« 中国の不動産下落と韓国のサムスン電子凋落 | トップページ | 朴槿恵とは付き合いはできない。 »

2014年11月 7日 (金)

捏造した歴史教育を施されると

200401260000721in_homecul_w 朝鮮日報は、台湾の教科書に「朝鮮は清の藩属国」と韓国を貶める内容が載ったと報じている。また、スリランカの教科書にも「20世紀初頭、韓国はアジアで最も貧しい国だった。韓国政府は非常に腐敗していた。韓国の農民たちは放置され無力だった。日本は経済的・戦略的重要性を持つ韓国に関心を持った」。さらに、スロバキアの教科書には「韓国の驚くべき経済成長は、日本と米国から導入された技術を基盤としていた」と歪曲されていると非難している。韓国という国には、歴史家はいないのだろうかと思ってしまう。現在の太極旗の原型は、18827月に米海軍省航海局が発行した『海上国家の旗』に収録されている。そこには、「属国清大」つまり「大清国属高麗国旗」と記されている。太極旗は清国の「属国旗」として作られたものだ。台湾の教科書には、正しい事実が記載されている。また、イギリス人のイザベラ・バードは、末期の李氏朝鮮を訪れ旅行記『朝鮮紀行』を残している。それには、ソウルの道は牛がすれ違えないほど細く迷路のようであり、家から出た汚物によって悪臭が酷く、「北京を見るまでソウルこそこの世で一番不潔な町」だとし、「紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどいにおいだ」「都会であり首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい」とある。スリランカは、イギリスの植民地だったこともあり、正確な過去の事実を知っている。そして、韓国の発展「漢江の奇跡」は、日本からの賠償金と援助によることも周知の事実だ。韓国が、自ら創作した妄想と歪曲の物語を、歴史と称していることのほうが問題だ。百歩譲って、自国内の教育は捏造でもかまわない。しかし、他国の正しい歴史認識にクレームをつけても、嘲笑されるだけだろう。捏造した歴史教育を施されたことも、韓国人が世界中から嫌われるようになった一つの要因だろう。

|

« 中国の不動産下落と韓国のサムスン電子凋落 | トップページ | 朴槿恵とは付き合いはできない。 »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

I love it when individuals get together and share ideas. Great site, stick with it!

投稿: ugg scontati facebook | 2014年11月16日 (日) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/57913327

この記事へのトラックバック一覧です: 捏造した歴史教育を施されると:

« 中国の不動産下落と韓国のサムスン電子凋落 | トップページ | 朴槿恵とは付き合いはできない。 »