« 理研の損金を国民に還元させるべきだ。 | トップページ | 吐故納新の世の中では、 »

2014年6月13日 (金)

怠惰で自立性に欠ける朝鮮民族のDNA

Korea2 韓国では、セウォル号沈没事故の責任を取って首相が辞任した。後任の首相に元最高裁判事を指名したが、賄賂性のある高額報酬を受け取っていたことが発覚して辞退していた。今回、朴槿恵大統領は元ジャーナリストの文氏を首相に指名した。この文氏が2011年に教会で行った講演が物議を醸している。講演内容は、「神様がなぜ、朝鮮が日本に侵略され、植民地になることを許したのか。そこには神様のおぼしめしがあった。神様は『お前たちは李氏朝鮮500年を無為に過ごした民族だ。お前たちには試練が必要だ』というメッセージを伝えたのだ。」と述べ、朝鮮が南北に分断したことについても「神のおぼしめし」だったと発言した。さらに、「日本から技術を受け入れたおかげで韓国は経済発展に成功した」とも述べ、日本の植民地統治を肯定した。朝鮮民族については「怠惰で自立性に欠け、他人の世話になることがわが民族のDNA」とも発言している。愚生からいわせれば、「神の思し召しか」どうかは知らないが、李氏朝鮮500年を無為に過ごし、日本に併合されるまで近代国家でなかったことは事実だ。学校もなくハングル文字も普及していなかったため、識字率も数パーセントだった。イザベラ・バードが著書「朝鮮紀行」の中で、1894年の訪問時のソウルに関して、道は牛がすれ違えないほど細く迷路のようであり、家から出た汚物によって悪臭が酷く、北京を見るまで「ソウルこそこの世で一番不潔な町」だとし、「ソウルの悪臭こそこの世で一番ひどいにおいだ。」と記している。文氏の発言は、歴史的事実だ。しかし、言論の自由がない韓国では、事実を正直に述べると、野党からは、「反民族的な発言」と批判されるしまつだ。韓国は、反日教育に明け暮れ、歴史を妄想と捏造で捻じ曲げ、いつの間にか自国民を愚民化してしまったようだ。
日本統治以前の朝鮮

|

« 理研の損金を国民に還元させるべきだ。 | トップページ | 吐故納新の世の中では、 »

ニュース」カテゴリの記事

支那・朝鮮」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56482760

この記事へのトラックバック一覧です: 怠惰で自立性に欠ける朝鮮民族のDNA:

« 理研の損金を国民に還元させるべきだ。 | トップページ | 吐故納新の世の中では、 »