« 泉田新潟県知事が、反発 | トップページ | 早期に、韓国から撤退すべきだ。 »

2013年7月10日 (水)

韓国観光業界の断末魔

Korean1107 最近、韓国を訪問する日本人観光客が急減している。日本からの海外旅行者が、ピークとなる夏休みの旅行シーズンを迎えても変わりそうにないという。JTBの調べでは、夏休みの旅行者数は、対前年度若干減だが、中国67.7%、韓国75.2%と大幅に減少する。日本人旅行客の「中国・韓国離れ」に、歯止めがかからない状況だ。理由は、「反日の国に行っても楽しくない」という韓流ブーム終焉の結果だ。
日本人観光客を誘致するために、東京で韓国観光広報展が開かれた。大韓航空の社長は、「両国の観光業界が共同で対応すべき問題だ」などと虫のいいことを言うが、まず対応すべきなのは、「反日体質」の改善だろう。「従軍慰安婦」や「竹島は韓国の領土」と捏造した嘘の歴史を世界中に流し、外国人に「日本人=悪人」というイメージを植え付け、そして、日本に「正しい歴史認識を持て」と迫る。自国のアシアナ航空が起こした事故で、死んだのが他国の人でよかったとか、日本の東日本大震災で大喜びしたりとか、まともな民度の国でない。おまけに「東京オリンピック開催反対運動」まで起こしている。世界中で、最も行きたくない国の一つだ。日本を誹謗中傷する朴槿恵に、日韓関係「正常化」を要請するに至っては、韓国観光業界の断末魔を見る思いだ。いまさら、「あなたと会う韓国、新発見!」などといって、日韓の友好と交流を叫んでみても、日本人観光客の呼び戻しの特効薬にはならないだろう。

|

« 泉田新潟県知事が、反発 | トップページ | 早期に、韓国から撤退すべきだ。 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394641

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国観光業界の断末魔:

« 泉田新潟県知事が、反発 | トップページ | 早期に、韓国から撤退すべきだ。 »