« 猫の額ほどしかない狭い庭だが、 | トップページ | 為替に悩まされず東京のブランド物件 »

2015年3月24日 (火)

20年も保守なしに稼働するなど奇跡

1 電力買い取り価格の引き下げで、「売電住宅」の販売戸数は急降下している。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が施行され、出力10キロワット以上の買い取り価格は、2014年度に32円(1キロワット時)、それが7月には27円に下がる。20年間での収入は、1000万円以上から800万円以下となる。設備投資は約500万円程度だというから、保守も含めればメリットは少ない。愚生のようなコンピュータ技術者だったもの者に言わせれば、半導体の塊のような太陽光パネルが、20年も保守なしに稼働するなど奇跡に近い。せいぜい5年~10年程度、保守なしで稼働したら良いほうだろう。そう考えれば、500万の投資で、引き上げ前でも収入は500万円程度だろう。設置コストとほぼ同じだ。引き下げられれば、逆ザヤになる。田舎に行くと、太陽光パネルを、これ見よがしに屋根に設置している。愚生は、屋根が傷むから止めほうがいいと思う。オール電化だった家庭が、福島原子力発電所の事故で、輪番停電になった時に、いかに悲惨だったかを思い出す。光熱のインフラなど都市ガスと併用して、不慮のリスクに対応したほうがよい。近年、中国企業の採算を度外視した設備投資で、多くの太陽光パネル製造会社が赤字に陥った。今回の処置で、太陽光発電関連の倒産件数も、飛躍的に増えるだろう。

|

« 猫の額ほどしかない狭い庭だが、 | トップページ | 為替に悩まされず東京のブランド物件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/59386481

この記事へのトラックバック一覧です: 20年も保守なしに稼働するなど奇跡:

« 猫の額ほどしかない狭い庭だが、 | トップページ | 為替に悩まされず東京のブランド物件 »