« 愚生の不徳を痛感した。 | トップページ | 軍事経済大国の米国通貨は信用がある »

2014年9月 8日 (月)

最近は長い夢を見ることが多い。

Jpeg エドガー・ケイシーを知って、夢予知について関心を持ったことがあった。夢を思い出すには、枕元に手帳と鉛筆をおいて、体を動かす前に夢の一部を書き留めるという方法がある。一年半くらい、続けてやっただろうか?それもあってか、起きてからも夢を思い出すことが多い。理由は定かではないが、最近は長い夢を見ることが多い。夢の内容は、辻褄も訳もわからないことが多い。全く関連性のない人物だったり、過去の知り合いだったりすることもあるが、ありそうもないストーリーや場面が圧倒的に多い。愉しかったり、怖かったりすることもあるが、どうでもいい場合が一番多い。愚生の場合は、長短はともかく、ほとんど毎日見る。多いときには、日に三回くらい見ることもある。ずいぶん前だが、「夢予知の秘密 (エドガー・ケイシー秘密シリーズ )」という本を購入して、解き明かそうと試みたこともあった。しかし、愚生の見る夢は、高尚な夢ではないせいか、本に照らし合わせても全く解くことができなかった。いつのまにか読むことがなくなったので、10円で売却して整理してしまった。勤め人だった忙しいときは、夢を見てもなんとも思わなかった。しかし、最近は、時間があるせいかゆっくり内容を考え直すこともある。ところで、大学時代だったろうか?数学の問題が解けなくて、困った夢をよく見た。目覚めてから、ああ、俺は大学生なのだ。受験勉強はもう不要なのだと胸をなで下すことが多かった。こういう夢は、明々白々で解析することはないが、寝ている時まで苦しめられているようで、見たくない夢の一つだ。

|

« 愚生の不徳を痛感した。 | トップページ | 軍事経済大国の米国通貨は信用がある »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/57309358

この記事へのトラックバック一覧です: 最近は長い夢を見ることが多い。:

« 愚生の不徳を痛感した。 | トップページ | 軍事経済大国の米国通貨は信用がある »