« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

【r資本収益率 >g経済成長率】

81ghrrl1p8l 6000円もする高価な本「ピケティ『21世紀の資本』」が売れているという。今朝、NHKでその話題本をわかりやすく解説していた。
突き詰めれば、【r資本収益率 >g経済成長率】
長期的には 資本収益率が経済成長率を上回る。そして、資本収益率と経済成長率とが乖離すればする程、資産の格差が高まる。要するに、金持ちは経済成長率以上に儲かるため、貧富の格差は更に拡大するということらしい。不公平ですぐに思いあたるのは、脱税一族出身の鳩山ポッポだ。世間の厳しさを知らない鳩山由紀夫が首相となったため、日本国の尊厳は大きく毀損させられた。ところで、来日中のトマ・ピケティは、日本の消費税率を欧州諸国並みの20~25%程度に引き上げるべきかとの質問に、資産や所得の多い人への累進課税を強化すべきだと訴えた。つまり、金持ちから税金をたくさん取って、貧乏人に再配分し、富の再配分をすべきだとの主張だ。愚生の頭では、難しいことはよく解らない。しかし、生まれながらの金持ちは総じていい暮らしをするということは、経験則から理解できる。とりあえず、無料で借りられるM市立図書館に予約を入れた。読んで理解できるとは思えないが、眺めてみようと思う。ところで、昨晩のニューヨーク市場は、株価指数もリート指数も大きく下げた。そして、原油や金の価格が反発した。不思議なことに、米国債が買われ金利が下がる(債権が上がる)と株価やリート指数が下がる。常識では、ドイツ市場のように金余りなら相対的に利回りが良くなる株や不動産が買われるはずだ。株屋は、「金余りで株を買うしかない。だから、株はこれからも上がる」と囃したてるが、市場はそのように動いていない。米国株の時価総額は、GDPの140%にも達するというから、既に買われ過ぎているからなのだろうか?いずれにせよ、各国の中央銀行が国債を買い上げて、お金をばら撒くというのだから、世界的なデフレ模様なのだろう。日銀や欧州中銀は国債の買い上げ、その他の国でも金利の引き下げを行い、通貨安競争をしている。唯一、景気が上向いてこれから金利を上げるという米国通貨のみ信任を得ているようだ。そう思うと、米国通貨預金や米国に投資することは理に適っているように思える。日経平均指数が上昇するといっても、【日経平均指数<150ドル×為替】を越えない範囲だろうから、それほど期待はできない。REITの予想分配金利回りが債権金利に比べて相対的に高い水準なことは事実だから、一時的な調整局面があっても、大きく崩れるとも思えない。金地金は無くても生活はできるが、原油は必要だろう。ただし、原油は余剰在庫がいっぱいで、タンカーまで保管庫にしているとういうから、1バレル43ドルの安値を付けたが、一段安も考えられる。当面、「麦わら帽子は冬に買え。」の格言通り、40ドル割れの原油を買い下がっていけば、いずれ花が咲く気もする。愚生のような資産もない者は、考えるだけ時間の無駄のような気もする。そう思いながらも、海外株の投資信託はすべて売却し、海外リートだけは残した。そして、金ETFを売却し、原油ETFを少しだけ買ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

早急に1割負担から2割負担にすべきだ。

Shopping 昨日、税務署から確定申告のお知らせハガキがきた。例年なら、確定申告用紙を送付してくるので、税務署に確認の電話を入れた。税務署の言うには、愚生のようなパソコンで印刷して提出する申請者は、ハガキ通知になったという。確かに、用紙が無駄になるため良いことだと思う。年金受給者の場合、税金が控除された額が支給される。そのため、分離課税以外の事前徴収課税額が多ければ、確定申告で取りすぎ分の税金が還付される。愚生には扶養者がいるため、計算してみると還付対象者だった。税金を払わない人が多いから予め天引きする徴収方法は一利ある。しかし、愚生のような者まで還付対象者というなら、確定申告しないで損をしている人は多いだろう。専業主婦控除で76万円、医療費控除、社会保険控除・・と引いていけば、年金支給額が少ない愚生などは、税金を還付してもらえる。一方、株や不動産の売買収入は分離課税だが、M市では国民健康保険の徴収基準に含まれるため、多少利益がでると保険料が50万円以上にもなる。医療費負担の増加が、財政基盤を揺るがすというから、承服しなければならない。日本国という互助会の中で、お互い助け合わなければならない。それなら、ある程度収入がある高齢者の自己負担率を上げることは当然だろう。更に、多少失礼な言い方かもしれないが、生産性もない高齢者医療費負担も、早急に1割負担から2割負担にすべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

愚生の頭がウニに

Images 一昨日、M市立図書館から「東京は郊外から消えていく! 三浦展」を借りてきた。初版2012年8月というから、アベノミックスが以前に出版された。郊外のゴーストタウン化を示唆した本で、一読の価値はあると思う。団塊世代が東京圏に流入し、郊外に大量の住宅が供給された。しかし、地方の衰退は勿論のこと、東京圏であっても、今後は少子高齢化で郊外の物件は空き家率が40%にもなるという。東京圏の住宅需要は、これまでの団塊世代と違い、団塊世代ジュニアの生活は、単身世帯だったり、夫婦共稼ぎだったりするため、利便性の良い都心近く住む。そして、団塊の世代であって、富裕層は不便な郊外から都心に移り住むようになる。そのため、長期ローンを払い終えたと思ったら、郊外に手に入れたマイホームが資産価値のない「クズ物件」となっていたという。田舎から東京に出てきて、その風景を実体験してきた愚生には、痛いほどよく解る内容だった。ところで、先週から今週にかけて、スイス中銀、欧州中央銀行(ECB)、ギリシャ総選挙、連邦公開市場委員会(FOMC)と続いた。世界中が量的金融緩和でバブル状態だ。愚生のような、雀の涙ほどの資産しか持ち合わせていない者でも、右往左往している。昨晩のFOMC後に、米国株は大きく売られた。一方、債権が買い進められ、10年債の金利は1.73%となった。原油も金も売られ、商品市況も弱含んでいる。この状態を、どう理解すればよいのか整理してみた。大量にお金がばら撒かれても、債権の金利がこれだけ低ければ、投資する対象は少ない。日本に限らず欧米の債権に投資しても、リターンはないから、資産保全の投資対象として、株、債券、金、REIT(不動産ファンド)くらいしか思いつかない。その一方、日銀の買い支えで底値を保っている日本国内の株やREIT(不動産ファンド)も盤石な資産とは言えない。米国は、景気が上向いてきたので、量的緩和を止め、金利を上げるというから、円安・ドル高基調は変わらない。欧州の金融緩和で金価格が上昇するというが、ドルが堅調なら、金利の付かない金地金がそれほど買われることはない。金の実需は、インドや中国のため、中国景気の低迷で金も原油も価格が低迷する気がする。そう考えると、債権より利回りがいい米国株や米国REIT(不動産ファンド)くらいしか投資先がないように思う。しかし、米ダウ株価指数は、ここ2日で500ドルも下げた。そして、株式アナリストは、2015年後半は円高・米国株安という予想が多い。愚生の「頭がウニ」になってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

サムスン電子と現代自の凋落は韓国の終焉

O0800052612913089303 米アップルiPhoneの世界に占める販売台数は、中国36%、米国24%となった。2014年10~12月期決算は純利益が前年同期比38%増の約2兆1000億円、販売台数は7446万台と前年同期から46%増加した。米株式市場の時間外取引で株価は急伸し、約5%高の114ドルとなった。中国市場でも、第4・四半期の出荷台数が韓国サムスン電子・中国小米科技を上回り、韓国市場でもシェアを伸ばし過去最大となる33%のシャアを獲得た。韓国サムスン電子のスマホ凋落が、とうとう決算で表れてきた。これまで、サムスン電子はアップル製品のパクリ戦略で拡販してきたが、iPhone6の大画面化でとうとう差別化の種も切れたようだ。OS供給元の米グーグルとも不和になっているというから、土台からビジネス基盤が崩れてきたようだ。サムスン電子のスマホと現代自動車の凋落は、韓国経済の終焉を意味する。韓国の新聞にも、日本で嫌韓ムードが拡散し、韓国製即席麺の最大の輸入国だった日本の輸入量が3年間で半分になったと報じている。日本人の観光客も減ったし、マッコリもカップ麺同様に日本では売れなくなった。そして、来月2月23日で、残り100億ドル分の日韓為替スワップも終了する。延長については、朴槿恵が助けて欲しいと土下座して日本に頼めば考えるというスタンスだから、延長などありえない。このままでは、韓国もギリシャのように国家破産に追い込まれると悲観的な論調も目立つようになった。ギリシャのようにというが、ギリシャは観光立国であり、農業も豊かだ。一方、韓国と言えば、観光資源も農業にも、特筆するものは皆無だ。韓国の景況感は、不動産価格の先高感、先安感によって左右される。韓国では、不動産の高値を期待して、個人が借金して物件を購入してきた。その結果、個人の負債が拡大している。今後、韓国の不動産価格が値下がりすれば、バブル崩壊で不景気どころでは済まず、社会不安を招く。今まで、朴槿恵が日本にしてきた悪行を、胸に手を当て考えてみろと言いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

外貨建て資産を持つ必要性がある

Cdn39atwikiimg 米国リート指数が上昇している。Dow Jones Equity All REIT Indexは、リーマンショク前の値を越えた。サブプライムローンで、米国不動産バブルが崩壊した時から比べれば、倍以上となった。景気対策の量的金融緩和で、債権が買われすぎ、利回りが史上最低にまで低下してしまった。そのせいか、多少リスクはあっても利回りのいいREITに資金が向かったようだ。当時のDow Jones Industrial Average株価指数は14,000ドルで、高くなったといっても、今が17,678ドルだから、まだ伸び代があるのかもしれない。金以外のコモディティ商品は、デフレのせいか極めて安い。その金も、ギリシャの選挙が終わった後は、1オンス1,280ドルと冴えない価格だ。どうも、日本の円安・株高が継続しそうで、今朝の日本株は上がりそうな気がする。風見鶏のように、「英金融大手HSBCは、2015年末に1ドル=128円、2016年末には1ドル=130円まで円安が進むと予想」という記事もでる。円安は家計の実質収入を目減りさせる。資産を円で持つことは、日本国内に住んでいても円安の影響から免れ得ない。目減りを防ぐ意味でも、やはり外貨建て資産を持つ必要性がある。外貨建て資産残高は、1年前に比べて16%増えたというから、愚生同様に多くの人が運用資産を、米ドル建ての株や上場投資信託に投資しているのだろう。お金をばら撒くのは簡単だが、回収するのは容易でない。政府は、撒いた金を放置したまま、円価値の毀損で帳尻を合わすような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

もともと金銭は寂しがりや

Fa295150af38316175ec9796f915a511 「指値を取り消すな。」という株式格言がある。株を買う時は、安く買えば安全だ。絶対損しない価格で取得しようと、虫のいい指値で指す。無理に買うことはない、というくらいの気持ちで冷静に判断しているからだ。これまで何度も経験があることだが、最初に指した安い指値で買えたのに、指値を上げて買い向かって、高い価格で取得したことが多い。高く買えば、当然上値は限られているから儲けも少なく、反対に下落余地が大きいため損するリスクが増す。これまで解っていても出来なかったのは、欲の皮が突っ張っているせいだ。こう思うと、株や為替で儲ける人は、分析力などよりも、自己欲求をいかに抑えられるかが重要だ。儲けるひとは、欲の皮が突っ張ったような売買をしないからだろう。バブル期の愛読書といえば、邱永漢氏の著書が多い。直木賞作家だけあって、読み易い文章で、解りやすく書いてあるからだ。その中に、「お金にいうことをきかせようと思えば、お金の性質をよく知り、お金に気に入られように心掛ける必要がある。お金の性質を知らない人は、お金に逃げられるし、愛想をつかされるし、一向に相手にしてもらえない。」とある。そして、「もともと金銭は寂しがりやで、仲間の多く集まるところに集まりたがる。いい働き口があると、お互いに教えあって、大勢で出かけていき、しばらくすると、また孫や子までゾロゾロと引き連れて戻ってくる。お金は居心地がよいようになると、類を以って集まってくるから、どうしてもお金の居心地が良いようにしてあげないと、折角、つれてきても長い無用とばかりに姿を消してしまうのである。」とある。要するに、お金は儲かっている人を慕って、さらにその人を儲けさせるようだ。愚生もそうありたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

住みやすい県の上位にランクされる富山県

16 北陸新幹線の開業が迫ったせいか、富山・石川の名物や名産を紹介する番組が多くなった。ずいぶん昔に田舎を捨てた愚生は、懐かしさや目新しい発見を感じる。最速の「かがやき」は、東京⇒富山を2時間8分で結ぶ。東京⇒大宮⇒長野⇒富山しか停車しない。上野・高崎・新潟県内は素通りだ。なぜ上野駅など造ったのか、上越新幹線や東北新幹線を利用する機会に思う。事情はいろいろあっただろうが、政治家による大きな無駄遣いだ。高崎駅の通過駅化は、東北新幹線の場合でも、青森行きのなどの遠距離列車は、宇都宮駅が通過駅となるので予想はできた。そして、新潟県の上越妙高駅の通過駅化は、最後までもめたことは記憶に新しい。新潟県泉田知事は、県内に全電車停車しなければ、北陸新幹線の地元建設費負担を払わないと約束を反故にした。結局、ゴネ得で国から並行在来線支援名目で780億円を獲得した。泉田知事という人は、目立ちたがり屋で東電の原発稼働についても生半可な知識でいろいろ発言している。自分達さえ良ければ、他はどうでも良いと公共の利益を全く考えなない新潟県民気質丸出しの人だ。上越新幹線の建設に、新潟県は一銭も地元負担費を支払っていないことを忘れているようだ。県民性はともかく、富山・石川・新潟を比べれば、違った顔が見えてくる。新潟県は、県域が大きいぶん、所得格差や、開けている所とそうでないところの差が非常に大きい。一方、富山県は、所得・工業出荷額をはじめとして、県全体として平均的で、いわゆる住みやすい県の上位にランクされる。外からのイメージとは違い、実態は、富山・石川・新潟の順で裕福だ。「金持ち喧嘩せず」という故事は、平成の大合併を上意下達でコンセンサスが得られた富山県人の県民性をよく表わしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

遠き親子より近き隣

37973658_624 毎週土曜日に、田舎の介護施設にいる母に、罪滅ぼしも兼ねて電話をする。今朝も、30分くらい雑談をした。お袋は、相変わらず上から目線で、還暦過ぎた老人息子に説教をする。歳を重ねても、時空は昔のままのようだ。年老いたせいもあって、相手に対する配慮も多少欠き、自己中心的な思いを言う。そして、依頼心が強くなってしまったようだ。少しでも、それを指摘すれば、長生きしたことが不幸だとか、年を取ったらわかるようになると、脅迫まがいに言う。「遠き親子より近き隣」というが、お袋も遠くに住む放蕩息子より、近所の親しい友人のほうを信用しているようだ。今年の三月には、長い間待った北陸新幹線が開通する。東京から2時間で行けるようになる。今までは、遠くに住むことを理由に、ご無沙汰することが多かった。これからは、行こうと思えばすぐにでも行けるようになった。子どもは親に「感情の種」を植えられるというが、多少わずらわしい気持ちもある。これは、お袋に植えられた感情の種だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

今後も円安・株高の流れ

Ecb_395 欧州中央銀行(ECB)は、定例理事会で、量的金融緩和策の実施を決めた。ECBドラギ総裁は「2%に近い中期的な物価上昇率の目標達成」が見通せるまで必要なら量的緩和を続ける考えを示唆した。ユーロ圏も日本と同様なデフレに陥っているようだ。ECB指揮下の各国中銀は、毎月約8兆円の国債を含めた資産の買い取りを20169月まで続けるという。この決定は、事前に仏大統領からも漏れていたためユーロは売られていた。決定内容は、予想されたものだったため「噂で買って、事実で売る」という流れかと思っていた。しかし、昨晩の欧米の株やREIT指数は大きく上昇しユーロも売られた。同時に、円もドルに対して大幅安となった。今後も円安・株高の流れが続き、今日の日経平均も大きく上昇しそうだ。米国の量的緩和(QE3)は終了したが、日欧は再来年度上期いっぱいまで、量的金融緩和で紙幣を乱発するというから、世界的な金融緩和で金余りの状態は変わらない。その結果、今後もドルが買われる展開が続くようだ。一昨日、確信が持てないので、少しだけ海外株式指数とREIT指数を買い入れた。ところで、なぜ儲かるときは少なく、損をする時は大きいのかわかる。「麦わら帽子は冬に買え。」の通り、周りがそう思わない時期は、不安で慎重になり、少ししか投資しない。一方、「赤信号みんなで渡れば怖くない」という状況では、欲の皮が突っ張った状態で大きく買いを入れ、大損をする。そう思うと、今日は買わないほうがいいのかもと悩んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

スティーブ・ジョブズの素晴らしさを再認識

Macintosh_128k_transparency マイクロソフトは、発売予定の次期OS「ウィンドウズ10」を「7」以降の利用者に無料で提供すると発表した。グーグルや米アップルはOSアップグレードが無償だったが、OSで儲けていたマイクロソフトも期間限定だが追随する。マイクロソフトの「ウィンドウズ8」は、アップルのタブレット製品を模倣したものだ。愚生の持っているI-Padは、第三世代だが、ネット経由で無償アップグレードされるため、OSは最新の8.1.2となっている。「ウィンドウズ10」の特徴は、スマホとの連携機能の強化というから、不要の顧客はアップグレードなどしない。はっきり言わせてもらえば、愚生など「ウィンドウズ7」から「ウィンドウズ8」PCに変えたとき、一週間ぐらいストレスがあった。使用もしない機能のために、顧客ビューを変えられたため多少腹が立った。マイクロソフト社の歴史は、模倣ソフトのオンパレードだ。MS-DOS⇒CP/M、Windows⇒Macintosh、Excel⇒Lotus 1-2-3、PowerPoint⇒Lotus freelance、IE⇒Netscape、「ウィンドウズ8」⇒iOSタブレットとすべてが模倣だ。ビル・ゲイツは、ビジネスマンとしては大成功者だが、スティーブ・ジョブズほどエンジニアらリスペクトされない理由だろう。ところで、愚生のPCは、レノボ製品の「ウィンドウズ8」だ。OSが無償アップグレードといってもハードとの整合性があるかどうかわからない。「7」以降の利用者に無料といっても、ノートPC「ウィンドウズ7」のハードスペックで「10」を安定に動作させることは、ほとんど不可能だろう。スティーブ・ジョブズの素晴らしさを、改めて再認識させたれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

金価格が底値、もしくは底値を模索

S3reutersmedia 昨日、日経ラジオで投資アナリストの林則行氏は金の採掘価格は、1オンス=1800ドルなのでいずれ供給が減ってくる。金価格は、来年には2倍になるとの話しだった。そう思って、金相場を見れば、スイス中銀が為替上限を撤廃した以降、上昇している。林則行氏の経歴はと見れば、コロンビア大学MBA、日米の運用機関でアナリスト、ファンドマネージャーを歴任し、2000-2006年、世界最大の政府系ファンド・アブダビ投資庁で日本株式運用部長というから実務豊富なファンドマネージャーだ。金採掘価格は、1200ドルと頭の中に刷り込まれていたため、意外な気がした。SPDRをみれば、金保有が742トンと数年前の半分だから、ずいぶん売り込まれたようだ。久しぶりに、昨日引けに500口程度、金ETF1540を買ってみた。しかし、英バークレイズのアナリストは、2015年は金価格が新たな安値を試す展開になるとし、1オンス=1130ドルを下回ると予測する。また、スイス銀行UBSアナリストは、貴金属の今年の価格見通しを下方修正し、今年の金価格の予想は1オンス=1200ドルから1190ドルに引き下げた。ただし、顧客向けノートでは、金相場の軟化は、大半が織り込み済みのため相場をさらに押し下げることは少ないという。どうも、アナリストの見方もかなり分かれているが、金価格が底値、もしくは底値を模索する時期だ、というから買い場かもしれない。以前、金に投資して思ったことは、金価格そのものよりドル・円の為替相場のほうか大きく影響する気がした。それが理由で、最近はドル資産で持つことのほうを選んでいる。金は円安には有効な手段だが、金利が付かないため配当は出ない。金利上昇局面で、金価格は上がる芽は少ない。朝令暮改の愚生は、今朝の寄りですべて売却した。ただし、長期で持つにはメリットがある。為替がドル・円115円近辺で、1オンス=1200ドルぐらいになれば、4500円くらいまで下がる。そう思って、長期間に亘った指値を入れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

支那は習王朝、南鮮は朴王朝、北鮮は金王朝

20130726_617167 今朝【正論】の「法治主義」は参考になった。中国や韓国の法治はおかしい。日清戦争とその結果の下関条約で直接近代に押し流され、日本のような中世や近世はなかった。以来120年間、中国は近代化をする気がなく、韓国は近代化の根本である法治主義に失敗した。朝鮮の支那との外交史は、宗藩関係(宗主権をもつ国と他国からの支配を受けてる国との関係)という、手なずけとばかし合いの関係だった。今世紀に入り、中国はアジアインフラ投資銀行とか、中韓の自由貿易協定などの朝貢外交に余念はないが、農産物や自動車などの主力商品が関税撤廃の対象外になっている。形ばかりの協定で、全く実効性は伴わない。一方、韓国は法治主義が崩壊し、李朝並みの濫囚・濫刑・濫赦に戻りつつある。産経新聞社のソウル支局長起訴やセウォル号船長の死刑求刑などがそれである。そして、われわれの海の対岸にいるのはこのような人々であり、別に驚くにはあたらないと締めくくっている。要するに、相手は元々まともな連中ではないから、しょうがないという主旨だろう。近代国家風な組織や名前があるから騙されるので、韓国には三権独立など初めからない。支那は習王朝、南鮮は朴王朝、北鮮は金王朝と思えば容易に納得できる。そんな相手に、伊藤忠は5000億円も、日本からお金を持ち出し投資するという。投資したお金が、日本向けの戦闘機やミサイルに替えられてブーメランのように戻ってくるだろう。いくら商売と言っても国益を考えない守銭奴では困る。株を持っていればすぐに売却するのだが、あいにくM商事とS商事だった。僅かな抵抗だが、今後、藤忠が出資するファミマでは絶対に買い物をしないことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

シャープを立て直すには、もう遅い

28142006174 シャープの20153月期決算が、再び連結最終赤字に転落する。テレビなど主力製品で採算が悪化し、赤字は数百億円規模にのぼるようだ。中期経営計画を撤回し、今春をメドに新たな再建計画を策定するという。愚生が勤め人だったころ、12月の年末は来年度の事業部計画の作成あたっていた。シャープの中期計画は、3年毎のようだから▼6000億円近くの最終損だった2013年末に作成されたものだ。次年度2014年度は、既に見えていただろうから、一年で狂いが生じたことになる。売上高は従来予想の29千億円を下回り、営業利益は前期比半減の500億円前後というから、本来増えなければならない本業が儲かっていないことになる。円安・ドル高で、海外で生産する白物家電や太陽電池などの輸入採算も悪化、電子部品事業も赤字になる見通しだというから、すべてで儲かる事業がなくなってきているようだ。そして、183月期を最終年度とする新たな計画に作り直すという。不採算事業の撤退など抜本的なリストラ行い、新規事業の育成にも取り組むとある。しかし、新規事業の取り組みなど、今から容易にできることではない。構造改革というリストラ計画で損益を改善するしかないだろう。そのためには、銀行に新たな資金を提供して貰わないとリストラもできないが、収益で儲かる事業がなければ、いくらリストラしても企業再生はできない。「シャープの強みとは、いったい何だろうか?」愚生が若かったころ、奈良の大仏があるシャープによく行ったものだ。担当社員は、生き生きとしていて儲かっている会社は違うものだと思った。昔のF社のようだと言いながら、当時のF社の体たらくを嘆いていた。振り返れば、シャープも昔はワープロ書院やMZ80などのパーソナルコンピュータも作っていた。インクジェットプリンターでは、IO700という機種も懐かしい。あのころの闊達なシャープを取り戻さなければ再生はありえない。肥大した部品事業液晶パネルは、半導体のメモリ投資と同じだ。海に網を入れてみるまで魚がいるかどうかわからない。同じ半導体でも、汎用メモリではなく、ASIC、システムLSIASSPを扱っているなら事業は比較的安定している。撮像素子に特化したソニーの半導体事業などは好調だ。シャープトップの経営陣が、事業の選択に注力した液晶パネルが、汎用半導体事業だと思わなかった見識のなさが今を招いている。今からシャープを立て直すには、もう遅い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

五感機能の多重化使用は不可能

Eye グーグルグラスが「個人向け販売中止」となった。ウェアラブルコンピューターという試作品は、ずいぶん昔に、IBMなどからも発表されている。コンピューターではないが、身近につけるものでは、ヘッドマウントディスプレイなどもある。1990年代後半に登場したコンシューマー向け製品は、発売当初は話題になったものの、売れずにやめたメーカーは多い。通常のディスプレイにはない利点があるが、逆に欠点も多かった。もっとも多いのは、眼球への負担が大きいことだろう。当時、オリンパスが発売したヘッドマウントディスプレイを購入したが、多少臨場感はあるが鬱陶しく、すぐに使用しなくなった。話は多少それてしまったが、愚生はウェアラブルコンピューターという概念自体に疑問を持つ。人が外界を感知するために、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚がある。そのうちの、最も重要な視覚や聴覚を多重化して使用することになる。例えば、運転中や歩行中にウェアラブルコンピューターを使えば、他の動作への集中力は鈍くなる。バックグラウンドで音楽を聴きながら歩行している場合でも、背後から近づく車に気づくことが遅れたりする。五感機能を多重化して使用するなど、万人には訓練しても容易なことではないと思う。パソコンをノートパソコンやスマホで代替えすることは、携帯性を向上させただけだ。運転中や歩行中に使用すれば、注意力が散漫になる。それを避けるためには、使用しないことだ。ウェアラブルコンピューターの問題は、常時使用することを前提とした発想だ。しかし、この考え方が問題というなら、ウェアラブルコンピューター自身の普及などあり得ない。一般人が、宇宙船や戦闘機のパイロットのように、五感を使用することなど不可能だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

野卑滑稽な反面教師として

139263513700628558225 今朝の【産経抄】に面白い記事があった。東日本大震災の直後「かかるとき かかる首相を いただきて かかる目に遭ふ 日本の不幸」と和歌に託した俳人がいた。もし民主党政権ではなく、菅直人が首相でなかったら、という悔悟の念を表したものだ。そして、20年前の阪神大震災時も同じ思いだっただろう。自民党と社会党、さきがけが野合し村山富市が首相だったため、首相官邸の初動は、信じられぬほど鈍かった。阪神大震災は午前5時に起きたが、閣議が開かれたのは、午前10時をまわっていたという。政争に明け暮れ、自身の権力闘争に忙しく、国益など全く頭になかったからだろう。その村山、菅の両元首相は、今に至っても日本国を貶めるために、政治活動を行っている。村山など韓国に招待され、日本の代表のような顔をして、日本国民の迷惑など顧みず日本批判を繰り返す。自分の存在価値を鼓舞したいのだろうか。ところで、村山富市を首相に選んだのは、国民ではなく自民党橋本竜太郎やさきがけの武村正義だ。そして、民主党を選んだのは国民自らだ。いずれにせよ、国民が選んだ国会議員がやった不始末だから、我々自身も自戒すべきだ。ただ、彼らにも功績はある。村山富市の愚行で、社会党左派の流れをくむ社民党 は崩壊して泡沫政党となった。一方、菅直人がゾンビのように名を連ねる民主党は、支持者が離散して回復の兆しもない。野卑滑稽な反面教師としては、今も日本国民に貢献しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

スイスフランを売っていた投機筋は大損

19 スイス国立銀行が自国通貨スイスフランの上昇を抑えるために対ユーロで設けていた1ユーロ=1.20スイスフランの上限を撤廃すると発表したため、市場は大混乱した。これまで、スイスフラン高を抑えるために、外国為替市場で無制限にスイスフランを売り、ユーロを買ってフラン高を防いできた。今回為替介入を止めたのは、ECBの量的緩和観測からユーロ売り・スイスフラン買いで膨れ上がったスイスの外貨準備高はGDPの7割を超える規模に膨らんだことが原因なのだろう。スイス国立銀行の抱えるユーロ建て資産が際限なく拡大し、これ以上買い支えができないのが本音のようだ。しかし、1ユーロ=0.86スイスフランと30%近く急騰したため、ユーロが下がるとみて、連動すると思ってスイスフランを売っていた投機筋やヘッジファンドは大損したことだろう。当然、スイスフラン換算の外貨準備も大きく毀損したことになる。スイスの場合は、公式に中央銀行が介入していたが、半島の国は米国から散々非難されても為替介入を裏でおこなってきた。そして、その規模も額も報告していないため、韓国の外貨準備といっても債務を清算した後、いったいどれだけあるのかも不明だ。日本との為替スワップも止めたことで、韓国ウォンは紙幣として国際通貨の裏付けはない。そういう国の朴槿恵大統領のやったことといえば、反日告げ口外交だけで、経済・外交・国内問題と、どれをとっても上手くいっていない。世界広しといえど、最悪な無能大統領だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

コンピューター相手に勝てるはずはない

2 株や為替のアナリストの予想を聴いていると、朝令暮改に混乱させられる。一日経つと、前日と全く反対の予想を言う。愚生の勘繰りだが、投機筋がポジション解消のために、市場の指標に関連つけて売買しているだけのような気がする。先週まで、日経平均2万2千円と威勢がいいと思ったら、NY市場が崩れると短期的に一段安で1万5千円もあるとの予想をいう。ここで、アナリストの深層心理を読み取ってみると面白い。彼らの予想を聴く顧客とは、鵜の目鷹の目で儲けようとする欲の突っ張った投資家だ。話を聞いて儲け話でなければ、誰も周りに集まらない。株屋とて、手数料で稼ぐのだから、投資家が売買してくれないことには話にならない。上がっても下がってもいいから、出来高が伸びないことには利益が出ない。今朝は、昨晩NY株式市場が大きく下げたが、不思議なことに日本市場は上げから始まった。市場が開く前のアナリストの予想(NY市場の映しなら愚生でも可能)と全く逆になった。それと同時に、米ドル・円は117円半ばと、為替ヘッジで円は売られた。ところで、大きく市場を揺らす投機筋は、コンピューター売買だろうから、市場の流れを揺さぶりながら短期に利益を取っていくのだろうか?もしそうなら、愚生のような凡人が、投資家の深層心理を看破する複雑なプログラム構成を持つコンピューター相手に、短期的に勝てるはずはない。ただ、いくらコンピューターが、市場を誘導したところで、長い目で見た経済指標を覆すことはできない。愚生にできることは、市場を俯瞰して長期的に見るしか対抗手段はない。そう思い、昨日ポジション解消だろうが円が買われた時に、反対にドルを少し買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

米国は歴史からなにも学んでいない

Img_0 ローマ法王フランシスコは12日、バチカンで行った新年のあいさつで、広島への原爆投下に触れ、「1945年8月6日、われわれは人類史上、最も恐ろしい惨事の一つを目撃した」と平和な世界を構築するよう訴えた。法王は昨年11月に広島や長崎の原爆投下に関して記者から質問された際も、被爆の歴史から「人類は何も学んでいない」と述べていた。法王は言及しなかったが、米軍の東京大空襲も国際法違反は明らかだ。約10万人が死亡した東京大空襲は、非戦闘員の殺傷を目的としており、「作戦任務」の目標は、軍事施設ではなく「東京市街地」と明記されていた。最初から、一般住民を標的にしていたことは明らかなのだ。被害者年齢層の4割近くが未成年だったことから、米軍による子供の大量虐殺にほかならない。焼夷弾を使用した夜間無差別爆撃の作戦計画作成に当たったロバート・マクナマラ元国防長官は「私は戦争犯罪を行った。負けていればだ。」と自ら認めている。太平洋戦争について、戦勝国の米国は自らを全て正当化し、問題を敗戦国日本に押し付けるという嘘が、歴史検証がなされた今、戦後70年以上も続くはずはない。先般、米国サキ報道官は、安倍晋三首相の戦後70年の首相談話について言及するなど、米国の傲慢には辟易させられる。今回のローマ法王の新年のあいさつは、米国は歴史からなにも学んでいないことを、改めて指摘したのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

朴槿恵は自らを省みるという思考がない

756352_13890910567knc 韓国の朴槿恵大統領は、円安が国内経済に悪影響を与えていると、あいかわらず日本批判を繰り返している。韓国と日本の輸出品目の競合は、自動車や電機製品など一部に限られる。どちらかといえば、サムスン電子など主要輸出企業の収益悪化は、中国企業との競合によってもたらされる分野が多い。韓国は、OECDメンバー(先進国)であるが、投資家向け分類では、新興国扱いされている。韓国が先進国としての投資対象にならないのは、市場開放と為替の自由化がされていないことが理由らしい。米政府からは、韓国当局の為替介入を繰り返し批判されている。その証拠に、韓国の外貨準備高に占める米ドルは、大方為替介入で積み上げられたものだからだ。こういう事実と照らし合わせると、朴槿恵というひとは、他国(日本)を批判する前に、自らを省みるという思考がないようだ。口を酸っぱくして叫ぶ従軍慰安婦の前に、朝鮮戦争時の朴正煕(高木正雄)が拉致した米軍慰安婦、ベトナム戦争時にベトナム人女性に犯した強姦・殺戮・拉致と数えきれない悪事など、頭の隅にもないようだ。こういう非常識な大統領が、世界に向かって何を言ったところで、相手にされるはずもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

目いっぱい米ドルに替えて、何もしないこと

 Hqdefault 豊島逸夫氏のコラムに、原油の急落傾向に歯止めがかかるとの楽観論は極めて少数派だ。通年でも民間では原油価格の低迷長期化という見通しが多数派だという。勿論、先のことは神のみぞ知るだが、識者の見方は傾聴に値する。FOMC議事録には、原油安により物価上昇率が低迷しても、利上げを敢行するために、「日欧の追加緩和頼み」という本音が見えるという。そして、豊島氏の議事録の英文解釈では「日欧が追加緩和するという前提で、世界経済の成長鈍化が米国の利上げ時期を遅らせることはない」と読めるという。そういう観点が事実なら、日欧のいっそうの金融緩和もありえる。ドル・円が、上げ下げしながら円安に振れるのは、市場の一般的見方だ。そして、原油安であっても2%のインフレ目標を達成するには、日銀のさらなる金融緩和が必然となる。今後の日銀の金融政策は、知る由もないが円安誘導しか解がないことも事実だろう。円安・株高が続くかどうかはわからないが、米ドルに対して円価値の毀損なくして、日本のインフレはありえないような気がする。市場を俯瞰すれば、今年は円高に振れるときに、「目いっぱい米ドルに替えて、何もしないこと」が最も投資効率がよく、リスクが少ないような気がする。ただし、愚生の予想などは、全く信用にあたいしないし、根拠もないことは、言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

米国投資で保険を掛ける以外に手はない

Dollar 日本もドイツも第二次世界大戦後、債務過多となりハイパーインフレーションを起こした。結局、政府が戦前発行した紙幣は紙くず同然となり国民負担を強いる形で債務問題を解消した。それが直接的な原因かはわからないが、高度経済成長と人口増、核家族化などの社会的な要因で土地神話が生まれた。その後、バブルがはじけて日本の土地神話が崩壊した。長引くデフレにより経済が停滞し、政府債務が膨れ上がってしまった。政府が財政再建を達成するには、これからも増加を続ける社会保障費の削減が必須なことは自明だ。アベノミックスで取り組む中で、日銀による大胆な量的・質的金融緩和が行われている。マネタリーベースが年間80兆円増加するように長期国債まで買い入れ、ETFやREITも買い増した。国債の買い入れ額などは、新発利付債のほぼ全額に相当するまでに達した。日銀は、国債のほぼ全額を自分で発行して自ら買い入れて消化している。大胆な金融緩和は、デフレから脱却し、インフレ目標実現に向けての日銀の施策だ。国債の大量購入によって市場金利を低位に安定させ、実質金利を低くして民間の資金需要を喚起する目的だ。しかし、日銀が大規模な金融緩和を行うことは、自国通貨である円の価値を毀損させる意図とも捕らえかねられない。円の信認を失えば、大幅な円安とハイパーインフレーションの危険もはらむ。ところで、世界指標の比較がドルベースで行われる中、EUを含む先進各国が大胆な金融緩和を行った結果、ドルの信認が強まり米国債の金利が低下した。米国債券高、米国株高、米国REIT高が現状だ。そして、日本株もそれに引っ張られる形で上昇したが、ドル換算で株価が上がっているわけではない。政府が日銀券をばらまいていることを考えれば、円安とハイパーインフレーションの可能性を否定できない。隠居老人の愚生などは、末永い年金生活などあてにできそうもない。有効な手段が見つからないなら、米国通貨や米国投資ファンドで保険を掛ける以外に手はなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

王様の耳はロバの耳

96c77354cf70eaee285e0cbbc0c634a3 日本ロッテホールディングスは韓国と日本のロッテグループを支配する会社だ。そのロッテ持ち株会社の経営陣から重光宏之副会長(創業者の長男)が追放された。業績不振が原因のようだ。昨年、ロッテホテルは、防衛省主催のパーティー予約を開催前日に突然キャンセルした。このロッテホテルの非常識な商慣習は、ロッテは日本企業ではなく韓国企業だと日本人に知れ渡ってしまった。愚生も仕事でソウルに行ったときは、ロッテホテルを常宿としていたから呆れた。あの事件以来、ロッテ製品やロッテ関連の商品や店を避けている。そろそろ、日本人の内なる不買運動が効果を挙げてきたことが原因だろうか?大多数の日本人が韓国を嫌う中、韓国系オーナーの長男が副会長で実権をふるっていたら一段と業績が落ちると創業者は見たのだろう。一方、韓国ロッテも、第2ロッテワールドの地下駐車場、地下2階~5階に大規模な亀裂が入って問題になっている。日本企業であれば、能力の有無で経営を引き継がせるところを、大韓航空のように実績もないオーナー一族が牛耳っているようでは、優秀な人材を採用することができない。ところで、ファナックは資本家でもない稲葉一族が役員占めている。同族企業には、人材が集まらないだろうから、いずれ業績悪化で稲葉清右衛門一族は排除されるだろう。聞く耳を持たないワンマン社長を見ていると、イソップ童話の「王様の耳はロバの耳」を連想してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

お袋からのプレゼントだ。

Wst1501080024p1 政府・与党が、北陸新幹線金沢-敦賀の開業を3年早める方針を固めた。そのうち、金沢-福井をさらに2年程度前倒しする方向で検討するという。そうはいっても、当初の計画は、金沢-敦賀開業は平成38年春というから11年後だ。5年縮めても平成33年だから6年後にしか新幹線は走らない。福井県には飛行場もないから、あいかわらず陸の孤島だ。お隣の富山・金沢は、東京から2時間そこそこだけに、福井県だけ首都圏の人・物・金から切り離された感がある。北陸新幹線は、東海道新幹線の補完や災害時のバックアップになるため、国の安全基盤をなす。本来なら、他の計画線より福井-米原(または京都)の開通を最優先で急ぐべきだった。利権政治家の暗躍で、上越新幹線(新潟)などを先行した愚が、つくづく悔やまれる。ところで、二ヶ月後に迫った北陸新幹線の開通に期待は膨らむ。うれしい特徴としては、北陸新幹線E7/W7系にはすべての座席に電源コンセントが付いている。愚生が、30歳代のころ平成25?北陸新幹線などというポスターを見ると、いつの話しをしているのだと腹が立った。そんな時期は、隠居していて北陸新幹線などに乗る機会はないと思ったからだ。しかし、母が長生きして北陸の介護施設に入居している関係で北陸新幹線に乗る機会は増えそうだ。親思う心にまさる親心で長生きしているわけでは、ないだろうが、嬉しいお袋からのプレゼントだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

Matida 愚生は、四半世紀以上に亘ってまほろ市に住んでいる。その間、市民税を滞りなく納めた。まほろ市民病院は、設立当時からまほろ市からの財政補助で成り立っている。ところが、先般、まほろ市民病院に愚妻の付き添いで行ったところ、○科担当医や看護師は、横柄な態度で診察拒否をした。そして、○科担当医は、医師免許も待たない看護師に、紹介状を持たないことを理由に診察拒否を言い渡させた。また、脳精神内科に申し込んだにもかかわらず、脳精神科の看護師は「痛いなら整形外科に行け」と愚妻に言った。長い間待たされたあげく、脳精神科内科の医師には見てもらえず、脳精神外科の医師が診察した。そして、○科担当医の受信拒否問題を指摘すると、不愉快そうに「医師に面と向かって言えないことは、言うな。」と漫罵する。おまけにこの医師は、専門医でもないのに受診予約していた整形外科を、レントゲンも取らずに痛み止めをくれて、愚妻の予約をキャンセルした。「骨に異常はありませんか?」との質問にも、立っていられるなら問題はないという。今まで、まほろ市民として市民病院の建て替えや財政補助に賛成してきたことは、自分や家族が将来受診できることを想定していた。あまり腹立たしいので、まほろ市民病院長に、いくら医師不足といっても、医師法違反はけしからんと苦情を出した。(医師法19条1項、診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な理由がなければこれを拒んではならないと規定している。)ついでに、厚生労働省が医師法を骨抜きにした受診拒否を放置しているからこういう問題を起きると苦情を書いた。いずれにせよ、市民の税金で維持管理し、雇った医師や看護師の診察拒否には、飼い犬に手をかまれた気分だ。札幌医大の心臓移植、薬害エイズ、群大患者死亡事件など鑑みれば、医師の倫理観など一般人より遥かに低い。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという気分になり、監督責任のある市長、市議会、厚生労働省の怠慢が原因だと、知る限りの所にクレーム・レターを出した。文句を言って腹の虫は少し収まったが、苦情効果は期待できないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

安倍談話は歴史的事実を基に主張すべきだ

3fc266854146192880c8afff377471e1 米国国務省サキ報道官は、安倍晋三首相が8月の終戦記念日に合わせて発表するとしている戦後70年の首相談話について、「過去に公表された談話(植民地支配と侵略を認めた村山談話と慰安婦問題の謝罪を盛り込んだ河野談話)がある。それ以上のコメントはない」と述べた。その上で「日本が引き続き周辺国と平和的な対話を通じ、歴史をめぐる懸案を解決することを望む」とも語り、中国や韓国との関係改善を促した。米国は何と傲慢で厚かましい国なのだろうか。日韓併合は欧米諸国の植民地支配とは違い、朝鮮半島を近代化した。少なくとも日本は併合した地域の社会インフラはもとより医療・教育などの施設整備を整えた。そうした「植民地政策」を行った欧米諸国が一国たりともあっただろうか。戦前日本の先人たちが辛苦して築いた歴史を、左翼政治家の村山元首相が水泡にしてまった。そして、思慮浅い河野洋平氏は調査もせずに「従軍慰安婦問題」を認め謝罪してしまった。米国への外交的配慮で継承するなら、安倍首相は過去に公表された談話について黙殺を貫いて戴きたい。日韓併合や慰安婦問題などは、歴史検証を待って、真実を明らかにし評価すべきものだ。サキ報道官の発言は、すべて米国のためであって、日本の国家と国民のためではない。米国といえば、建国にあたって米大陸原住民600万人を殺害し、土地を奪い取った。カリフォルニアやニューメキシコもメキシコから奪い、フィリピンを植民地化し、ハワイを併呑した。それどころか、1000万人に達するアフリカ現地人を人権無視の奴隷売買を通して拉致・監禁・使役した。米国は、アフリカ諸国に謝罪と賠償を行ったことがあっただろうか。歴史を現代の基準で論評するのなら、ブーメランとなって自国史に跳ね返ってくるだろう。先の大東亜戦争でも、非戦闘市民の大虐殺を行うために「焼夷弾」を降り注いだ行為は明らかにジュネーブ条約違反だし、原爆投下に到ってはナチのホロコーストと同罪だ。今の日本国民のためのみならず、将来のためにも、戦後70年を記念して発表する「安倍談話」は、真っ当な歴史的事実を基に日本の立場を主張すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

つまらないメールを出してしまった

Img_1118459_16459266_3  まほろ市民病院脳精神外科担当医が、通院している心療内科(開業医)の薬処方について理解しがたいという。そこで、まほろ市民病院神経科(精神科)に行ったが、神経科(精神科)部長から「かかりつけ医院の紹介状がない」と受診を拒否された。懐疑を指摘した、まほろ市民病院脳精神外科担当医は、「面と向かって、いえないことは言うな」といったので、以下のメールを署名入りで出した。腹が立ったので、言われた通りにしただけだが、受け取ったほうは結構大変だろう。また、暇に任せてつまらないメールを出してしまったようだ。

まほろ市長殿
まほろ市民病院長殿
厚生労働大臣殿
 先般、まほろ市民病院脳精神外科に受診した際、現在通院している心療内科医院の薬処方に対する懐疑が指摘されました。そのため、まほろ市民病院脳精神外科と同一電子カルテのまほろ市民病院精神科に診察を申し込みました。しかしながら、神経科(精神科)部長は「かかりつけ医院の紹介状」がない場合は、受診拒否(診察しても一度限り)できる旨との見解でした。当方のケースに照らし合わせて、受信拒否できる場合を調べましたが、以下のとおりすべて該当しませんでした。つきましては、まほろ市民病院が、独自に受信拒否可能な条例をまほろ市議会で制定したのかをご回答ください。そして、精神を病んでいる患者が、かかりつけ医師に不信を唱え紹介状を請求することが、どんなにストレスかもご配慮ください。
以下、病院はどのような場合に診療を拒否できるか(受診拒否マニュアル) **************************************************************  
医師法19条1項は「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な理由がなければこれを拒んではならない」と規定している。いわゆる医師の応招義務といわれているものである。  この規定は、公的な義務を定めているものであって、患者が直接病院に診療請求権を有するものではないとされる。 これに反しても、罰則はないが、ときに行政処分、民事責任を問われることがあるとされている。 診療拒否の「正当な理由」の一般的な基準を設けることは難しいし、行政解釈も乏しく信頼性に欠けるところがある。医学的合理性と健全な社会通念によって決めるほかないといえる。 一般的な病院において、どのような場合に受診を拒否できるのか、現に入院中の患者について、どのような場合に退院を求めることができるのか、また救急患者、時間外の患者の受診に対して、どう扱えばいいのかなどを、マニュアルとしてまとめてみた。
Ⅰ、診察時間内における受診、入院について
1、治療費未払い患者
①支払い能力があるのに支払わない場合、受診を断る。
②支払い能力がなくて支払えない場合でも、医療が契約である以上、診療を拒否してもかまわないが、患者の事情をよく聞き、未払治療費の支払い方法などについて相談に乗り、柔軟に対処する。
③支払いをしない理由をよく確かめ、必要に応じて、生活保護などについてもアドバイスをする
④但しいずれの場合も、重篤な場合や応急の手当てが必要な場合は、診療は拒否できない。
2、医師・看護師らに対する暴力、暴言
①業務に支障を生じるような暴力・暴言の場合には、受診を拒否し、あるいは退院を勧告する。
②程度が著しくて、業務妨害や暴力、脅迫行為にあたるときは、院長から退院を命じる。警察に通報することも考慮する。
③医師に対し診療に関して不当なクレームをつけるような場合は、医師との信頼関係が維持できず、良好な医療ができないことを説明し、他を受診してもらうことを勧める。
④看護師等に対するセクハラ行為、暴力行為は、病棟師長、主任、事務長などに相談して、まず注意をしてもらう。それでもやまない場合は、受診を拒否したり、退院を勧告することもできる。程度がひどい場合は院長から退院を命じることもありうる。
3、飲酒
①飲酒しての受診は、原則として断っても差し支えない。飲酒時には正しい診断ができないことを説明し、飲酒していないときに受診してもらうように勧める。 但し、重篤、緊急時には拒否できない。
②入院中の患者の飲酒は、原則として退院を命じる。
4、入院中の患者が、医師、看護師の指示に従わない、あるいは他の患者に迷惑行為を する。
①注意と説得を重ねても従わないようであれば、診療拒否の正当な理由になると考えられるから退院を勧める。応じないときは退院を命じることもある。 但し病状によっては退院を 強制できない場合もある。
②これらの判断は、医師、看護師、事務のスタッフでよく協議して決める 5、医師や病院との間で現に医事紛争や、裁判が起きているとき。 互いに信頼関係がなければ正しい治療ができず、かえって紛争を激化させたり、新たな紛争を生む恐れがあることを説明し、受診を断り、他院で治療を受けることを勧める。
6、入院中の患者で治療の必要がなくなった。あるいは、何度も受診しているが、病気でもなく治療の必要性もない
①慎重に判断したうえ、医学的に合理的な理由により明らかに治療が不必要な場合には受診を拒否することは差しつかえない。また、入院中の患者であれば退院を勧告し、あるいは退院を命じることもできる。 治療の必要性がないとの判断は、複数の医師で相談して決めることがことが望ましい。
②治療の必要性がないことについては十分説明し説得する必要がある。
Ⅱ、時間外、夜間の救急患者の受診について
1、専門外 ①救急患者の場合、当直医が専門外で治療できないと判断すれば、断っても差しつかえない。
②患者が、当直医が専門外であることを了承している場合は、診察に応じる。(カルテにはそのことを記載する)
③但し、重篤、緊急な場合は断れない。 2、空きベッドがないとき ①空きベッドがないことを告げて、診察と応急処置だけなら受け入れることができると告げ、受診を拒否しないことを原則とする。
②専門医を受診することを勧める。
3、飲酒・酩酊 一概には断れないので、救急の場合は原則受け入れる。
4、治療中、処置中 本当に余裕がなければ拒否するほかない。
5、問題のある患者   Ⅰに準じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

宇都宮発-熱海行の「上野東京ライン」

Image 北陸新幹線開業に合わせて、JR東日本は、宇都宮・高崎線(常磐)が東海道線に直通する「上野東京ライン」を運行する。宇都宮線は7~10時ごろ全20本のうち13本が、高崎線は全21本のうち13本が東海道線と直通運転される。昼間は両線とも片道1時間当たり3本ずつ計6本で、ほぼ10分おきに運行される。ただし、常磐線は品川までしか運転されず、品川から常磐線に向かう列車も9時台からの運行と遅い。事実上、宇都宮・高崎線のみが東海道線と完全な直通運転となる。東海道線の本数が、宇都宮・高崎線の運行本数にほぼ等しいからだろう。神奈川(西は熱海まで)≒埼玉+栃木+群馬の関係が成り立つからだろうか?そして、「上り・下り」が「南行・北行」と呼ばれる。一方、新宿経由の湘南新宿ラインは、昼間は片道1時間当たり計4本(宇都宮・高崎線各2本)のため、通勤時間帯は、「上野東京ライン」を使用する人は多いだろう。しかし、昼間の時間帯に都内に出る場合は、地下鉄との連絡度合もチェックする必要がある。今回のダイヤ改正で、上野駅の玄関としてのお役目は、完全に終わった気がする。愚生が、学生時代に北陸の田舎に帰省するときは、寝台特急「北陸」寝台急行「能登」、特急「はくたか」「白山」などに乗って、6時間以上もかけて行った。便利にはなるが、懐かしい記憶を呼び起こす象徴がひとつひとつなくなっていく気がする。宇都宮発-熱海行の中距離列車が走るようになると、関東地方もずいぶん狭くなったと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

富山の食文化は、昆布と結びついている

02014 今朝、6時にNHK総合チャネルをつけると蒲鉾(かまぼこ)の話題だった。富山の昆布巻蒲鉾はめずらしい。蒲鉾の底に、板がついていないのも変っていると言っている。富山育ちの愚生は、普段から食べ慣れているせいで、そんなものが珍しいのかと改めて思った。そういえば、富山を出てから蒲鉾を買って、食べようと思ったことはない。また、富山には昆布餅という物もある。そして、刺身などが残ると、日持ちさせるために昆布で締めたりする。番組の中で、富山は昆布の消費量は、全国三位だと言っていた。そのくらい富山の食文化は、昆布と結びついている。理由は、戦前のことだろうが、富山の貧しい農家の多くが開拓農民として北海道に渡った。曽祖母の話しでは、政治家の中川一郎も、富山からの入植者だと言っていた。中川姓を名乗る北海道民は、富山からの移民が多いという。そういう訳で、富山では昆布は取れないが、北海道と深く結びついて大量に昆布を消費する文化があるようだ。番組の中で女傳という蒲鉾店が取材されていた。富山を出てから、久しぶりに聞く懐かしい名前だ。店主は女川という姓だから、女傳(伝)というのは姓から採った屋号なのだろうか?雪深い田舎を捨ててから40年数年になるが、愚生の故郷も色々な文化があると再認識した。ところで、冬が厳しい富山は生きていくための知恵だろうか、小異を捨てて大同につくという県民性だ。上意下達が効きすぎるのか、平成の大合併で、富山市は富山県の29.24%の面積を占め、一つの市町村が県に占める面積の割合としては全国一となった。残念な気もするが、辺境の地にあって、いまだに戦後の教育改革の男女共学もなされず、葫くさい餃子の消費量などを争ったりする土地柄よりはましだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

為替の売買で東証休場時を補完できる。

Dscf2102 米ドル・円の為替は、30日の大納会後、いっきに円高に振れた。連休中どうなるのかと思っていたが、年明け2日(金曜日)の海外のドル・円終値は、120円49銭だった。この値は、30日の大納会ドル・円相場とほぼ同じだ。大発会のドル・円は、この120円49銭を引き継いで始まるのだろう。日本市場が休んでいる間の、海外投機筋のポジション解消でドル・円相場が揺れたのだろうか?日本の株式市場は休場だが、為替市場は海外市場が開いている間は、自由に取引ができる。こういう相場の動きを見ると、ドル・円為替と日経平均株価が相対的に比例(反比例でもいい)するなら、為替の売買で東証休場時を補完できる。愚生も、120円割れで少し持っていた日本円を米ドルに替えた。2015年は、市場関係者の円相場見通しは、年末までに1ドル=130円程度まで円安・ドル高が進むとの見方が多い。現在の水準から10円程度、下落するという。もちろん、アナリストの予想など八卦と同じだと信用はしていないが・・。ところで、アベノミックス公約の物価上昇率2%との日銀シナリオが崩れそうになれば、今秋にも再び追加の金融緩和があるだろう。その時は、米国金利は上昇しているだろうから、いっそう激しい円売りが加速することも考えられる。そうなれば、ドル・円相場は130円を超え、年金受給者の購買力は大きく毀損するだろう。昨日、ガソリンスタンドに行ったが、レギラーガソリンは、リッター128円だった。円安なのに、ずいぶんガソリン価格が下がったと驚かされた。個人経営のカソリンスタンド店主など青息吐息だろうと思うと同情したくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

今日の大きな悪魔は愛国心

280pxdictator_charlie2 愚生の小さい頃は、正月となると日の丸を掲げた。元旦の午前中は、学校の登校日だった。融雪装置もなかった時代、雪国の元旦は、車も少ないため轍もなく、新雪に覆われていた。愚生の田舎では、元旦に学校で紅白の饅頭が配られた。饅頭を貰うのはうれしいが、新雪をかき分けて学校まで行き、校長の話など聞くだけなら休みにして欲しかった。愚生の同僚や後輩が学校の校長をしていると思うと、当時の校長もつまらない話をしたのだろう。都会の元旦は、当時とすっかり変わってしまった。東京郊外の西に、大きく神奈川へ張り出して愚生の住む「まほろ市」はある。東京都南西部最大の住宅街であり、歓楽街であり、電気街であり、書店街であり、学生街であるがゆえに、スーパーマーケットやデパート、商店街といった施設は軒並み元旦も営業している。そして、ほとんどの人は、普段と変わらない服装で、街をいきかい混み合っている。戦前教育を受けたことのない人たちばかりになってしまったせいか、元旦に国旗を掲揚する家もない。愚生の家には、日本国旗はない。以前、国旗を買って休日に掲揚しようかと妻に言ったら、右翼と間違えられるから止めろという。ジョージ・バーナード・ショウは、「愛国心とは、自分がそこに生まれたという理由で、その国が他より優っているとする信念のことだ。」という。また、チャールズ・スペンサー・チャップリンは、「今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ」ともいっている。最近の朴槿恵や習近平をみていると、チャップリンの独裁者という映画を思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

和田アキ子の歌など聞きたいとは思えない

Vekvjqnagvzoz3p_4212 今朝は、愚妻の調子が悪くM市民病院の脳神経外科に連れて行った。午前中いっぱい時間を潰してしまったので、とても正月気分にはなれない。病院から帰って年賀状を見れば、喪中ハガキをくれた学友からも来ている。慌てて、パソコンで印刷して返信の賀状をポストに投函した。ところで、昨晩は恒例のNHK紅白歌合戦を途中まで見た。和田アキ子が歌った後、ラジオで聞こうと思ってベッドに就いたが、眠くなって寝てしまったようだ。和田アキ子というタレントは、怒鳴りながら昔の曲を歌っていて、とても歌唱力など持ち合わせていない。愚生が小さい頃は歌手だったようだが、当時から歌は下手くそだった。しかし、NHKとよほどウマが合うのか、紅白歌合戦には毎年連続出場している。スマホ世代の若年層から視聴率を稼ぐのに、若いグループ・ユニットが出場するのはわかる、下手くそな和田アキ子の歌など聞きたいと思う老人がこの世にいるとは思えない。和田アキ子より、森山良子、浅丘めぐみ、小柳ルミ子、山口百恵、吉永小百合、倍賞千恵子、森昌子、南沙織、トワエモア、黛じゅん、夏川リミ、山本リンダ、平山ミキ、荒井ユミ、など多くの選ばれるべき歌手がいるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »