« 体面を気にしない生き方 | トップページ | 東電役員は頭がおかしい »

2012年4月 1日 (日)

審判がアホでは球児が可哀想

第84回センバツ高校野球大会第10日昨夏準優勝の光星学院と愛工大名電の対戦で、8回裏の攻撃で主審がスクイズ失敗でアウトなのに死球判定にした。振りに行って当たった場合は、死球は取らない。この主審は、近くで見ていてスクイズ・アウトが判らないとは、野球のルールを知らないのだろう。この結果、3アウトで終了が3点取られ試合を決めてしまった。審判が試合をぶち壊してしまった。審判がアホでは、真面目に練習に励んだ球児に申し訳ない。このような無能な審判は排除すべきだ。

|

« 体面を気にしない生き方 | トップページ | 東電役員は頭がおかしい »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395380

この記事へのトラックバック一覧です: 審判がアホでは球児が可哀想:

« 体面を気にしない生き方 | トップページ | 東電役員は頭がおかしい »