« 負けてばかりでは、プロ棋士の名が廃る。 | トップページ | 大東和美という人材にサッカー協会を任せていいのか? »

2012年1月18日 (水)

国民が望んでいるのは総定数の削減

民主党が480人→395人の案を出した事に、自民党が反対していることに理解できない。国民が望んでいるのは総定数の削減だ。比例80人削減に反対するのなら小選挙区含めて85議席以下の案を出すべきだ。今回の民主党の85人削減案への対応で自分党という狼少年が炙りだされるだろう。自民党のいい加減な政治屋連中には失望した。個人的な私案のほうがよほどマシでないか?政治屋は去れといいたい。

比例と小選挙区が問題なら、折衷案で比例廃止で都道府県単位の大選挙区で戦えばいい。

480人→250人

仮に総数250 有権者数(約1億人)で一番少ない県が鳥取(50万人)であれば、
★鳥取県の定数は1

★東京都(仮に1千万人なら)25人 ▼多摩と分けたいなら区部16人で多摩9人▼

|

« 負けてばかりでは、プロ棋士の名が廃る。 | トップページ | 大東和美という人材にサッカー協会を任せていいのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395432

この記事へのトラックバック一覧です: 国民が望んでいるのは総定数の削減:

« 負けてばかりでは、プロ棋士の名が廃る。 | トップページ | 大東和美という人材にサッカー協会を任せていいのか? »