« 暗愚魯鈍な輩が多すぎる。 | トップページ | キーボ-ドとマウスが油で汚れてしまった。 »

2014年3月25日 (火)

人生のかけがえのない時世

Images 東京は、5月上旬なみの気候だという。今の時期は、卒業生は受験が終わり、在校生も年度替りのため学生にとっては一番いい。愚生の時代は、いまはほとんど知らない世代だろうが、一期校・二期校という時代だったため、三月末まで受験シーズンだった。四十数年以上も前になるが、大学進学のためアパートを探しをしていたことを思いだす。寄宿地は、自分と地縁も血縁もないため、不安もあったが旅の恥はかき捨てという気楽さのほうが強かった。新しい場所で、改めて友人を作る煩わしさはあったが、親から開放されたという爽快感が勝っていた。還暦過ぎて、暇になったため、懐かしい学生時代を過ごした街に、時折行く機会がある。大学のキャンパスに行けば、自分の息子よりずっと若い世代ばかりだ。当時の自分も、彼らのように初々しかったのかと思うと感慨深いものがある。そして、大学時代の学友とは今でも深い親交がある。当時の記憶を巡らせば、人生のかけがえのない時世だったと改めて感謝の気持ちが湧く。

|

« 暗愚魯鈍な輩が多すぎる。 | トップページ | キーボ-ドとマウスが油で汚れてしまった。 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394115

この記事へのトラックバック一覧です: 人生のかけがえのない時世:

« 暗愚魯鈍な輩が多すぎる。 | トップページ | キーボ-ドとマウスが油で汚れてしまった。 »