« 民主党の小沢一郎元代表の無罪判決は当然 | トップページ | プリンターとクラウドで何が変わるか? »

2012年4月27日 (金)

リコーの業績予想はリスクが大きい

2013年3月期の連結営業損益が固定費圧縮で441億円の増益要因らしいが、その内訳は人件費の削減で350億円だ。連結売上高の9割近くを占める事務機器は成熟市場である。今後の伸びは、A4用紙向け複合機(プリンター)など期待できるが、その市場は韓国企業のサムスンが業界トップだ。これまで買収したチャネルを持っていても、ネット販売が進んだ今、価格競争力でリコーが生き残ることは容易でない。デジタル家電のシャープやソニー同様に本業の没落で稼ぐより落ち込む可能性が遥かに高い。ビジネスモデルの転換といっても、LED照明、監視カメラ、プロジェクター、カメラ部門(ペンタックス)の各分野はマーケットリーダーの巨人が複数存在する。現在、後塵を拝しているリコーには当面赤字必至の分野で、市場から撤退させられる可能性のほうが高い。企業向け事務機器(A3機)の営業利益の維持が困難な状況では富士ゼロックスのように、更なる人件費の削減以外に打つ手がないであろう。
http://japan.samsung.com/news/presskit/31720

|

« 民主党の小沢一郎元代表の無罪判決は当然 | トップページ | プリンターとクラウドで何が変わるか? »

基幹システム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395367

この記事へのトラックバック一覧です: リコーの業績予想はリスクが大きい:

« 民主党の小沢一郎元代表の無罪判決は当然 | トップページ | プリンターとクラウドで何が変わるか? »