« いうだけ番長の経済財政担当相 | トップページ | 穏健なアジア諸国に投資をシフトすべきだ。 »

2012年10月15日 (月)

ラーメンより当時の郷愁を味わっている

東京郊外の西にあるM市のラーメン店「胡心房」「奥津家」など開店前から行列を作っている。たかがラーメンを食べるために、辛抱強く待っていると感心しながら通り過ぎる。私の小さいころは、高度成長期の入り口だった頃でラーメンは高級食だった。北陸の田舎T市にも「大喜」という繁盛したラーメン店があった。当時、小さかった私も長い間待って食べた記憶がある。そして、大学時代から現在に至るまでT市に行く用事がある時は、いつもラーメン店「大喜」で食べる。濃いしょう油味のラーメンで最近は「ブラックラーメン」と呼んで名物にしている。しょっぱいだけで、値段だけ高く美味いと思ったことのないラーメンだ。食べ終わった時に、これが最後だと思いながら、また訪れるという繰り返しだ。どうも、ラーメンより当時の郷愁を味わっているのかもしれない。ところで、インスタントラーメンというと大学時代は、「日清のカップヌードル」や「サッポロ一番カップスター」などあったが、いつも20円くらい安いカップスターを食べていた。最近は、いろいろ食べた中で「エースコックのスーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」を買って食べることが多かった。先日、学友宅で「日清のラ王」というカップラーメンを食べる機会があったが、広告通り生麺そっくりで美味しいので驚いた。30年以上の長い間にずいぶん美味しくなったと感心した。カップで食べるせいか、温度が低くなるせいで麺のほぐれがよくないので、袋詰め「ラ王」を買ってきて鍋で煮て食べた。これは、ほんとうに美味しく正に生麺そっくりだったが、手がかかるので、そこまでするなら生麺を買って食べればと思ってしまった。問題は、「チキンラーメン」と違い、値段が生麺と変わらないくらい高いので、保存が効くかどうかの差になってしまう。もう少し、安ければ爆発的に売れるのに残念だと思った。

|

« いうだけ番長の経済財政担当相 | トップページ | 穏健なアジア諸国に投資をシフトすべきだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395104

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンより当時の郷愁を味わっている:

« いうだけ番長の経済財政担当相 | トップページ | 穏健なアジア諸国に投資をシフトすべきだ。 »