« 21世紀のネット社会に新聞の軽減税率など、 | トップページ | 円安で燃費の悪いRX8は堪える。 »

2013年10月 1日 (火)

ダイヤという宝飾品は、自分が感じる価値

Lfr086_s プラチナや金を扱っていた貴金属店が閉めた。近くの店の店員に、再度訊ねたてみたが、やはり廃業とのことだった。以前、その店の店主に、「メレダイヤ」など価値がない。御徒町で数百円で売っていると聞かされていた。「メレダイヤ」1カラット(重さ)分10個ほど鏤めたリングやネックレスなどが店頭に並んでいる。その宝飾品の価値は、メレダイヤ1個(0.1カラット相当)を1,000円で換算すれば、ある程度推測されるといっていた。そして、0.5カラット以上のダイヤで鑑定書がなければ流通しないとも言っていた。確かに、ネットで調べると、買ったばかりのダイヤの宝飾品の買取り金額が1/5程度が常識だという。そして、一般的には買い取り価格は購入価格の1/10と言われているから呆れてしまう。基本的には「ダイヤモンドの4C」と呼ばれる【カラット(重さ)】【カラー(色)】【クラリティ(透明度)】【カット(形)】によって価格が決定されるといっても、実売価格に含まれる販売経費や長期間寝かせる在庫費用などを考慮すれば納得させられる。ある程度、国際的な相場があるといっても、金やプラチナなどの地金価格のように「この純度でこの重さならこれだけの価値がある」というわけではない。結局、ダイヤという宝飾品は、「一般的な価値」よりも「自分が感じる価値」を基準に考えるしかない。デパートの宝飾店で0.5カラットのダイヤを見せて欲しいというとオーダー品になるというから、どうも廃業した店主のいったことは事実のようだ。

|

« 21世紀のネット社会に新聞の軽減税率など、 | トップページ | 円安で燃費の悪いRX8は堪える。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394484

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤという宝飾品は、自分が感じる価値:

« 21世紀のネット社会に新聞の軽減税率など、 | トップページ | 円安で燃費の悪いRX8は堪える。 »