« 米ドル紙幣を持っているのが一番安全? | トップページ | 北陸新幹線開通の話題 »

2015年3月13日 (金)

買うと下がるアノマリー

Infinity_mark_tcm7746510 今朝のNY市場は、米国株が早期利上げ観測の後退で、ダウ259ドル高と大幅に反発した。愚生が「売ると、株が上り、買うと下がる」ことは、これまでのアノマリーで証明済みだ。またかという感じで、悔しいとは思わない。ただ、何の因果かしらないが、こんなアノマリーは終わりにして頂きたいものだ。反発理由は、米国小売売上高の経済指標が予想より悪かったことを受け、FRBが政策金利の利上げを急がないとの理由だそうだ。何時もながら、後付けの理由などは信用しがたい。株価が上げるのに理由はなく、投機筋の利益確定売り後の買戻しだろう。ところで、日経平均は19000円を15年ぶりに越えた。15年前と言えばITバブルで、富士通の株価も5000円を越えていた。今回の株高も、後から振り返ればバブルなのかもしれない。日本株を持たないリスクと言われれば、何かを買わなければと思ってしまう。ただ、富士通だけは知り過ぎているので買う気になれない。空売りも昨年失敗したので、この株とは関わり合いを持ちたくない。買うと下がるアノマリーを持つ愚生には、悩ましい限りだ。

|

« 米ドル紙幣を持っているのが一番安全? | トップページ | 北陸新幹線開通の話題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/59249261

この記事へのトラックバック一覧です: 買うと下がるアノマリー:

« 米ドル紙幣を持っているのが一番安全? | トップページ | 北陸新幹線開通の話題 »