« 2015年いっぱいは、株価の上昇が続く | トップページ | 日韓通貨スワップ協定の廃止 »

2015年2月16日 (月)

終値で1万8000円を超えられるだろうか?

P1000656_1 長期金利とREITの関係を一言でいえば、REITは金利上昇に弱い。その理由は、金利上昇による他の金利商品との間での優位性が失われる。つまり、REITは金利収入が期待される商品だが、金利上昇によって定期預金や債券などのリターンが上昇すると相対的な優位性が薄れる。さらに、REITは自己資本に加えて、多くの資金を銀行等から融資をうけ、ビルやマンションを購入する。そのため、金利上昇で利払い費用が増加する。その結果として、REITの収益性が悪化する。一方、インフレが伴う場合、REITが保有する不動産資産価値が上昇するため、インフレ対策の資産としては有効だ。今回、米国は政策金利を上げるというが、急激な引き上げはないだろう。そういう観点から、一概に大きく値下がりするとも思えない。実際、米国以外では量的金融緩和政策を進めているため、余ったお金の行き場はない。しかし、REIT市場の物件はほとんど米国内のため、米国の金利上昇局面では、REITのポジションは減らしたほうがいい。株式市場は、米国もドイツの最高値をつけている。今日の日経平均は思案橋、終値で1万8000円を超えられるだろうか?思案橋ブルースという歌もあるが、気分は青江三奈の長崎ブルースだ。 

|

« 2015年いっぱいは、株価の上昇が続く | トップページ | 日韓通貨スワップ協定の廃止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/58951973

この記事へのトラックバック一覧です: 終値で1万8000円を超えられるだろうか?:

« 2015年いっぱいは、株価の上昇が続く | トップページ | 日韓通貨スワップ協定の廃止 »