« 韓国人の民度を量る実例の一つ | トップページ | 泉田新潟県知事が、反発 »

2013年7月 8日 (月)

支那の「正しい歴史認識」

Image香港返還前、多くの若者が、海外の在住ビザを取得するために、カナダやオーストラリアの大学に留学した。バンクーバーなど香港からの留学生で溢れていた。トロントの中華料理店の昼食時、まるで香港かと思うくらい、中国人で埋まっていた。当時、商用で香港に行く機会が多かったので、返還式場などを、見学したのを思い出す。そして、あれから16年経った。香港では、「一国二制度」の政治的介入に抗議して、「われわれは中国人ではない。香港人だ」「香港民主社会を守れ」などと叫び「43万人」の反中デモが起きた。共産党とは、名ばかりで、党幹部が人民を奴隷化して利権を貪っている「支那帝国」が民主的な「普通選挙」の導入を許すはずはない。一旦、支那帝国に取り込まれたら、台湾も同じだ。台湾人は、香港の現状を注目して見ているだろう。前近代的な、支那が軍隊で制圧した後、籠絡、懐柔で東トルキスタン(新彊ウイグル)やチベットを併呑してきたのは歴史的事実だ。新疆ウイグル自治区では、「計画生育」と言う名目で850万人もの赤ちゃんを強制中絶し、核実験による放射能中毒で75万人が亡くなった。おおよそ、1000万人もの人々が支那共産党の犠牲となった。支那や朝鮮は、「正しい歴史認識」と叫ぶが、それは歴史ではなく自分に都合のいい解釈だ。天安門事件や他民族への虐殺の事実は、全く教えていない。
日本に対しては、新たに、東シナ海の日中中間線付近の海域で、ガス田とみられる採掘関連施設の建設に着手した。こうゆう、民主主義とは無縁な、「ならずもの国家、支那」と対するには、軍事力しか在りえない。「鳩山ぽっぽ」のような平和ボケした連中が、日本の癌だ。さらに、商魂たくましい中国進出企業も、日本を徐々に蝕んでいる。慰安婦問題で毅然として、事実言い放つ日本維新の会に期待したい。
http://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html

|

« 韓国人の民度を量る実例の一つ | トップページ | 泉田新潟県知事が、反発 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394644

この記事へのトラックバック一覧です: 支那の「正しい歴史認識」:

« 韓国人の民度を量る実例の一つ | トップページ | 泉田新潟県知事が、反発 »