« マー君、神の子、不思議な子 | トップページ | 日本人なら何か違和感を覚える。 »

2014年5月 5日 (月)

2014年の「中国」を予測する

417h3zah3il_sl500_aa300_ M市立図書館から「2014年の『中国』を予測する:宮崎正弘・石平」を借りてきた。宮崎正弘氏の著書は初めて読むが、石平氏と同様に中国に対して厳しい見方をしている。今、世界第二位のGDPといっても、外国企業は撤退し、不動産バブルは崩壊している。おまけに、共産党幹部や軍部が不正蓄財をし、約60兆円の金といっしょに海外へ逃亡しているという。中国は、国家としての体をなしていないと糾弾する。著書の中で面白かったことは、日経新聞が中国の実態を正確に報道していないという。中国の提灯持ちのような記事で間違いが多いと指摘する。日経を40年近くも購読している愚生には衝撃だった。中国諜報機関からの酒池肉林の接待が多いのだろうか?今後は、意識して日経を読む必要がある。親中派というひとたちは、尖閣問題で「ならずもの国家」の素顔を見ても、未だに気づかないようだ。中国は、外国人を騙すのは凄く上手で、特に日本は騙されやすいという。一読の価値がある著書だと思う。国会では独立国家なら当たり前の「集団的自衛権」などの件で、未だに揉めている。明治維新の政治家は、平和ボケした政治家連中を見て、草葉の影で嘆いているだろう。

|

« マー君、神の子、不思議な子 | トップページ | 日本人なら何か違和感を覚える。 »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56394049

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の「中国」を予測する:

« マー君、神の子、不思議な子 | トップページ | 日本人なら何か違和感を覚える。 »