« 世界の教科書シリーズ高等学校韓国史 | トップページ | 倫理観や責任感欠如の候補にはNO »

2014年1月19日 (日)

堀江貴文氏 著「刑務所なう。」

Image 堀江貴文氏 著「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」が面白かったので、長野県の刑務所に収監された手記「刑務所なう。」も借りてきた。堀江さんには申し訳ないが、こちらは、暖かいベットに仰向けで流し読みしている。塀の中の刑務所生活を書き連ねたものだが、どうしても食事の話が多くなるようだ。この本の中で、刑期が決っている囚人の方が、拘置所の未決囚より楽だとは意外だった。刑務所生活(小生は経験がない)とは、限られた閉じた環境で外部からの刺激は少ない。「幸せ度とは何か?」を、つくづく考えさせられる。毎日、食事や風呂のことで、気を紛らわせなければ、「ウツ」になってしまうのだろう。書評で堀江さんのことを批判しているひとも多いが、塀の中からでは、踏み込んで本音が書けないのだろう。これを読んで、塀の外にいる自分が、いかに幸せかを実感することができる。刑務所体験は、本からだけで結構だ。

|

« 世界の教科書シリーズ高等学校韓国史 | トップページ | 倫理観や責任感欠如の候補にはNO »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394269

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江貴文氏 著「刑務所なう。」:

« 世界の教科書シリーズ高等学校韓国史 | トップページ | 倫理観や責任感欠如の候補にはNO »