« 日本のものを盗むのは、竹島に限らない。 | トップページ | ニコンやキヤノンのカメラ事業の収益は悪化 »

2013年10月31日 (木)

NECに明日はあるのか?

ITサービス分野の売上高ランキング(2012年米ガードナー)
米IBM    586.7(億ドル)
米HP     34902
米アクセンチュラ 238.1
米CSC      156.8
NTTデータ  139.4
情報システムの開発・運用分野では、米IBMのトップは揺らがない。IBMが、日立へ HDD 事業部門を売却したのは、2002年だ。そして、全PC事業を中国レノボに2004年に売却した。その一方で、IBMは、2002年に米PricewaterhouseCoopersのコンサルティング事業部門PwC Consulting(PwCC)を買収した。6万人のコンサルティング要員を擁する会社としてITコンサルティング・サービス事業に舵をきった。富士通も同様にコンサルティングに資源をむけITサービス分野で収益を上げる方向に向った。ITサービス分野の売上高ランキング(2012年米ガードナー)の上位5位の中Nec_2 に、NECの名前がない。NECが30日発表した2013年4~9月期連結決算は、最終損益が261億円の赤字だった。スマートフォン事業からの撤退に伴う減損処理が膨らんだことが、直接の要因かもしれないが、企業向けITサービスの収益が悪かったことも事実だ。同業他社は、10年以上も前に、ITサービス分野に経営資源を振り向けたが、NECは、いったい何をしてたのだろうか?PC98(MSDos)のハード売りで、日本市場を席捲した夢が忘れられなかったのだろう。旧DECのエンジニアなどが開発したマイクロソフトWindows NT3.51を搭載するネットワークサーバなどに、自社オフコンをオープンパッケージソフトを使って置き換えた。そして、全く付加価値を付けようもないシステムにしてしまった。富士通がITサーバー上に、従来のオフコンOSを動作させ、自社システムの囲い込みを図ったが、NECは、自ら自社ITサービス分野を潰してしまった。パッケージソフトに移行したシステムでは、以降の置き換え商談は価格だけだ。NECに明日はあるのか?

|

« 日本のものを盗むのは、竹島に限らない。 | トップページ | ニコンやキヤノンのカメラ事業の収益は悪化 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基幹システム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394441

この記事へのトラックバック一覧です: NECに明日はあるのか?:

« 日本のものを盗むのは、竹島に限らない。 | トップページ | ニコンやキヤノンのカメラ事業の収益は悪化 »