« それがサラリーマン社会だと教えられた。 | トップページ | 田代政弘元検事の刑事告発は? »

2012年11月11日 (日)

親日的な国へ旅行すべきだ。

P2011014p044300尖閣諸島の国有化をめぐる中国での反日感情の高まりを受け、修学旅行シーズンを迎えた国内の高校が、中国への渡航を取りやめる動きが広がっている。「危険な場所に生徒を行かせることはできない」と、英語圏への変更も視野に検討を進めるという。
支那や朝鮮などという国は、形ばかりの法治国家で、実際は言論の自由もない人治国家だ。いつ、前回の「フジタ社員」のように修学旅行に行った生徒が人質に取られるか判らない。朝鮮への旅行に至っては、嘘と歪曲で固めた歴史資料館で純粋な子供たちに悪影響以外のなにものでもない。異文化を体験するなら、台湾、タイ、モンゴル、ニュージーランドなど親日的な近代国家への旅行にすべきだ。

|

« それがサラリーマン社会だと教えられた。 | トップページ | 田代政弘元検事の刑事告発は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395058

この記事へのトラックバック一覧です: 親日的な国へ旅行すべきだ。:

« それがサラリーマン社会だと教えられた。 | トップページ | 田代政弘元検事の刑事告発は? »