« 官僚など褒章に値するはずはない。 | トップページ | 日韓関係を独仏に例えた朴槿恵は虚け者 »

2013年11月 4日 (月)

デジタルカメラも鮮度を競う野菜市場になった

Jp_qnavi_zoom アナログの35ミリフィルムカメラの時は、焦点距離でレンズの感覚は判った。デジタルカメラでは撮像素子の大きさが統一されていないため、昔のアナログカメラの感覚で捉えるには変換が必要だ。デジタル一眼レフやミラーレス高級機の撮像素子にも、35ミリ、APS-C(23.4ミリ)、フォーサーズ(17.3ミリ)などがある。各社、次々と高解像度や撮像素子の大型化で、そのカメラ専用の交換レンズを売りまくって儲けた。とうとう、一眼レフの高級機の撮像素子は、アナログカメラ同様の35ミリ版まで行き着いた。当たり前のことだが、撮像素子が大きければ、解像度がいいに決っている。いくら高い眼鏡(レンズ)を使っても、視力(撮像素子)が悪ければよく見えない。アナログ時代は、レンズの装着規格(ニコンならFマウント)が不変だった。他社機のカメラを購入すれば、持っている交換レンズが使えなくなるため、素人カメラマンは、ニコン、キヤノン、ペンタックスなど、長期にわたって互換性のある製品を使用した。デジタルカメラになってから、半導体の技術革新に引っ張られるように、カメラ性能がすぐに陳腐化する。パソコンやスマートフォンのような鮮度を競う野菜市場になった。デジタルカメラも電子機器の仲間入りと同時に、旬が短くなった。そういえば、昔、パソコンに、最速のMPU(プロセッサ)を搭載して自慢していた時もあった。古い邦画を観ると、今は年老いた女優さんたちも、若いときは美しかったとしみじみ思う。ところで、私のようなへぼカメラマンでも機器だけは、最新のものを欲しがってしまう。ニコンD60⇒ソニーNEXF3K⇒FUJI EX1と半年毎に、半値以下で中古機を売却して買い換えた。次は、○○にしようと思うが、それもいつまで我慢していられるか自信はない。
http://iwamiginzoh.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-56d6.html

|

« 官僚など褒章に値するはずはない。 | トップページ | 日韓関係を独仏に例えた朴槿恵は虚け者 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394434

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルカメラも鮮度を競う野菜市場になった:

« 官僚など褒章に値するはずはない。 | トップページ | 日韓関係を独仏に例えた朴槿恵は虚け者 »