« サラリーマン根性の真髄 | トップページ | 研究者の群れなど徒弟関係の職人 »

2014年4月 9日 (水)

スタップ細胞は存在する。

Image 小保方さんの記者会見を不謹慎だとおもうが、カッパエビセンを食いながら見ている。専門事項の説明内容は、正直言ってよくわからなかった。元技術者の愚生から言わせて貰えば、寄って集って若い娘を虐めるなと言いたい。会見の結果から、実験ノートや実験写真は理化学研究所(理研)の発表と違い、何冊も何百枚もあるそうだ。理研は、組織を守るために、トカゲの尻尾きりを図ろうとしている。理研が意識的に小保方さんの非をマスコミに流し、今回の不祥事を個人の問題にして終わらせようとしている。老いた愚生の目には、小保方さんは真実を語っていると思う。受け答えに関しても役者でなければ、これほど臨場感を持って話はできないだろう。理研の調査委員会の連中こそ、端から小保方さんを嘘つきと決めつけて裁いている。今回の記者会見から、ほとんどの人は小保方さんは真実を語っていると思うだろう。彼女の応援をするのが、本来の理研上司たる者の姿だ。理研の管理職連中の至らなさが今回の問題を起こした。スタップ細胞は存在する。これが愚生の結論だ。

|

« サラリーマン根性の真髄 | トップページ | 研究者の群れなど徒弟関係の職人 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394092

この記事へのトラックバック一覧です: スタップ細胞は存在する。:

« サラリーマン根性の真髄 | トップページ | 研究者の群れなど徒弟関係の職人 »