« リコーの業績予想はリスクが大きい | トップページ | 投資とは、自分一人で考えなくてはならない »

2012年5月 2日 (水)

プリンターとクラウドで何が変わるか?

富士通ジャーナルに「プリンターとクラウドで何が変わるか?」という記事があった。顧客セイコーエプソンのプリンタと連携した「メールプリント」だ。プリンターに個別のメールアドレスを割り振り、そのメールアドレスにメールを送るだけで添付した資料や画像のデータが印刷できる機能だ。実現方法は、従来技術で可能である。これでプリンターに付加価値を与えるというが、システムセキュリティの観点からいえば裸同然のメールシステムである。記事にはパブリッククラウドではなく「プライベートクラウド」という語彙を使用しているが、このような環境でプライベートクラウドを顧客が構築するだろうか?基幹系システムの移行先となるプライベートクラウドという定義を理解していないか、基幹系システムそのものを知らないとしか思えない。セイコーエプソンはともかく富士通ジャーナルもずいぶんレベルが低いのか顧客へのリップサービスなのか不明である。ペーパーレス、内部統制、情報セキュリティが問われてる昨今、基幹系システムで重要顧客のデータを外出先など離れた場所からプリンターへ直接印刷など考えられない。現在、FAXが何故なくならないのかよく考えれば解かりそうなものだ。このような、いい加減な記事を書くと素人が混乱してしまう。富士通も困ったものである。

参考

http://jp.fujitsu.com/journal/casestudies/epson/

|

« リコーの業績予想はリスクが大きい | トップページ | 投資とは、自分一人で考えなくてはならない »

基幹システム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395365

この記事へのトラックバック一覧です: プリンターとクラウドで何が変わるか?:

« リコーの業績予想はリスクが大きい | トップページ | 投資とは、自分一人で考えなくてはならない »