« 虫の音を聞きながら | トップページ | リスクを取らない運用に徹したい。 »

2013年9月19日 (木)

老後を長く生きるものには、

Image昨日、米連邦準備制度理事会(FRB)が、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、QE3を継続することを決めた。事前予想では、毎月約8兆5000億円の国債や住宅ローン担保証券を買い入れていたものを減額し始めるとの見方だった。外国為替市場は、対円では1%下げて1ドル=98円17銭となった。ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は、一時、1万5709.58ドルと取引時間中の最高値をつけた。ニューヨーク株式市場で、株が1%上がったので、円が1%の円高になったのは偶然なのだろうか?日本の株価は、米ドルベース換算で「150ドルの壁」を信じるなら日経平均は、14700円以上に容易にならない。シカゴの先物も147000(円ベース)だから、これ以上の上昇は望めないのだろうか?予想外のことが起きると、解消売買で市場が大きく反応する。時間が経てば数値は戻るだろう。いずれにせよ、株を買うには勇気がいる。その代わりに、99円50銭で売った米ドルを98円10銭で買い直した。長い目で見れば、アベノミックスの金融緩和で円安が進むだろうから、こちらの方が、リスクが少ないように思える。老後を長く生きるものには、悩ましい時代になった。

|

« 虫の音を聞きながら | トップページ | リスクを取らない運用に徹したい。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394510

この記事へのトラックバック一覧です: 老後を長く生きるものには、:

« 虫の音を聞きながら | トップページ | リスクを取らない運用に徹したい。 »