« インフレリスクの担保 | トップページ | 民主政権の無策 »

2012年11月22日 (木)

「トラストミー」を信じたい。

「今度はね、ホント出ないよ トラストミー」というリスナーの川柳を紹介していた。
鳩山由紀夫という人には、ほんとうにがっかりさせられた。苦労がない人の言葉とは、こんなに軽いのかと呆れた。田中真紀子と違い、品行はよかったが「友愛」を掲げた外交など支那や朝鮮に通用するはずもない。ODAを食い物にされた挙句に、裏切られた。「党に踏み絵を踏まされる形で晩節を汚すのはよくないと、最終的に判断した」という。しかし、首相在職中「総理大臣まで極めた人間がその後、影響力を行使することは良くない」と、退陣後に政界引退を公言していたので、二度目の引退宣言だ。民主党迷走のきっかけを作った1人であるうえ、情勢調査で自民党候補(五輪メダリスト堀井学氏)に引き離され、落選の危機にあったそうだ。鳩山氏は、米軍普天間飛行場移設問題などで日米関係や沖縄県民とこれまで培っていた信頼関係もぶち壊した。後に続く民主党政権でも、国政を混乱させ、東日本大震災では迅速に対応できず、消費税を始めマニフェストを次々と破った。おまけに、尖閣・竹島の領土問題でも、支那や朝鮮に舐められ、ほんとうに失望させられた。鳩山氏の引退宣言が、素人政治の終わりとして頂きたいものだ。今回は、さすがに「トラストミー」を信じたい。

|

« インフレリスクの担保 | トップページ | 民主政権の無策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56395033

この記事へのトラックバック一覧です: 「トラストミー」を信じたい。:

« インフレリスクの担保 | トップページ | 民主政権の無策 »