« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

新潟県上越地方が不便になるとは皮肉だ

3_2 東京電力の周波数は50Hz、一方、中部電と北陸電は60Hzだ。北陸新幹線は、【軽井沢―佐久平】【上越妙高―糸魚川】【糸魚川―黒部宇奈月温泉】でそれぞれ周波数が切り替わる。糸魚川区間を在来線に乗っていると、直交の切り替え区間で動力が切れるため、車内の照明が消え、慣性で走って次に区間に移行する。東北新幹線や上越新幹線の車両は、50Hzのみに対応のため、軽井沢駅より西を走ることはできない。東海道新幹線の場合、すべての区間を60Hzで走るため、富士川以東の50Hz区間は、周波数を変換する変電所を設けて対応している。今回の北陸新幹線の車両は、両方の周波数に対応するため、周波数を意識しないで走れる。この北陸新幹線の車両は、JR西日本とJR東日本の共同開発だ。ところで、今回の北陸新幹線の開業で、利便性が高まる話ばかりしか聞こえないが、大きく見落とされたこともある。それは、北陸本線と信越本線の起点になる直江津駅を通過しないことだ。北陸から東京に向かうには、在来線では必ず直江津を通った。上越市は、高田市と直江津市が合併し、新潟市と富山市のほぼ中間に位置する。海音寺潮五郎の小説「天と地と (NHK大河ドラマで放送:上杉謙信(石坂浩二)と武田信玄(高橋幸治)」で有名になった「春日山(旧高田市)」は、律令時代には越後の国府が置かれ、戦国時代には長尾景虎(上杉謙信)が居城していた。両市合併後、直江津市と高田市の中間、春日山駅付近に上越市役所が設けられた。日本海側から、信越本線は:直江津駅ー春日山駅ー高田駅ー南高田駅ー上越妙高駅(新幹線駅)と続く。新幹線駅は、上越市と妙高市の中間に位置するため、どちらから行っても端だ。この上越妙高駅は直江津駅から10キロ以上離れている。直江津駅に向かうには、新幹線開業でJR東日本から移管された第三セクター「えちごとキめき鉄道:旧信越本線」に乗り換える必要がある。北陸新幹線の開業で、上越新幹線経由の越後湯沢駅から北陸行きの乗客は、全て奪われる。そして、越後湯沢から直江津駅行きの急行列車も激減する。北陸新幹線経由「えちごとキめき鉄道:旧信越本線」乗換の直江津行きも、上越新幹線経由より運賃が高くなるだけで、時間が早くなるわけではない。上越新幹線も北陸新幹線も上越市の縁を通るため、いっそう新潟県上越地方は不便になるとは皮肉だ。本来、東京ー越後湯沢から新幹線を新潟駅に向かわせず、春日山あたりから富山方面へのルートで北陸新幹線を先んじて作るべきだった。新潟駅向けには、越後湯沢からミニ規格の新幹線、長野方面も高崎駅からミニ規格新幹線を走らせれば、十分だった。そうすれば、浮いた財源を北陸新幹線に投入し、【東京―高崎―富山―福井―新大阪】、東海道新幹線の補完路線を早期に実現すべきだった。利益誘導型の政治家が幅を利かすと、国家にとって大きな不利益を被る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

本人が知らないうちに補足されている

Bb1c86fd60aac0dcac0b825d9d8708a2 川崎市多摩川河川敷で中学1年U君の殺人・遺体遺棄で、事件に関わった疑いがある少年、数人を特定した。捜査関係者によると、河川敷近くの防犯カメラに映った映像の解析などから浮上したという。事件に関わった人物にLINEを使って呼び出された可能性があるが、U君の携帯電話は見つかっていない。愚生が思うに、犯人は携帯電話を破棄することにより、自分との関わり合いを消そうとしたようだ。ただ、少しインターネットの知識があるなら、携帯電話を捨てたところで、LINEアプリサーバーにトレースが残っているため無駄な行為だとわかるはずだ。捜査本部が、アプリ「LINE」の通信記録を関係企業に照会しているというから、全容が解明するのは時間の問題だろう。普段使っているグーグル・ヤフーの検索機能などは、本体のアプリサーバーで処理される。それを、端末(スマホ)アプリを使ってアクセスして、自身の端末(スマホ)に表示している。端末(携帯電話)を破棄したところで、本体のLINEサーバーには、登録された電話番号や通話記録などは、全てトレースされている。クラウドの世界では、使用者端末から雲の中(アプリサーバー)で何をしているか、知る由もない。LINE(ネット上のサーバー)に登録された住所・電話番号・クレジット番号・性別・年齢・交友関係など、本人が知らないうちに補足されている。LINEアプリは、韓国系企業のソフトだ。韓国政府が、政府批判を封じる目的で、LINEにサーバー情報の提供を求めたため、韓国ネットユーザは大挙して欧米系アプリに乗り換えた。ネットワーク基盤社会が進むにつれ、端末や監視カメラで、個人の行動が全て管理される。都内の交差点などには、警視庁が設置した多数の監視カメラがあるため、犯行後の逃走も容易でない。話しはそれたが、早くU君殺害の凶悪犯が捕まって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

(上越を走らない)上越新幹線

145727594_624 今朝のNHKで、「はくたか」の風切音が話題となっていた。北陸新幹線の開業に合わせて、日本最速時速160キロで走る在来線「はくたか」が無くなる。上越新幹線から乗り継いで富山に行くには、越後湯沢駅から「ほくほく線」に乗り換える。「ほくほく線」には、地中深くに作られたトンネル駅が多数ある。その駅を「はくたか」が通過するときに聞こえる風切音を、鉄道マニアが、全国から聴きにきているという。鉄道ファンではない愚生は、金と時間を使って聞きたいとは思わない。ただ、今後新幹線になる「はくたか」という愛称には思い出がたくさんある。愚生が小さい頃、富山から東京に出るには、夜行なら「越前」や「北陸」だが、日中は「白山」か「はくたか」だった。「白山」は、信越本線(横川・小諸・長野)周り、「はくたか」は、上越本線(水上・長岡・柏崎)回りだった。上越新幹線の開通で、新幹線ルートから外れた水上温泉は、廃れてしまった。5年前に、懐かしくてホテル聚楽に泊まったが、町は寂れて物悲しい感じだった。一方、長野新幹線の開業と同時に、信越本線にある横川駅 - 軽井沢駅間が廃止された。廃止される前の信越本線横川駅では、急こう配を走るため重連機関車をつないだ。そのため、停車時間は長く、その間に名物の釜飯を買うのが楽しみだった。新幹線ルートから外れた、島崎藤村ゆかりの小諸市は、水上温泉同様に大規模商業施設が相次いで閉鎖され寂れた。信越本線周りで、北陸に行くルートはなくなったため、新たに後湯沢から「ほくほく線」直江津経由で北陸に行くルートが開設された。そして、乗車率が悪い新潟行き上越新幹線の活用を図った。来月から、北陸新幹線(今の長野新幹線)の開業で、大宮ー長野ー富山ー金沢と走るため、上越新幹線に乗車する人は中越(長岡)下越(新潟)に向かう人だけになる。上越新幹線は、新潟県の中越・下越に住む150万人足らずのためだけの路線になってしまった。滑稽な話だが、上越(上越市)は北陸新幹線の長野ー富山間にある。北陸新幹線の開業で、上越新幹線は激減する。政治家の力で、強引に造られた(上越を走らない)上越新幹線は、全くの税金の無駄使いだった。 なぜ、新潟県民は政治犯罪人の田中角栄を連続当選させたかが伺える。その娘、田中真紀子も地元に何ら利益を還元しないため、無用の政治家との烙印がつけられ落選した。新潟県の県民性とは、泉田知事同様に、国から税金をむしり取ることが目的だと思わざる負えない。長々と新潟県への愚痴になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

風が吹けば桶屋が儲かる世界では鈍足

P1100025 昨晩のイエレンFRB議長の議会証言は、量的緩和は終了しても、引き締めへの転換は急にしないとの主旨らしい。確かに、米国だけが利上げをすれば、世界中のお金が金利の高い米へ集まってしまう。それでは困るので、FRBの金融政策は実質的な緩和を継続する方針だ。金融緩和継続なら、高値更新を続ける日本の株式市場にも、海外マネーが流入する。つまり、米国株だけでなく、日本株にも追い風になるという。愚生など、これからは欧州株が上げると思い欧州株のインデックスを買ったが、市場は欧州中央銀行の量的緩和を材料にした欧州株買いが一巡したという。今頃、のこのこと欧州株を買いに行っても、既にドイツ市場も英国市場も株価指数は過去最高値を更新中だ。そして、株式アナリストは、これからは日本株へシフトする兆しが見え始めたと囃したてる。愚生は、結構気が早いと思っていたが、「風が吹けば桶屋が儲かる。」という世界では、非常に鈍足のようだ。それなら、欧州株インデックスの追加注文など取消して、日経レバレッジETFを買おう。海外投資家も、日本株については、日銀と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の下支え効果があるため、大きく下げたりしないと安心して買ってくるという。日経平均2万円説が事実なら、今から買っても遅くはない。ただ、こういう気分で買って、過去に儲けた記憶はないので少額だけにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

富山県民の歌

Tateyama13 還暦を過ぎ、勤め人を辞めると、質素倹約な生活だが、時間だけは十分に持てる。気楽な稼業とはいっても、田舎のお袋を含めて気がかりなことは多々ある。ただ、心配してもしょうがないと割り切ってしまえば、縛られるものはない。人生を振り返ってみれば、高校を出た後は、田舎とは疎遠になってしまった。大学や社会人になった後も、故郷の話題があれば、耳を傾ける程度だ。最近は、北陸新幹線の開業が控えるためか、やたらと北陸地方の話題が多い。そのせいもあって、改めて田舎の特産物など知る機会がある。愚生が住んでいた頃からの物や、観光目的で新たに造られたものも多い。そうこうしながら、記憶を巡らすと県民の歌を思いだす。富山県が1958年に制定したというから、愚生が生まれてから作られた歌だ。小学生時代は、よく耳にした気がする。しかし、歌詞の1番以外は全く思い出せなかった。2番以降は、以下のくだりだ。
二、
かもめ飛ぶ 有磯(ありそ)の海に 新潮(にいしお)の 花咲くところ
平和呼ぶ 祈をこめて 新しき 世紀の文化
相むつみ 相むつみ 共に築かん 共に築かん
ああ われら われら富山 富山県民
三、
豊かなる みのりの山野 川清く 流るるところ
すこやかに 大地をふみて 火と燃ゆる 希望を胸に
手をとりて 手をとりて 共に進まん 共に進まん
ああ われら われら富山 富山県民
歌詞は、富山国体に合わせて公募したというから、いわゆる「国体県民歌」だ。富山市は、終戦前の富山空襲で、全てが焼け野が原になった。この歌詞を見ると、そこから力強く立ち上がってきた当時の時代が忍ばれる。戦前の国粋主義者でも気に入りそうな歌詞が並ぶ。行進曲にも使える代物だ。ただ、愚生の脳裏に焼き付いた故郷の景色は、雪国のどんよりとした低い雲間から、垣間見える立山連峰だ。そこに培われる暗く粘り強い県民性からは、歌は乖離しているように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

朝から不愉快千万だ

130743991047416316952_money_burning 日経平均株価がドル円為替との連動が減ってきた。円安でなくとも株価上昇するということは、為替ヘッジをする外人買いではなく、国内の投資家が参加したからだろう。そう思い、日経平均株価150ドル説を計算してみた。150ドル×119円=17850円となり、すで愚生の説は、破られていた。こうなると、株屋が囃したてる2万円突入、ITバブル時の2800円も視野に入ってくる。あの時は、富士通の株価が5000円台まで上昇した狂乱時代だった。富士通の役員連中は、自分の手柄でもないくせに、役員向けに一株3000円の買い取りオプションを儲けた。その後、バブルが崩壊して株価は急落したため、誰ひとりオプションを行使してない。身から出た錆だろう。ところで、今回の株高は、各国の金融緩和であふれたマネーが世界の株価を押し上げている。インド、スイス、トルコ、カナダ、デンマーク、EU、ロシア、オーストラリア、シンガポール、インドネシアなどすべて政策金利を引き下げた。米国を除けば、金利上昇の芽はなく債権を買う環境はない。昔から「不景気の株高」とよく言われるが、今回は、まさにそのケースだろう。GPIFに運用委託された投資会社が、運用を始めた買いだろうか?いずれにしても、行き所にない金が、株に向かってバブル相場を模様している。そう思いながら、金の約定価格をみれば高すぎる。価格以上と以下の条件を間違えて指定したため、高値で約定してしまった。一知半解な愚生ごときが、経済寸評などやっているからだろう。朝から不愉快千万だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

越中富山の作るドリンク「ビタローク2000」

4621 神奈川へ張り出した東京都南西部最大の街、まほろ市のサンドラックには、滋養強壮ドリンクが多数販売されている。まほろ市の店では、「チオビタドリンク」は585円、「ビタローク2000」は384円で売られている。愚生は、気休めに飲む程度で、ドリンクの薬効など信じていない。そのせいか、決まって店頭の一番安いドリンクを買う。今回、一番安く売られていた「ビタローク2000」を買ってきたが、つい如何わしい会社でないかと疑った。日本薬剤株式会社製造とある。聞いたことがない名前だ。住所を見ると富山市東中野1丁目1-1とある。どこかで、聞き覚えのある地名だと思ったら、愚生の田舎ではないか。地図で調べると広貫堂の裏だ。広貫堂といえば、富山で有名な売薬さんの薬を作っていた製薬会社だ。日本薬剤株式会社とは、広貫堂の裏手にある子会社だった。ストリートビューで見れば、愚生の家と遜色がないくらい、小さな建屋の会社だ。ドリンクも年取ったおばあさんが、柄杓を使いながら混ぜ合わせて作っているのだろうか?10本384円(税込)で売られているから、中身は一本当たり経費込み20円程度で作らなければ粗利益は出ないだろう。瓶代や梱包費用を除けば、薬効に関するドリンク剤の中身は僅かなお金しかかけられない。そう思うと、あまり期待しないで飲んだ方がいいような気になった。ただ、愚生の故郷で作っていると思うと、薬効の有無はどうでもよくなった。因みに、一番知られている「リポビタンD」は、899円という価格で店頭に並んでいる。薬効の違いなどあるのかと調べてみると「栄養ドリンクのなかでビタローク2000とチオビタドリンクで、買うとしたらどれがおすすめですか?」という質問があった。その回答に【・ビタローク2000・・よく飲酒するひとが日中疲れた時に飲むと気分すっきり】【・チオビタドリンク・・ビタミンB郡が毎日の筋肉使う軽い疲労感に効く】どうも、ビタローク2000は、酒のみ対象者向けの滋養強壮ドリンクのようだ。そういえば、リポビタンDのように甘くないため、愚生には飲みやすい。そして、価格と効能は、特に相関はないとの寸評だった。選択は、本人の嗜好が基準とのこと。そうであれば、田舎への恩返しのつもりで、これからは「ビタローク2000」を飲もうと思う。愚生の友人の話しでも、価格の割には有効成分が多く、割安なドリンクだという。さすが、越中富山の作る滋養強壮ドリンクだ。(愚生は、一切広貫堂とは関係はない。ただ、姪の旦那は広貫堂勤務だったと思う。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

ギリシャの借り得という感じで、決着

500_20140797 あれだけ揉めていた、ギリシャ支援延長合意の発表声明があった。とりあえず、現行ギリシャ救済プログラムを4ヶ月延長することになった。その結果、昨晩の欧米株価指数は上昇した。返せない者に無理強いしても、返ってくることはなく混乱を招くだけだ。最後は双方の延長合意しかないと思った。ギリシャの借り得という感じで、決着したようだ。部外者の愚生としては、仲良くやって頂きたいとしか言いようがない。一旦、ポジションを空にしていたが、事前に日欧米の株価指数や株に買いを入れていたことが「吉」とでたようだ。また、昨日の東京市場の場中「金1オンス:120○ドル」程度だった。金アナリストの予想平均値は、2015年は「1オンス:1211ドル」だ。一方、全世界の金採掘価格の平均値は、経費込で1300ドルとのことだ。現在は、需給の関係で、採掘価格より取引価格のほうが安い。今は価格が逆転しているが、需給が落ち着けば、採掘価格に見合った価格となるだろう。所詮、金利のつかない円も金も、利息を生まないから持っていても同じだ。そう思い、実物保証がある金ETFをいくらか購入した。金ETFは、大きく上がるとは思わないが、黒田日銀総裁が「信用と印刷して発行している紙」よりは、多少の安心感はある。為替次第だが、週明け日本市場でも1200ドルを割れるようなら、もう少し金に替えようかと思う。ただし、数年前のように、金価格が急上昇することだけは、絶対にないだろう。ところで、日経平均先物 CME(ドル建て)は、18、525円 で取引が終わった。日本株のADRも軒並み上昇している。週明けの日本市場は、株価が上昇するだろう。空売りしている人たちは、週末は安心して寝られないことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

米国以外の株価指数は上昇

Pk2015022002100063_size0 2月第2週の海外投資家による日本の現物株と先物合計の売買は、7591億円の買い越しとなった。外人が買うと上がる仕組みだ。19日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が1万8264となり、終値としてはITバブルの2000年5月以来、約14年9ヶ月ぶりの高値だった。一方、高値を更新し続けてきた米国株価指数、S&P500の「PERは19.8」というから、過去の平均値より少し割安だ。しかし、アナリストによれば、リーマンショック後のような割安感はすでにないとのことだ。そういう理由もあって、海外投資家のお金が日本に流入しているのだろうか?昨日の米国REIT指数の下落は、▼2%と大きく下げた。今後の見通しはわからないが、金利上昇局面で、これから大きく上昇することだけはないだろう。そう思うと、愚生の米国REIT売却の判断は正しかったようだ。一方、米国の株価指数も上限に近いなら、保有ポジションを下げ、日本株にシフトした方がいいのだろうか?朝令暮改のようで考えがまとまらない。昨年来、上昇してきたドル円為替もそろそろ落ち着いてきた感があるため、米ドル資産ばかり持つリスクも気がかりだ。前回のFOMC声明文で今後の利上げの条件の中に「ドル高への示唆」、そして日銀の実質実効レートも歴史的な「円の安値圏」とのことだ。他国がどんどん利下げしている現状で、120円を超える大幅な円安はないような気がする。ただし、世界中が金余りの状態では、米国以外の株価指数は更に上昇するだろう。昨晩の米国価指数はナスダックスを除いて下落した。悩ましい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

今朝の株式評論家の声は明るかった。

S1reutersmedia 昨日の金政策決定会合後、黒田東彦日銀総裁記者会見には、市場はほとんど反応せず、ドル円は119円台前半の小動きだった。ところが、未明に大きくドルが売られ、118円台後半となった。何があったのかと調べると、1月のFOMC議事録要旨「多くの参加者が金融正常化を急ぐリスクの方を注視する。ドル高は、米国輸出産業への制約要因に懸念がある。そして、少数の参加者は現行水準以上のドル高進行リスクを指摘した。」に反応したという。これが原因となって、米国10年債が買われ債権金利が低下し、米国REIT指数も上昇した。この議事要旨を纏めれば、FOMCメンバーの多数派意見は、6月に米国政策金利の上げを見送るという雰囲気だったようだ。愚生のような、資産もない者が、イエレン議長にコメントなど、無礼千万にあたるのは、重々承知している。しかし、こうも紛らわしい表現で、市場が一喜一憂することがないようにして頂きたいものだ。利上げが延期されるのであれば、愚生もポートフォリオの再考をしてみたい。今朝の株式評論家の声は明るかった。今日も日経平均は、続伸しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

宇都宮市内のLRT構想

2 日経新聞に、富山地鉄(富山地方鉄道)が宇都宮のLRTに技術協力という記事があった。宇都宮市は2019年に、路面電車としてLRT導入するにあたり、運転士を養成したり、線路や変電所について協力してもらうのが目的のようだ。富山地鉄は富山市内に7キロメートルのLRTの軌道をもつ。LRTは、敷設された線路上を走るが、車・歩行者も軌道上を通る。宇都宮駅の東口には、LRTの広告看板が掲げられている。そのLRT導入の優先整備区間はJR宇都宮駅東側から約12kmで、計画区間は桜通り十文字付近~宇都宮テクノポリスセンター地区約15kmとなっている。宇都宮駅周辺の道路状況を考えれば、東口からの約12km区間は、道路は広く交通量も少ないため、なんとかLRTの導入は可能だろう。現況、栃木県内の乗合バス事業は、利用者の減少傾向に歯止めがかからず、赤字路線は拡大し、路線の廃止が進行している。ただし、今後、高齢者等の移動手段の確保のため、自家用自動車からLRTのような公共交通への利用転換を計る必然性はある。ところで、愚生の田舎は、ずい昔からLRTが市民の足となっていた。大正2年に富山電気軌道として開業し、大正9年に富山市に譲渡され富山市営軌道となった。その後、昭和18年に富山地方鉄道に譲渡された。愚生の小さい頃は、どこへ行くにもLRT(市電)が足だった。その富山市内のLRTも車社会の波風に逆らえず、廃止になった路線は多い。しかし、近年、環境問題が提起され欧米諸国を中心に排気ガスを出さない公共交通としてLRTが注目を集めて復権してきた。つまり、富山市のLRTは、大正時代から整備されてきた路線のため、軌道を敷設する道路は整備されている。今後、新幹線開業に合わせて、現状の市内電車とJR西日本から引き継ぎ路面電車化した富山ライトレールを接続する。さらに、黒部立山アルペンルートの終着駅に乗り入れる上滝線もLRT化して、直通運転する構想もある。しかし、これらはすべて戦前からあった軌道をLRT化するため、新規に造るわけではない。そして、敷設されている軌道路線には、富山駅、富山城址公園、富山大学、多くの高校、オフィス街、病院、ホテルが街並みとして存在する。これから宇都宮市に導入するLRT軌道には、作新大学、清原工業団地や宇都宮大学工学部、ベルモールなどはあるが、いったいどのくらいの乗降者がいるのだろうか?東京郊外の多摩モノレールも開業後の収支に苦しみ、路線延長は大幅に遅れている。路線維持や運営費なども考慮すれば、実現は容易でない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

日韓通貨スワップ協定の廃止

400_f_34857546_wdzxewtjsv7bdz3fwamo 日本と韓国の通貨スワップ協定を、延長しないことに決まった。世界最大の対外純資産国で国際通貨「円」を持つ日本には、米ドルを相手国に融通する仕組など、なんのメリットもない。そもそもこの協定は、韓国が自国の通貨危機に備え、日本に通貨スワップを要請して実現したものだ。この協定の実態は、日本による韓国への信用供与だった。ところが、朴槿恵大統領は、「この協定は日本が頼んだから受けてやったのだ」という始末で、反日を繰り返す彼女には、自ら頭を下げて日本に延長を頼むなどできなかったのだろう。韓国の外貨準備高は、約3621億ドルあるというが、ウォン安を誘導するためのドル買いウォン売りで溜まったドルのため外貨準備にはならない。また、韓国の財閥のほとんどは、外資系資本だ。一旦、信用が揺らげば、あっという間に海外に逃げていく資金だ。中国との通貨交換協定があると言っても、中国がそれを守る保証などどこにもない。全く経済が判っていない哀れむべき大統領だ。韓国民が、営々と時間をかけて切り開いた日本向け市場も、「告げ口外交」で一気に潰してしまった。韓国民に同情する気は全くないが、韓国の諺「他人の家の火事見物をしない君子はいない。 」という気分にもなれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

終値で1万8000円を超えられるだろうか?

P1000656_1 長期金利とREITの関係を一言でいえば、REITは金利上昇に弱い。その理由は、金利上昇による他の金利商品との間での優位性が失われる。つまり、REITは金利収入が期待される商品だが、金利上昇によって定期預金や債券などのリターンが上昇すると相対的な優位性が薄れる。さらに、REITは自己資本に加えて、多くの資金を銀行等から融資をうけ、ビルやマンションを購入する。そのため、金利上昇で利払い費用が増加する。その結果として、REITの収益性が悪化する。一方、インフレが伴う場合、REITが保有する不動産資産価値が上昇するため、インフレ対策の資産としては有効だ。今回、米国は政策金利を上げるというが、急激な引き上げはないだろう。そういう観点から、一概に大きく値下がりするとも思えない。実際、米国以外では量的金融緩和政策を進めているため、余ったお金の行き場はない。しかし、REIT市場の物件はほとんど米国内のため、米国の金利上昇局面では、REITのポジションは減らしたほうがいい。株式市場は、米国もドイツの最高値をつけている。今日の日経平均は思案橋、終値で1万8000円を超えられるだろうか?思案橋ブルースという歌もあるが、気分は青江三奈の長崎ブルースだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

2015年いっぱいは、株価の上昇が続く

Photo_fin 明日の米国市場は、プレジデントデイで休業とのことだ。オバマ大統領の自信のない顔をみると、休日返上で頑張って頂きたい気がする。先週、ドル円為替と日経平均.N225があっさりと120円、1万8000円の大台を突破した。米国雇用統計の上振れで米国金利が上昇したことがきっかけだった。ただ、米利上げ時期の見方は依然分かれており、今後の株高・円安の持続力は不明とのことだ。ギリシャ問題で騒いだ割には、マーケットには影響はなかった。どうも、取り越し苦労だったようだ。ウクライナとの停戦合意も、ロシアが守っていないようだから、以前と何にも変わっていない。やはり、米国の利上げ時期だけが大きく市場にインパクトあるようだ。昨年のダウと日経平均のかい離は、ドル円の為替を除けば、比較チャートは近似している。昨年3月、FRBのイエレン議長は、量的緩和政策終了後の利上げ時期に関して、半年程度を意味しているだろうとの見解で株は大きく下げた。過去のバブルデータから言えることは、サブプライム・バブル時、日本の初回の利上げから7ヶ月後に株価は天井をつけた。そして、米国ITバブル時は、最初の政策金利引き上げ後、7ヶ月で株価は天井を付けている。政策金利の引き上げと株価についての教訓として言えることは、
★政策金利の最初の引き上げで株価は下がる訳ではない。
★多くは複数回の引き上げ後、初回から7ヶ月程度で株価は天井をつけることが多い。
米国で2015年半ばに政策金利を引き上げられるのであれば、その7ヵ月程度後の2016年初めまでは、株価は上がる。そして、日本は2015年10月に消費税が10%に引き上げられる。その影響で株価下落圧力が出始めるとすれば、2016年春頃となり重なる。2015年いっぱいは、株価の上昇が続くと思われる。一方、米国の株価指数とREIT指数を比較すれば、動きはほぼ同じだがリーマンショック以降は、株価の上げが先行した。しかし、長期で見ればインフレがもたらすせいか、指数の動きはほぼ同じだ。ただ、今をバブルとみれば、昨年一年のリート指数の上げは大きく、今後の大きな伸びは期待できないような気がする。損をしない投資であれば、2015年は債権を除き、複数の資産を組み合わせたほうが安心だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

今年の投資先は・・?

2010100422471262c 金利が上昇すると、債券の価格は下がる。不動産ファンド(REIT)も、債権と同様に市場金利の動向によって上げ下げする。米国は、量的金融緩和QE3を終了させ、今年の6月くらいには、金利を上げるらしい。いろいろの憶測もあって不明だが・・・・。世界を見渡せば、米国以外の国々は、日欧のような量的金融緩和や金利の引き下げ競争だ。その結果、デフレ脱却のためだろうが、金余り状況を呈している。その中で、米国の長期金利は景気の回復を伴って、少しずつだが確実に上がってきた。昨晩も金利上昇でREIT指数は下がったが、欧米の株は上昇した。やはり、米国の景気が回復すれば、企業業績が伸び、株価は上昇するようだ。僅かな資産の愚生も、REITを全て売却した資金の一部で、外国株の投資信託を購入した。株価の一時的な急落はあっても、長期的には米国金利の上昇で株高が起きると考える。一方、原油は空売りの買戻しだとの主張と、下げ止まったという、相反する見方がある。愚生のような素人には、どちらが正しいのか全く判らない。触らぬ神に祟りなしと、手を出さないことにした。為替については、117円~120円のレンジだとの予想が多く、愚生のようにレバレッジなしの外貨購入で資産保全をする者には、ほとんど影響はないようだ。そして、金の2015年のアナリスト予想値は、平均で1オンス1211ドルだとのことだ。このように採掘価格と同程度なら、実需は強くないということらしい。事実なら投資しても、リターンは望めない。いろいろ考えあぐねた結果、今後の投資は株式しかないようだ。これまで、株で儲けた記憶はほとんどなく、損したトラウマだけが残っている。比較的安全な指数投資と言っても、日本株の上昇余地など限られているような気もする。残るはグローバルな株価指数をベンチマークする投資信託くらいしかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

日本サッカー協会会長は北の湖理事長以下

Sc2015021201957jfansbig 責任とは、任せて責めると書く。(responsibility)とは、元々は何かに対して応答すること、何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事だ。日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、ハビエル・アギーレ氏の日本代表監督解任問題で、会長ら幹部3人の任命責任は問わず、処分なしを決定した。その一方で、大仁会長は来年3月までの任期を全うする意思を示し、「私の責任が一番重い」と発言している。どうも、大仁邦弥会長という人は、漢字も英語も理解しないようだ。彼の経歴を見ると、現役引退後は指導者となり、日本代表コーチや三菱重工サッカー部監督などを1989年まで歴任している。そして、1992年に日本サッカー協会に入りしている。学校を出てから、球蹴り一筋の人生で、企業で責任ある立場で働いたことはないようだ。だいたい、この球蹴り連中とは村社会で物事を決めるため、世の中一般の常識を備えていない。2010の事件だが、Jリーグサッカー協会は、周知期間も置かずにJのサッカー競技場の基準を変え、町田ゼルビアに施設が不備だからと昇格を認めなかった。企業経営の経験がない協会役員には、自治体もしくは運営母体が議会や株主総会を経て予算化して執行することが簡単にできると思っていたらしい。周知期間も置かない独裁的な運営に振り回され、当事者がどれだけ時間的・経済的損失があったかなど彼らの頭にはない。そして、2011年には、55億円もの市民税を使い競技場を整備していたが、東日本大震災の復興作業が大きく起因して競技場の改修が間に合わなくなった。当時のチェアマンは「昇格初年度のホーム開幕戦をホームで、できないのは初めて。 憤りを感じているし、何らかのことを考えます」と厳正な処分を科すと発言した。馬鹿な日本サッカー協会幹部の発言で、町田市は、さらに2億円もかけて臨時施設を造らされた。10試合しか行われないため一試合に2000万円もの無駄な運営経費だ。その後、競技場を整備した途端に下部リーグに降格し、J2のために一度も使用されない無用の施設となってしまった。町田市民は、ボール蹴り程度の常識を備えない人材に振り回された。そして、この馬鹿な日本サッカー協会のために、多くの無駄な時間と金を使わせられた。村社会の組織運営で、まともな企業経験のない「日本サッカー協会の会長」は、「日本相撲協会の北の湖理事長」以下の頭しかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

3月14日が待ち遠しい。

Photo 今朝の日経平均は、昨晩の円安を受けて大きく株価が上昇した。話題は、キヤノンとファナックと原油安だ。キヤノンは、監視カメラ世界首位であるスウェーデンのアクシスを約3337億円で買収した。ただ、スウェーデンに本社を置くアクシス社は、従業員は1941人で、売上高770億円、当期利益76億円だ。買収額を年間利益で割ると3337億÷76億=約44年となる。いくらなんでも、44年で回収は高値掴みだろう。監視カメラ世界首位というが、セコムのようなシステムを絡めた運用会社は儲かるだろうが、アクシスがそれ程伸びるとは思えない。昨年のNISA枠キヤノン株価が上がっていたので売却した。ついでに、原油も下げに転じていたので、今年のNISA枠商社株も売却した。一方、米有力ヘッジファンドのサード・ポイントが、ファナックの株式を取得し、自社株買いの実施を求めているとあった。潤沢な手元資金で自社株を買えとファナック経営者にクレームをつけているというから、少し買ってみた。買った途端に、ハゲタカファンドの運営者に、頑張って貰いたいと思うから現金なものだ。「器量が悪かろうが、尻尾が曲がっていようが、鼠を捕るのが良い猫だ」という気分だ。ところで、立山連峰を背景の北陸新幹線の写真があった。そして、上野東京ラインの時刻表に宇都宮⇔熱海などという電車も載っている。314日が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

NISA口座以外のポジションは、空になった。

121489036934516312108 10日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は、前日比139ドル55セントだった。米政府がEUに対して信用不安が再燃しないように新たな支援策での合意を要請すると報じられたこともあって、市場ではギリシャの債務問題を巡る交渉の不透明感がいったん後退したとの見方が広がった。これが好感されて株式市場は上がったようだが、投資ファンドの買い上げのような気もして、実の所は全く不透明だ。一方、原油安を背景に先行きの投資縮小が意識された石油大手株は下げた。愚生は、ギリシャ問題で株やREIT指数が大荒れになるかと思い、一旦手じまった。どうも、取り越し苦労だったようだ。愚生が買うと下げ、売ると上げるというふうに、市場は何時も意思と反対に動くので、別段驚きはない。ただ、債券が売られ金利が上昇したため、中期的にREIT指数は下がるような気がする。株は上げても、米REITの一段の上げはないように思う。その米国債利回りの上昇で、ドル円の為替は119円半ばと円安に振れた。ほんの少し先でも見通せれば、お金を儲けることは容易だ。しかし、全く見通せないから苦労する。老婆心からポジションを縮小したため、久しぶりにNISA口座以外は空になった。晴れ晴れしい気持ちだ。愚生のような年金受給者は、質素倹約で霞でも食べていれば、外乱に悩まされることはない。しかし、修行が足らないせいか、その境地に到達しそうもない。学生時代の友人も、生涯現役だといいながら、仕事が辛いと泣きが入った文言を年賀状で送ってくる。彼は永久に生きるつもりのようなので、つくづく感心してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

全ての投資信託や株を売却した。

Tmp_athens ギリシャの左派政権は、ユーロ圏や国際通貨基金(IMF)などと、前政権が約束した緊縮財政策の放棄を表明している。一方、ユーロ圏は、ギリシャに緊縮財政策を順守するよう求め対立している。ギリシャが今後数カ月内にIMF向けの約40億ユーロ、欧州中央銀行(ECB)向けの約70億ユーロなど、多額の債務返済を迫られる。ユーロ圏がつなぎ融資をしなければ、ギリシャは「50億ユーロ超を抱えて破綻する最初の国になるだろう」と開き直り、リーマン・ブラザーズの破綻と同じことが起きると脅す。愚生には、全く予想もつかない世界だが、当時、インド株を持っていたため、痛みの大きさはよくわかる。大きな債務不履行が起こると、それが理由で連鎖的な信用不安で債務不履行が起こり、ドミノ倒しで金融機関や企業が破綻状態になる。ギリシャがデフォルトということになれば、当然、ギリシャの国債を持っている金融機関の資産が毀損し、サブプライムローンに絡む不良債権と同様だ。多くの銀行の資産が毀損し、信用が落ちた結果、銀行は新たな融資を停止し、既存の融資を引き揚げる。実際、リーマンショック直前の世界の貿易額は半年後に、為替が大きく振れたため、全てがストップしてほぼ半分になった。当時の金融相の与謝野肇は、サブプライムローン問題は、蚊に刺された程度と馬鹿なことをいっていたため、それを信用した愚生は大損した。日本の金融機関はそれほどサブプライムの不良債権を保有していなかったが、ドイツと並んで大打撃を受けた。今回のギリシャ問題は、過去のリーマンショックの学習効果で、有効な手段があるのだろうか?先の見えない愚生は、僅かな資産しか持たないが、明日の休日前に、「疑わしきは何もするな。」の格言に従い、全ての投資信託や株を売却した。今朝も債権が売られているせいか、東京リート指数は大きく下げている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

日本人は、韓国製品は買わない

Images サムスンは、日本法人本社が入っている東京・六本木のビルを売却するという。愚生も仕事柄、そのビルによく行った。地下鉄に直結された便利なビルだ。ビル売却を検討しているのは、業績不振に伴うコスト削減のためとのことだ。日本人は、品質重視のため韓国製品は買わない。愚生も韓国製品を欲しいとは思わない。サムスンの得意なスマートフォンやテレビも日本では全く売れていない。サムスンのテレビのシェアは0.1%とまりで、2007年に撤退しており、スマートフォン分野でも56%程度だという。愚生に限らず、日本人は韓国が嫌いなようだ。朴槿恵大統領をはじめ、韓国人は反日を声高らかに叫ぶ。日清、日露戦争は、朝鮮が原因で起き、日本のおかげで支那の保護国から逃れた歴史を知らないようだ。韓国が、国是として反日を叫ぶのは止めようもない。われわれ日本人は、事実と違ったことについては反論すべきだ。そして、それ以外のことは無視し関係を持たないことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

儲けるには、儲けようとしないことだ

Cosumosu 金曜日の米国市場は、大方の自称経済アナリストの予想を裏切って、大きく円安に振れた。そして、原油WTI価格も1月末の1バレル=44ドルから底入れし、2月初めは50ドル台を回復した。愚生にその理由などわかる由はないが、予想屋と呼ばれる株屋さんの厚顔には辟易する。日銀の量的緩和政策が理由なのか、10年債の入札が不調に終わり、長期金利は0.36%まで上昇した。それでも愚生のようなバブル期を経験した者には、えらく安く感じる。短期国債利回りは、マイナス金利というから、国債を持っていると利息を払うなど全く納得がいかない世界だ。今回のドル円が119円を超えたことは、米利上げが現実味を帯びてきたことからだろう。ドル上昇による円安から、日経平均150ドル説でいえば、日本株は大きく上昇の余地が出てきた。株式市場の投資家は、1割の勝者と9割の敗者だといわれる。時価総額が上昇しているときは、勝者が多いことは容易に理解できる。しかし、持ち合い相場では、誰かが儲ければ、売買した誰かが損を蒙ることになる。昨年、2014年の株の上昇率は8%というから、売買をしていれば損をした人のほうが多いような気がする。なぜなら、「人の行く裏に道あり宝の山」といわれる株式格言の通り、一般的に反対売買をしないと儲からない。つまり、上がると囃されているときに売却し、下がると囃されているときに購入する、逆張りしか勝つ手法はない。ただ、囃されていること自体は、理由があるだろうから、いつも逆張りでは負ける確率も高い。結局、相場で勝つには、勝つことより負けない工夫が大切だ。そういう観点で見れば、NISA口座で購入した株は、利が乗っているものが多い。5年間の非課税を享受するには、配当が多い安定した大手企業に投資するからだろう。例えば、4%の配当があれば、株の上げ下げはあっても、5年で20%程度下落しても大きな損失はない。短期売買は、予想など不可能だろうから、長期で相場を見るしかない。逆説的だが、儲けるには、儲けようとしないことだ。愚生は、昨年、年初からの株の売買で損をし続けた。もう儲けなくていいと思い、株を売却して海外リートの毎月分配型を購入した。そして、生活費として使い切って終ろうと腹を括ったのがよかったのか、結果は年率40%の利回りだった。つくづく、「儲けるには、儲けようとしないことだ。」と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

経済アナリストの予想など信用しない。

33176342 勤め人をしていたころ外為・債券・株先ディーラーだったという人が独立して、経済研究所という会社を興している。商売柄、話し方も歯切れがよく、聞いていて面白い。一番感心するのは、金や石油、イスラム国の軍事情勢など自信満々に言い切ることだ。アナリストというから、予想や講演をして見返りに金品を貰っているのだろう。いつも不思議に思うのは、そんなに予想が当たるのなら、自分で投資すればウォーレンパケット氏のように大金持ちになることは間違いない。なにも安い出演料でラジオに出たり、予想をCDに書き込んで売る必要もないだろう。一昨日、日経ラジオで、K氏は原油の上げは、空売り解消の買い戻しで、今後30ドルまで下がる。そして、ドル円為替相場は、120~130円など忘れて110円を意識すべきだと説いていた。その自信満々の口調に感心して聞いたが、信用はしていなかった。米国金利が上がれば、ドル円為替相場は円安になると愚生は思っている。昨晩、米国債券が売られて、ドル円相場は119円の円安に振れた。予想屋の言うこととずいぶん違う。おまけにWTI原油価格も上昇して、50ドルを上回って30ドルになるようにも思えない。K氏のいうイスラム国分析や原油・為替も含めて大外れだ。こんないい加減な予想を、自信満々に説いて金をとるなど詐欺師と変わらない。昔、邱永漢さんが、別荘の購入を進める講師の話など信用するなと言っていたことを思い出す。なぜなら、別荘を持つ身分の人なら暑い夏に講師など引き受けずに、別荘で佇んでいるという。なるほど、経済アナリストも拍切れのいい口調は、面白くて聞く気がする。しかし、予想内容については、信用しないことにしよう。ところで、昨晩、金利上昇で米国リート指数は大きく下げたが、為替が円安に振れたため下げを多少相殺してくれた。金融市場は、金・原油・株・リート・為替とずいぶん複雑に絡んでいると、つくづく考えさせられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

読まない新聞は、タダでもいらない

Plc11010617410099p1 昨日、悪名高い元朝日新聞の若宮啓文氏と櫻井よしこ氏が、BSフジプライムニュース出演していた。若宮氏といえば、「韓国は日本のお兄さん。日本が竹島を譲ってしまえ」と発言した左翼・反日論者だ。若宮氏は、売春出稼ぎ密航者を強制連行だと32年間言い張り続けたことの反省もなく、自己弁護の詭弁を弄していた。新聞記者という連中は、倫理観欠如で他者批判を繰り返す無責任なことは承知していたが、若宮氏という人物には、改めて驚かられた。朝日新聞社の報道姿勢は、真実かどうかなど重要でないようだ。番組の中で、間違っていたことが追及されることが怖いから、過去の記事の真偽を調査したという。こんないい加減な記事を書いて、よく購読者からお金を取っていたと思うと呆れた。従軍慰安婦の捏造記事を書いた植村隆氏は、妻は韓国人で義母は補償金詐欺というから、浅からず韓国と縁があったのだろう。身内の過去の不始末を覆い隠すために、日本国民の尊厳を毀損させたことは厭わないようだ。報道事実が都合悪くなれば、若宮氏のように論理をすり替えてほっかぶりしていれば、誰も信用しなくなる。こんな連中が、ジャーナリストなどと称していること自体、笑止千万だ。その証拠に、発行部数1100万部というが、その実34%は押し売り紙で、印刷工場→販売店→リサイクル業者に直行だといわれる。最近、ネットワークの普及で、いろいろな情報源が入ってくる。あまり事実とかけ離れた反日記事を書けば購読者が激減するのも止むを得ない。そして、近年は団塊世代から評価が高かった左翼・反日論調好みから、保守寄りとなったため左翼教条主義は受け入れられないようだ。時代の流れを読めない朝日・毎日は、発行部数を大幅に激減させている。愚生は、産経新聞を購読しているが、販売店は毎日新聞系列らしい。産経新聞を購読すると、毎日新聞の朝夕刊を無料で配布してくれるという。しかし、読まない新聞はタダでもいらない。ごみ屑が増えるからと断った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

民主党という皮を被った左翼政党

E0114857_14541234 国民から愛想をつかされた民主党は、今も黙々と日本を貶める活動を続けている。民主党の細野豪志と辻元清美は、安倍首相による戦後70年の談話をめぐり首相の歴史認識を批判した。細野は先の戦争を指して、「国策を誤ったとの考えはあるのか」と追及したが、当時の日本が置かれた歴史認識が、正確にあるのだろうか。米国は、極東の有色人国家日本帝国を叩きのめし、アジア・アフリカの植民地解放を阻止し、中国を自らの保護国(植民地)にしようと画策していた。当時、ル-ズベルト大統領の有色人嫌いは有名だった。さらに北朝鮮シンパの辻元は、「『戦争は国策の誤り』と指摘した左翼政治家村山富市と同じ認識か」と繰り返し質問する。村山のような日本を貶める左翼政治家と同じ認識の日本人など数少ないだろう。細野や辻元の史観は、戦勝国が日本に強いる歴史認識そのものだ。それは、ホロコーストと同様の悪辣な非戦闘民を殺戮した原爆投下も東京大空襲もすべて正当化するものだ。領土問題などで敵対する中国・韓国は、もろ手を挙げて民主党を支援するだろう。民主党という皮を被った左翼政党は、どれだけ日本の尊厳を毀損させるのだろか。巷では、新しい歴史検証によって多くの史観本が出版されている。今の日本国民が、過去の歴史を正しく認識し、戦勝国に押し付けられた史観から脱却してきたことを理解してないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

株の儲けは我慢料

Datsun お金儲けの神様といわれた邱永漢さんは「株の儲けは我慢料」という名言を残した。株式投資は自分の思い通りにならないことがほとんどなので、多少上手くいかなくても辛抱強く耐える精神力が必要だという意味だ。サウジアラビアの女性が株式投資が上手いのは、彼女たちが我慢強いからだと言われる。愚生はこれまで思惑が外れて含み損を抱え、損失を拡大しないために損切りを選択したことは多い。含み益を得るまで長期に待って投資機会を失くすより、損切したほうが再起しやすいと考えるからだ。そうはいっても、損切ばかしていると元金が無くなってしまうので程度もあるが・・・。ところが、株式投資で本当に辛いのは含み益を抱えたときだという意見もある。理由は、今得ている利益が消えるかもしれないという恐怖を無視するのは、強い精神力が必要だからだという。少し利益が出ただけで株を売っていたら、大儲けするのは不可能だから説得力はある。ところで、愚生の場合、儲かるときはいつも投資金額が少ないことが多い。なぜかと詮索すれば、株が下がっている時に買うため、怖くて大金を投資できなかったからだ。儲かる時とは、欲の皮を突っ張らせないで、損してもいいと余裕をもって投資するからだろう。冷めた目でみれば、上がっているものを追いかけることはリスクが多い。そして、思惑通りだったとしても、儲けの糊代部分は少ない。今まで失敗ばかりして学んだことは、負けを素直に認めることだ。そうすれば大損はしない。猜疑心を強くし、思惑が違ったら脱兎のような逃げ足で資金を回収することが重要だと思う。そう思い、買い足した海外リートを昨日すべて売却した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

自らの総括をしろと言いたい。

Images 世耕弘成官房副長官は、「イスラム国」が殺害したとする後藤健二さんがシリアへ出発する前、外務省が3回にわたって渡航の見合わせを求めていたことを明らかにした。渡航の見合わせを要請した3回のうち、1回は職員が直接会い、残り2回は電話だった。だからと言って、政府に全く過失がなかったとは言わないが、本人も承知の上の渡航だったようだ。他人事とはいえ、後藤さんと家族の方々の悲嘆の心情は察するに余りある。社民党の又市幹事長は、イスラム国を非難する一方、自衛隊派遣反対を唱えていた。政府批判をする野党やマスメディア(朝日・毎日新聞)は、恫喝と殺戮を是とする無頼漢相手に、どう対処しようというのだろうか。旧社会党左派の社民党(村山・福島グループ)、民主党の皮を被った社会党左派日教組(輿石グループ)や元共産党親派(横路グループ)、彼らは同根の既成左翼だ。その旧社会党左派とスクラムを組み政権を担った、ガキデカ枝野、悪漢直人、支那の愛人鳩山ポッポ、震災時脱兎の如く逃げ出した小沢一郎と、とんでもない連中が、日本国の尊厳を毀損させた。政府批判の前に、自らの総括をしろと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

迷わば休むべし、相場は常にあり

1548008 原油価格が、反発している。金価格と同様に輸入依存度が高い商品市況は、為替が大きく影響する。商品そのものの価格とドル・円為替によって決まるため、非常に複雑な動きをする。2年前に多少金に投資したが、金への投資なのか、為替の損益なのかよくわからない状態だった。今回長期的に円安が予想されることと、金・原油とも採掘価格に近い値にまで下がったため、単純に商品そのものが将来値上がりするかどうかを予測すればいい。金の価格は、ここ数日動きは激しいが、1オンス1281ドル付近だ。採掘価格の最低値が1050ドル付近というから、約20%下落余地がある。一方、今朝のWTI原油は、1バレル47.21ドルだ。採算ライン40ドルまで15%の下落余地がある。どちらも受け入れられる値ではない。この時点での投資は、博打になってしまう気もする。一方、2014年10~12月期の米国GDP速報値は、年率換算・前期比2.6%増で、市場予想3.2%程度に届かなかった。これが直接的な原因なのか、欧州のデフレ懸念の影響なのかわからないが、先週末は債権が買われ、米国株式市場は大きく下げた。ところで、金と原油への投資を比較すれば、生活密着消耗品の原油のほうが安心な気がする。しかし、もう少し原油相場の動向を見たい気持がする。相場格言に「迷わば休むべし、相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る。」とある。どうも今は、相場を休む時期らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

植民地解放のために毅然と戦った日本

Images 政府は、日本新聞協会などに対し、シリアへの渡航を見合わせるよう強く求めている。しかし、朝日新聞社イスタンブール支局長は「シリア政府のビザを取得したうえで、取材のために入っている。」というから、政府の要請を無視して、記者がシリアに入国している。いったい、朝日新聞社は、何を考えているのだろう。政府の要請を聞き入れずに、シリアに入国することは原則自由だろうが、記者がイスラム国に拘束された場合に、朝日新聞社独自で救出することが可能なのだろうか。記者に危害が及べば、政府に泣きついてくるしかないだろう。朝日新聞社は、従軍慰安婦の虚偽報道を含め、日本を貶めることが社訓だとでも思っているようだ。今朝、イスラム国がジャーナリストの後藤健二さんを殺害したというニュースが流れている。イスラム国という連中は、正しい歴史認識があるのだろうか?中世の十字軍から続く、キリスト教国によるイスラム教徒への貶めと弾圧がなされた。そして、第一次世界大戦後、中近東地域の植民地支配は、イギリスとフランスによってなされた。中近東諸国の国境から読み取れることは、石油の利権をめぐって、線引きがされたということだ。歴史を遡れば、白人支配の植民地政策に対して、人種差別の撤廃と独立解放のために、毅然と戦った有色人国家は日本だけだ。その大東亜戦争は、世界中の多くの被植民地の国々を勇気づけ独立を早めた。この歴史を理解していたなら、日本人を拉致し殺害するなど誤解も甚だしい。朴槿恵、習近平、イスラム国と、歴史を知らない、ならず者国家指導者は、世界のテロリストと同様な危険分子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »