« 富山の食文化は、昆布と結びついている | トップページ | つまらないメールを出してしまった »

2015年1月 5日 (月)

宇都宮発-熱海行の「上野東京ライン」

Image 北陸新幹線開業に合わせて、JR東日本は、宇都宮・高崎線(常磐)が東海道線に直通する「上野東京ライン」を運行する。宇都宮線は7~10時ごろ全20本のうち13本が、高崎線は全21本のうち13本が東海道線と直通運転される。昼間は両線とも片道1時間当たり3本ずつ計6本で、ほぼ10分おきに運行される。ただし、常磐線は品川までしか運転されず、品川から常磐線に向かう列車も9時台からの運行と遅い。事実上、宇都宮・高崎線のみが東海道線と完全な直通運転となる。東海道線の本数が、宇都宮・高崎線の運行本数にほぼ等しいからだろう。神奈川(西は熱海まで)≒埼玉+栃木+群馬の関係が成り立つからだろうか?そして、「上り・下り」が「南行・北行」と呼ばれる。一方、新宿経由の湘南新宿ラインは、昼間は片道1時間当たり計4本(宇都宮・高崎線各2本)のため、通勤時間帯は、「上野東京ライン」を使用する人は多いだろう。しかし、昼間の時間帯に都内に出る場合は、地下鉄との連絡度合もチェックする必要がある。今回のダイヤ改正で、上野駅の玄関としてのお役目は、完全に終わった気がする。愚生が、学生時代に北陸の田舎に帰省するときは、寝台特急「北陸」寝台急行「能登」、特急「はくたか」「白山」などに乗って、6時間以上もかけて行った。便利にはなるが、懐かしい記憶を呼び起こす象徴がひとつひとつなくなっていく気がする。宇都宮発-熱海行の中距離列車が走るようになると、関東地方もずいぶん狭くなったと感じる。

|

« 富山の食文化は、昆布と結びついている | トップページ | つまらないメールを出してしまった »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/58478606

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮発-熱海行の「上野東京ライン」:

« 富山の食文化は、昆布と結びついている | トップページ | つまらないメールを出してしまった »