« 富山県民の歌 | トップページ | (上越を走らない)上越新幹線 »

2015年2月25日 (水)

風が吹けば桶屋が儲かる世界では鈍足

P1100025 昨晩のイエレンFRB議長の議会証言は、量的緩和は終了しても、引き締めへの転換は急にしないとの主旨らしい。確かに、米国だけが利上げをすれば、世界中のお金が金利の高い米へ集まってしまう。それでは困るので、FRBの金融政策は実質的な緩和を継続する方針だ。金融緩和継続なら、高値更新を続ける日本の株式市場にも、海外マネーが流入する。つまり、米国株だけでなく、日本株にも追い風になるという。愚生など、これからは欧州株が上げると思い欧州株のインデックスを買ったが、市場は欧州中央銀行の量的緩和を材料にした欧州株買いが一巡したという。今頃、のこのこと欧州株を買いに行っても、既にドイツ市場も英国市場も株価指数は過去最高値を更新中だ。そして、株式アナリストは、これからは日本株へシフトする兆しが見え始めたと囃したてる。愚生は、結構気が早いと思っていたが、「風が吹けば桶屋が儲かる。」という世界では、非常に鈍足のようだ。それなら、欧州株インデックスの追加注文など取消して、日経レバレッジETFを買おう。海外投資家も、日本株については、日銀と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の下支え効果があるため、大きく下げたりしないと安心して買ってくるという。日経平均2万円説が事実なら、今から買っても遅くはない。ただ、こういう気分で買って、過去に儲けた記憶はないので少額だけにしておこう。

|

« 富山県民の歌 | トップページ | (上越を走らない)上越新幹線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/59054887

この記事へのトラックバック一覧です: 風が吹けば桶屋が儲かる世界では鈍足:

« 富山県民の歌 | トップページ | (上越を走らない)上越新幹線 »