« 選対本部長が菅直人というから納得できる。 | トップページ | ネットで誠としやかにいわれていること »

2013年6月25日 (火)

砂漠に水を撒くようなものだろう。

Images 個人向けパソコンは前年同月の8割規模に縮小し、タブレット(多機能携帯端末)に移っているという。伸びが顕著なタブレットは、出荷台数が前年同期比187.2%増の200万台超えとなっている。ネットやメールしか使用しない人は、タブレットで十分と考えるのだろう。タブレットの売れ筋は、アップル(Ipad)、グーグル(Nexus)、マイクロソフィト(Surface)というから、全てソフトベンダーだ。富士通やNECが、OSをグーグル(Android)やマイクロソグト(Windos8)から入手して販売しても敵うはずはない。いまさら、パソコン部隊の余剰人材を投入して、タブレット対応してみたところで、結果は知れている。富士通が「タブレット事業推進プロジェクト室」を設立というが、砂漠に水を撒くようなものだろう。不要な人材は、早期にリストラすべきだ。他部門なら切れるが、自分の部下だった連中はリストラできないというのでは、経営者の資質に欠けるのではないか?

|

« 選対本部長が菅直人というから納得できる。 | トップページ | ネットで誠としやかにいわれていること »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394662

この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠に水を撒くようなものだろう。:

« 選対本部長が菅直人というから納得できる。 | トップページ | ネットで誠としやかにいわれていること »