« 支那と関わるとろくなことはない。 | トップページ | 日本の救助活動の支援を韓国側が辞退 »

2014年4月17日 (木)

日本人としてのナショナリズム

Mlb14041705130004p1 理科学研究所の笹井芳樹副センター長が、STAP細胞論文の件で記者会見した。その中で、STAP現象を否定できない根拠は、従来の万能細胞では不可能な胎盤にもなるからだという。愚生には、専門外のことなので理解不能な会見内容だった。結局、何が正しいのかよくわからないままだ。それぞれが記者会見する前に、理研内部で十分な意思の疎通を図ってもらいたい。ところで、今朝はマー君の試合中継が午前2時からBSで放送された。マー君が好投しても、愚生には1文の得にもならないが、日本人としてのナショナリズムからか、壮快な気分になった。一年に20億円も貰っていることは羨ましいが、それに見合った活躍を要求されるので大変だ。愚生のように、僅かなお金で質素倹約しながら余生を送るほうが気楽でいい。手に負えない大金を貰っても使い方もわからず悩ましいだろう。そうはいっても、もし大金をくれるといった場合に、愚生が断ることは絶対にないだろう。

|

« 支那と関わるとろくなことはない。 | トップページ | 日本の救助活動の支援を韓国側が辞退 »

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394081

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人としてのナショナリズム:

« 支那と関わるとろくなことはない。 | トップページ | 日本の救助活動の支援を韓国側が辞退 »