« 付加価値とは買う側が判断する | トップページ | オスカー賞の権威自体が毀損される »

2014年12月21日 (日)

2015年NISA取引の約定日は2014年12月26日

Nisaこの歳になると、息切れ動悸などの体調不全を感じるようになる。今年も早いもので、あと僅かとなった。円安・株高と景気も回復気味で、総じていい年だったのではないだろうか。櫻井よしこさんは、産経新聞で「国民は、安倍政権の自民党しか選択肢がなかった」と記していたが、愚生もまったくその通りだと思う。安倍政権が、デフレ脱却や財政再建政策を推し進めれば、当然痛みを伴う人たちはいる。しかし、歴代の政権に比べれば、遥かに私利私欲や党利党略を排した運営がされていると感じる。ところで、NISA口座の2014年の非課税投資枠は、約定日20141225()で終わる。2015年のNISA口座の取引の約定日は20141226()で、受け渡し日が1515()となっている。「命金には手をつけるな。」という格言の通り投資枠を広げないなら、予め買っておいた含み益のある課税枠の株を、NISA非課税枠に入れ替えることが最善だ。俯瞰すれば円安・株高は、今後も続くだろうから、1225()で期末配当を貰い、権利落ちした株を1226()売買してNISA口座に入れるのがよさそうだ。どうも愚生のこととなると、話が卑小になってしまう。

|

« 付加価値とは買う側が判断する | トップページ | オスカー賞の権威自体が毀損される »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/58331265

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年NISA取引の約定日は2014年12月26日:

« 付加価値とは買う側が判断する | トップページ | オスカー賞の権威自体が毀損される »