« ○模原市民は気の毒としか言いようがない | トップページ | 損しないという保険の売り方は詐欺 »

2014年12月28日 (日)

自民党と公明党はやる気がない

589195e8 選挙が終わると公約を反故にするのは、政治家の常だ。今回はどうだったのだろうか?自民党税制調査会は、平成27年度与党税制改正大綱の決定に向け、主要項目について実施か見送りかを議論した。まず、麦芽比率などに応じて異なるビール類の酒税の税率見直しについては、先送りを決めた。税制見直しなど、とんでもない話だ。発泡酒を飲む層は、酒は好きだが外で飲む余裕がないからだ。企業努力で研究開発してきた発泡酒を、売れたから増税するという。馬鹿も休み休み言えと言いたい。売れるのは、それだけ国民が生活に困っているからだ。愚生は、缶ビールなど人からの貰い物以外で飲んだことはない。次に、あれほど選挙で前面に打ち出した食料品などの軽減税率も「長期検討」と位置付け具体化の先送りを決めた。やはり、自民党と公明党はやる気がないようだ。騙していないと言うなら消費税10%導入延期で、衆議院解散をしたのだから、必ず軽減税率の延期時にも、衆議院を解散してもらいたい。自分が損をすることとなると、何一つできない政治家連中とは哀れなものだ。国会議員定数の削減など、一日あればできることを引き延ばしするなと言いたい。

|

« ○模原市民は気の毒としか言いようがない | トップページ | 損しないという保険の売り方は詐欺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/58399653

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党と公明党はやる気がない:

« ○模原市民は気の毒としか言いようがない | トップページ | 損しないという保険の売り方は詐欺 »