« 日本国民の最大の不幸 | トップページ | インフレリスクの担保 »

2012年11月20日 (火)

野田が脳堕になってしまった。

民主党は、野田首相の考えに反対する人は民主党の公認候補にしないという方針らしい。とうとう野田が脳堕になってしまった。民主党は、いつから北朝鮮のような反民主主義的な独裁政党になったのだろうか?民主党が、政権政党に就いたのは鳩山代表と小沢代表代行の時だ。もっといえば、小沢一郎がいなければ、民主党など永久に政権の座には就けなかっただろう。政権の座に就くや権力闘争を始め、国民に公約として掲げたことを全くやらずに政治ごっこをしてしまった。そして、まったく政権奪取に寄与しなかった口先だけの連中が実権を握り、党を崩壊させてしまった。あまりにも程度が低いとしか言いようがない連中だ。民主党政権下で米国との関係を疎遠にし、支那・朝鮮と親密にした結果はどうであっただろうか?強いて、民主党政権の実績というものを探せば、日米安保条約の重要性の再認識と支那・朝鮮などは恩を仇で返す人治主義国家だということが判明したことだろう。

|

« 日本国民の最大の不幸 | トップページ | インフレリスクの担保 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395039

この記事へのトラックバック一覧です: 野田が脳堕になってしまった。:

« 日本国民の最大の不幸 | トップページ | インフレリスクの担保 »