« 馬耳東風と聞き流すしか | トップページ | 在日一世の大越キャスター発言 »

2014年7月23日 (水)

食料品の軽減税率を

 期限切れの鶏肉を供給していた中国・上海の食品会社「上海福喜食品」の従業員は、テレビ局の潜入取材で「期限切れを食べても死ぬことはない」と話した。そして、期限切れの利用は上層部の指示だと語った。食品会社は、マクドナルド製品を製造する際に賞味期限が半月過ぎた冷凍鶏肉を混ぜ込んだり、期限を7カ月過ぎた加工肉を使ったりしていた。賞味期限=美味しさの保証期限なので、期限を過ぎて食べても死ぬことはない。従業員の言うとおりだが、だからと言って期限切れの加工肉を使っていいと言う話ではない。もともと、支那という国は、有史以来、民主的な選挙がなされたことはない。そして、言論の自由もない国だ。賞味期限など守る気はないし、上司に言えば解雇されるというから空いた口がふさがらない。一事が万事だ。朝鮮も然り。過去の精算を、国際条約として書面で交わしお金を受け取っても、後から反故にする。近代国家のような顔をしていても、国民、国家の倫理観は、李氏朝鮮や歴代の支那王朝と全くかわらない。中華人民共和国とか中国共産党という言葉に騙されてはならない。中共という独裁国家で、既得権を持つ共産党員というヤクザ集団が、人民から略奪する。賄賂がまかり通る汚職官僚組織だ。習近平は、汚職撲滅と言うが、あくまで敵対勢力に対する粛清だ。自らの汚職には、目をつぶっている。ところで、愚生は、激安スーパーで、いつも中国産の水煮タケノコを買う。日本産の三分の一の魅力的な値段だ。今回の事件で、中国産の食料品の危うさは分かったが、背に腹は変えられない。加熱すれば死ぬことはないだろう。それより、安倍ちゃんには、食料品の軽減税率を早く導入しろと言いたい。

|

« 馬耳東風と聞き流すしか | トップページ | 在日一世の大越キャスター発言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/56870149

この記事へのトラックバック一覧です: 食料品の軽減税率を:

« 馬耳東風と聞き流すしか | トップページ | 在日一世の大越キャスター発言 »