とし、強力な政府の介入を訴え日本政府の無策を嘆く。 脳堕政権は聞いているだろうか?

|

« 仲代達矢の主演作品はどれも好きだ | トップページ | 地域に密着して愛されることが最も重要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395462

この記事へのトラックバック一覧です: キャメロン・ディアスも街乗りの車はプリウス:

« 仲代達矢の主演作品はどれも好きだ | トップページ | 地域に密着して愛されることが最も重要 »