« 察して欲しい。 | トップページ | 自由に生きたい。 »

2012年8月 7日 (火)

未来の話題で時を刻みたい。

大学時代の友人と話す機会があった。共通の話題といっても接点は、30年以上も前の話になってしまう。今まで、呼び出されたことのない記憶が次々に現れてくる。人生も終わりになりかかった時点で、始まりの時空を呼び戻すと当時の気分に若返る。特に、インターネット空間では、お互いの姿を捉えることが無く過去の記憶で会話するからだろう。多少の誤解があってもフォローする意識は、歳を重ねた今の自分である。当時なら、抱えきれないことも、辛い思いや悲しみを経た老練な意識下では、取るに足らない痛みでしかない。相手とのわだかまりを解消することも容易にできてしまう。そして、当時より、遥かに強い絆で更に結びつけることになる。インターネット社会では、距離は簡単に乗り越えられる。自分の自由を取り戻した黄昏期であっても、時空の接点を戻せば、もう一度、青春時代の自分を呼び戻すことができるような気がする。そして、過去ではなく未来の話題で時を刻みたい。

|

« 察して欲しい。 | トップページ | 自由に生きたい。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395244

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の話題で時を刻みたい。:

« 察して欲しい。 | トップページ | 自由に生きたい。 »