« 今年は、Sell in April? | トップページ | 最善策は米ドル預金? »

2014年4月14日 (月)

隔靴掻痒の感がある。

Images 還暦を過ぎた愚生は、人並みの暮らしができればよいと思っている。別段、才能があるわけでもないから、高望をする気はない。都合が悪いことは、自分の価値観を捻じ曲げて納得して生きるしかない。過去を振り返れば、長い勤め人時代を思いだす。そこでは、理不尽な人事をされても、我慢しながら会社務めをしている人が多かった。都会に出て来て、家族を養いながら住宅ローンなど抱えれば、背に腹は代えられない。愚生程度でも、雌伏の時もあったが、日当たりのいい時期もあった。独断的だが、スタートが恵まれている人ほど、終盤惨めな境遇に見える人が多かった。「最後に笑う者が最もよく笑う」という諺を思い出す。しかし、サラリーマンを辞めてしまえば、どの地位まで昇ったかなど全く無価値なことを悟る。年老いて思うことは、人生の残り時間が少ないことだ。疾病と向かい合って時間を消化したくない。健康な時に、心置きなくやりたいことをすべきだ。そう思ってOB会の事務局をしているが、汲み取ってくれない友人には隔靴掻痒の感がある。

|

« 今年は、Sell in April? | トップページ | 最善策は米ドル預金? »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394085

この記事へのトラックバック一覧です: 隔靴掻痒の感がある。:

« 今年は、Sell in April? | トップページ | 最善策は米ドル預金? »