« 経営陣の責任が問われる。 | トップページ | 韓国旅行など、支那人相手が相応しい。 »

2013年6月15日 (土)

指標欄を見ると辛いものがある。

Images 「弱い日本の強い円」著者の佐々木融氏のコラムがロイターに載っていた。この著書は、為替を解かりやすく解説され非常に勉強になった。今回のコラムで参考になったのは、「安全資産としての円に資金が向けられ」などと言われるが、円は安全資産だから買われるのではない。もともと、円を調達し、それを売って、新興国(エマージング)通貨・資産を買っているのだから、そのポジションを閉じる時には、円を買い戻し、返す必要があるというだけのことだ。つまり、円高の要因で怖いのは、エマージング市場の不安定化だという。そして、「期待で動いた相場は、すぐに期待を織り込んでしまい、次の期待を持たせてくれることを際限なく要求してくる。実体経済に本当の変化が起きるまでこの心理戦は続くのである。」とあった。要するに、アベノミックスが成功を収めれば、企業業績が回復して株高になる。それには、円安が必須なのだろうから、「鶏が先か?卵が先か?」の世界なのだろうか?安倍ちゃんの政策を信用して、株や外債を買った投資家も多いだろう。そういう私も年初からの含み益を吐き出してしまった。俯瞰の目で相場を見ろと言い聞かせながらも、日経ウェブの右上の指標欄を見ると辛いものがある。

|

« 経営陣の責任が問われる。 | トップページ | 韓国旅行など、支那人相手が相応しい。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394679

この記事へのトラックバック一覧です: 指標欄を見ると辛いものがある。:

« 経営陣の責任が問われる。 | トップページ | 韓国旅行など、支那人相手が相応しい。 »