« 衆愚政治の極みとは | トップページ | お盆になると »

2012年8月12日 (日)

韓国との通貨スワップ協定の停止を

韓国の李明博大統領が、竹島(島根県)を訪問したことに対する効果的な報復は、韓国との通貨スワップの停止である。韓国は、日本の外国為替資金特別会計(外為特会)からドル資金の融通を受けたり、日本から調達した円を売ったりすることで、ウォンの急落に歯止めをかけるウォン買い・ドル売りのための資金を調達するために、700億ドルの通貨スワップ協定を日本と結んでいる。韓国通貨ウォンの暴落が起きれば、アジアのギリシャと呼ばれている韓国は生活物資も輸入できなくなる。この緊迫時に、「韓国の内政上の要請によるものだとの印象を持つ」という森本防衛大臣の発言は、国防を預かる閣僚として極めて不適切な発言だ。無能の極め野田政権は、日本の国賊だ。内政問題と発言した防衛相などは即刻罷免にすべきだ。

|

« 衆愚政治の極みとは | トップページ | お盆になると »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395229

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国との通貨スワップ協定の停止を:

« 衆愚政治の極みとは | トップページ | お盆になると »